No.550 祝!

2019年6月4日 | 13 池辺 大貴

5月も終わり、急な気温の上昇に戸惑っているNo.13 池辺です。

最近、北海道で39.5℃を観測するというニュースがありましたが、いよいよ夏がやってきますね。水分補給などの熱中症対策を万全にして、楽しい夏を迎えられるように準備しましょう!

さて、今回の週刊フェニックスは、タイトルにもあるように、“もの凄くおめでたい出来事”がありましたので、そのことについて書きます!

6月2日、闘志溢れるプレーでチームを牽引し、その持ち前のキャラでいつもみんなを盛り上げてくれる久保龍太郎選手が結婚式を挙げました!!!
とても上品なチャペルで挙式から参加させていただきましたが、初めに龍太郎選手が神父さんと一緒に入場してきた際は緊張のせいか顔がこわばり、歩く姿もどこかぎこちなく…。見ているこっちまで緊張してしまうほどの雰囲気をかもし出しているかと思えば、その後に新婦さんが入場してきたと同時に男泣き…。笑 見ているこっちまで泣いてしまいそうな雰囲気を出す龍太郎選手に、会場全体の感情もリンクしていましたね。

龍太郎選手、緊張した面持ちです!
龍太郎選手、緊張した面持ちです!

披露宴でも龍太郎選手の人の良さが会場全体に溢れ、とても心温まる素晴らしい結婚式でした!私を含め、これまで何度もフェニックスメンバーの結婚式に参加してきましたが、やっぱり結婚式は良いですね!新郎新婦それぞれと時間を共にした人たちが集まり、様々な想い出に浸り、笑顔が溢れ、時には涙を流し、新郎新婦を心から祝う最高のイベントだと思います!

さて、フェニックスメンバーの結婚式で忘れてはいけないのが『余興』です。
“今回も”余興メンバーに選出され、メンバー同士でどんなことをしようかと話し合いましたが、ああでもないこうでもないと考えるあの時間はやっぱり楽しいですね。笑(石橋選手も以前週フェニで書いていました!)
今回は、アナリスト小林の“強力な動画編集力”を武器にお祝い動画を作成!動画では、フェニックスを代表するシンガー、瀧○選手の美声(?)が披露され、会場が大歓声(?)に包まれるなど、終始笑いあり、感動ありの余興となりました。
いやー、今回の余興も大成功と言って良いでしょう!!!!笑 
結婚式を重ねる度にどんどんとクオリティーが上がっていくこの状況を見ていると、今後これ以上の余興が作れるのかどうか…。と心配になります。笑 ですが、そんなことはお構いなく、メンバーの晴れ舞台のため、私たちの挑戦は続いていきます!フェニックスのスローガンである『団結』をモットーにこれからも頑張ります!!

タロさん、ご結婚おめでとうございます!!

フェニックスメンバーと!

最後に、ハンドボールでは7月から行われる国体予選と日本リーグ開幕へ向けて練習に励んでいます。個人としてもチームとしてもこの貴重な1ヶ月を有意義な期間にして、試合では練習の成果を発揮できるようチーム一丸となって頑張りますので、これからもフェニックスの応援をよろしくお願いします!

頑張ります!

みなさん、こんにちは!2019年2月からチームに加入したアナリストの小林 佑弥(こばやし ゆうや)です!

私がフェニックスの一員となるまでの経歴は、以前に友兼選手が紹介してくれたので(No539「頼もしい仲間」)そちらをご覧ください。

最近読んだオススメの3冊です!

さて、私にとって初めての週刊フェニックスということで、今回はアナリストの仕事を紹介させていただきます。

はじめに、アナリストには、経済アナリスト、企業アナリストといったようにスポーツに限らず様々な分野があるため、私の職業の正式名称は「スポーツアナリスト」といいます。

そして、スポーツアナリストは、「選手及びチームを目標達成に導くために、情報戦略面で高いレベルでの専門性を持ってサポートする職業」と定義されています。(一般社団法人日本スポーツアナリスト協会 公式サイトより)

簡単にいえば、この私が「フェニックスの頭脳」ということになります!

具体的にどんな仕事をしているのかというと、

・トレーニングの撮影および分析

・試合の撮影および分析

・対戦相手の分析

・戦術・戦略の提案

・分析に基づいたトレーニング方法の提案

・ミーティング資料の作成

等々、内容は多岐に渡ります。

なかでもトレーニングや試合の最中に絶えず映像にデータを打ち込み、観たいシーンをいつでも観られるようにする「タギング(タグ付け)」という作業が、私が最も時間を割いている仕事です。

これがチームに何をもたらすかというと、例えば「今日の練習で〇〇選手が決めたロングシュートと外したロングシュートを比べたい」とチームスタッフや選手から要望があった時に、すぐその映像を観ることができるので、監督が理想とするプレーや選手が磨きたいプレーを即座にチェックして評価することの助けになります。

私の相棒 MacBook Proです!

アナリストはバリバリの理系のような印象を持たれているかもしれませんが、プレーを言葉や数字で表現してイメージと繋げていくことが求められるため、読書を通して日々言葉の勉強もしています。

最近は市原GMからいただいた「孫子ノート」を読んでいます。
この孫子ノートは、古代中国から「戦いのバイブル」として現代にまで広く知られている書物「孫子の兵法」を現代風に解説したものです。

最後に、5月8日から12日にかけて開催された社会人選手権では、タイトル獲得には至らず3位という結果に終わりましたが、下を向いている暇はありません!その数日後には、次なるタイトル獲得に向け、どうすればチームがさらにレベルアップできるかについて、入念なスタッフミーティングを行いました。今後もスタッフ全員が一致団結して、監督や選手をサポートできるように努めていきます!

伸びしろしかない新体制のフェニックスに、これからも熱いご声援をよろしくお願いします。

データを活用したスタッフミーティングの様子

今年度からフェニックスのトレーナーをしている杉野 日名汰(すぎの ひなた)です。
今回、初めての週刊フェニックスということで、自己紹介をさせていただきます。

よろしくお願いします!

私は高校の時に器械体操とハンドボールをしていました。自分がやっていた競技に携わることができるのは嬉しいことです。出身は岐阜県岐阜市です。では、ここで岐阜県を少しご紹介します!
岐阜県には日本三大清流の一つ、「長良川」があります。夏には多くの人が水遊びや、BBQを楽しみに訪れます。三大清流ということもあり、やはり水が綺麗です!
夏は冷たくて気持ちが良く、私も幼い頃から毎年のように泳ぎに行きました。みなさんも、ぜひ夏には長良川に涼みにきてください!あっ、でも深いところもあるので十分注意してくださいね笑
そんな岐阜県に23年間住んでいて、この度、フェニックス寮に入り、初めての寮生活を送っています。初めての経験なので、不慣れなこともありますが、分からないことがあれば何でも教えてくれる優しい先輩方しかいないので、とても快適にすごせています。

私は岐阜県の高校を卒業後、一般企業に就職しましたが、トレーナーをやりたいという気持ちが諦められず、挑戦しようと思い愛知県にあるスポーツトレーナーの専門学校に入学しました。
怪我やトレーニングに関することなどを学び、卒業後からフェニックスのトレーナーを務めさせていただいております。高校生の頃にハンドボールをしていたこともあり、憧れていた選手が多くいる中でトレーナー業務ができることを光栄に思っています!
業務内容としては、テーピング巻きや、ウォーミングアップ、トレーニングサポート、さらに練習後のケアなどが中心です。ハンドボールは接触が多くハードな競技なので、怪我が起こらないように細心の注意を払って、業務に励んでいます。
今後は、ハンドボールについてもっと勉強し、選手により良いトレーニングを提供できるように、さらに知識を増やしていきたいと思っています!

選手のサポートに抜け目なし!

まだ新入りで、分からないことはありますが、選手のサポートという観点からチームの勝利に貢献できるよう精進していきますので、今後もよろしくお願いします!

順位表