みなさん、こんにちは。先週、誕生日を迎えたNo.4の藤江です!
まだまだプレゼント、お祝いメッセージ受け付けております!

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言も解除され、少し落ち着いて来たのかなと思いますが、まだ不安定な状態が続いておりますので、今後も気を抜かずしっかりと予防を心掛けていきましょう。

さて、早速【自分の生い立ち】シリーズに入っていきたいと思いますが、過去の週刊フェニックスで小学校編について触れましたので、今回はそれ以外の時期について書いていきたいと思います。

エンジェル藤江(左)。(右は兄です!)

私は母の地元である秋田県で生まれ、その後は福井県で育ちました。
幼少期は基本的に身体を動かすことが大好きだったので、いつも兄の後ろを勝手についていき、兄やその友達と外でサッカーや追いかけっこなど、活発に遊んでいた記憶があります。今思えば、そんな感じで小学校までハンドボールもしながら元気に過ごしたことで、ハンドボールに必要な身体の土台が作れたのかなと思います。

中学校では、私が元々行く予定だった学校にはハンドボール部がなかったので、最初はサッカー部かバスケ部にでも入ろうと考えていましたが、隣町の学校にハンドボール部があるということを知り、光陽中学校に行くことを決めました。3年時には春、夏、JOCと全国大会に3度出場することができましたが、春は池辺選手が所属する茨城県のけやき台中学校にダブルスコアで負け、夏は初戦敗退、JOCも予選リーグ敗退と、何1つ満足のいく結果を残すことができませんでした。

しかし、そうやって全国で色んなチーム、選手と戦えたことや、その中で結果を残せなかった悔しさもあり、もっと上手くなって試合に勝ちたい!という思いが強くなり、必然的に地元にあるハンドボールの名門・北陸高校にいくことを決意しました。
しかし、北陸高校は県外からも多くの選手が来ることもあり、みんなレベルが高く、試合に出してもらっても足を引っ張ってばかりでした。なんとかチームに貢献したいという思いでひたむきにトレーニングに取り組み、高校3年生の時には春の選抜優勝、夏のインターハイ準優勝、秋の国体優勝と、2冠で終えることができました。

高校は3年間坊主でした

北陸高校で結果を残すことができた自分は、よりレベルの高いところにいきたいという思いがさらに強くなり、数多くの日本リーガーを輩出しているハンドボールの名門・日本体育大学に進学しました。日体大は先輩、同期、後輩と本当に上手な選手ばかりで、チームメイトと切磋琢磨しながら自分の技術を磨くことができるとても良い環境でした。2、3年生の時はレギュラーメンバーとしてインカレ連覇に貢献することができましたが、4年生の時は準決勝で敗れてしまい、3年連続優勝を逃してとても悔しい思いをしました。

大学時代(さりげなく石橋選手と2ショットです!)

この無念を晴らすべく実業団でもプレーしたいと思い、小学校時代からの憧れであった末松監督に誘っていただいて大同特殊鋼に入ることができました。末松監督には色々な技術を教えていただき、時には辛いこともありましたが、今の自分に全て活きていると感じています。

こうして振り返ると、まだまだ書き切れないことがたくさんありますが、とても懐かしい気持ちになりました。

今後も初心を思い出して、頑張っていきたいと思います。

現在、フェニックスは練習を再開し、ハードなトレーニングにも取り組んでいます。
もうすぐ7月に入るということで、少しずつ気温が高くなってきましたが、今シーズン1つでも多くのタイトルを獲ることができるよう、しっかり準備をしていきたいと思います。

みなさん、応援よろしくお願いします!

みなさん、こんにちは。No.2の杉山です。
徐々に普段の生活を取り戻しながら、「新しい生活様式」にも少しずつ順応してきているところではないでしょうか。しかし、まだまだ油断できない状態ではありますが「withコロナ」で共に生きていくという前提で自分を守りながら日々の生活を送っていきましょう!

ということで、今回は【自分の生い立ち】シリーズ第4弾「杉山編」を完全ノーカット版でお送りしたいと思います!!

 Here we gooooooo!!!

私は、杉山家の第3子で1991年7月3日にbirthしました。
小さい頃は毎日、祖父の畑に行き裸でカエルやザリガニを捕まえて遊んでいたそうです。
 

進撃の杉山

兄と姉の影響で、私も幼稚園の年長から習字を習い始めましたが、全く上達しませんでした。実はこの習字教室でNo.6加藤選手と出会っていたんです!
しかしこの時は、お互いのことは知らず、仲良くなったのは私が小3、加藤選手が小5の時で、母がやっていた「ママさんビーチボールバレー」がきっかけでした。あの時の加藤選手は……。
おっと、このままでは、加藤嵩士memoriesになってしまうので割愛します。

私が小2の時に、大同特殊鋼フェニックスOBの方が指導してくださる「東海ハンドボールスクール」というクラブチームが地元にでき、母が昔ハンドボールをやっていたこともあってハンドボールを始めました。
初日に緊張して、モジモジしながら目をパチクリさせていたことからコーチに「パチクリ」とニックネームを付けられ、それから28歳になった今もずっとチームメイトから「パチ」と呼ばれています!
濱野監督には、ハンドボールについては勿論のこと、礼儀や人として大切なことを教わりました。
一度だけ、嘘をついて練習を休み、中日ドラゴンズの試合を観に行ったことがありましたが、
しっかりバレました。(なぜバレたのかは今でも謎です……)
その時、「嘘はバレるんだなぁ」と小学生ながらに反省しました。(良い子は私みたいに、嘘ついて練習をさぼらないように!)
濱野監督は、とても厳しい方で、何度も辞めようと思いましたが、その勇気がありませんでした(笑)
しかし、そのおかげで今の私の土台ができたと思っています。

東海ハンドボールスクールの試合(黄色の2番)

中学でも部活とスクールの両方に所属していて、毎日ハンドボール漬けの日々でした。
部活では、県大会のベスト16で敗れてしまいましたが、JOCジュニアオリンピック大会では、愛知県代表として出場し、自分より上手い選手とハンドボールができて、とても楽しかった記憶があります。
愛知県代表の掛け声「イッーハー・イッーハー」が、なかなか上手く言えず、練習したのが懐かしい思い出です。
 
高校は、長崎県の瓊浦(けいほ)高校に進学しました。
学校が山の上にあり、登校するのに何百段という階段を登らないといけないので、とてもきつかったです。
末岡監督(大同特殊鋼フェニックスOB)のもと、選手一人ひとりの個性を生かした指導をしてもらいましたが、私たちの代は谷間世代で特長も弱く、ポンコツでした。
末岡監督には、たくさんご迷惑をかけただけでなく、たくさんの愛情を注いでもらいました。(瓊浦名物?ダッシュトレが懐かしいです)
 
大学は地元に戻って大同大学進学し、佐藤監督(大同特殊鋼フェニックスOB)の指導のもと、4年間練習に励み、社会人に必要なことや大切なことを多く学びました。
大同大学のハンドボール部には各学年に目標やモットーがあり、当時はなぜ必要なの?と思っていましたが、今ではとても大切なことを学べていたと実感しています。

大学生時代(前から2列目右から2番目)

そして現在は、小学生の頃からの夢だったフェニックスでプレーすることができ、切磋琢磨の日々を送っています。

以上が私の生い立ちになります!

6月1日から小グループごとの練習も始まり、徐々に強度を上げた練習をしています!
今後もみなさんに少しでも勇気と感動を与えられるように、努力していきますのでご声援のほどよろしくお願いします!
また会場でみなさんに会える日を楽しみにしています!

みなさん、こんにちは。No.5の石橋です。
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断は禁物です。できる限りの予防に努めていきましょう!

さて、東江選手、池辺選手と続いている【自分の生い立ち】シリーズですが、3番手として私が書かせていただきます。
え、興味ないって……? そんなことは言わずに、ぜひ最後まで読んでみてください笑

私は石橋家の第2子で長男として1991年6月27日に誕生しました。
姉の影響もあり3歳のころからピアノを習わせてもらっていました。他にも水泳や体操など多くの習い事をさせてもらっていました。ピアノについて今はもう指が全然動かず、もっとまじめに練習をしていれば良かったと後悔しています……。

幼少期

小学校に入り、3年生の時に転校を経験しました。それを機に地域の少年野球のチームに入団し、そこからは野球三昧の日々でした。当時、強豪チームでキャプテンを務めていたので、中学校に入っても野球を続けると自他ともに思っていましたが、そんな矢先にハンドボールと出会いました。中学校に入学した当初、友人に誘われて軽い気持ちで部活見学会にいくと、一瞬にしてハンドボールの面白さに魅了されてしまいました。野球を辞めるかどうかを熟考して入部を決意したのを覚えています。当時は練習が厳しく2・3年生が集団でハンドボール部を辞めてしまったこともあり、すぐに試合に出て経験を積むことができました。最初は未経験者しかいないので負けてばかりでしたが、3年生になる頃には県大会を優勝するまでになりました。そこで収めた成績が評価され、進路が決まり、法政大学第二高等学校へ入学することとなります。

中学時代

法政二高では阿部直人先生指導のもと、毎日泥だらけになって「ALIVE」(チーム伝統のスローガン)していました。チームワークの大切さや、ポジティブな思考の持ち方、人財教育など、今でも教訓として私の人生に活きている大切なことを多く教わりました。強豪校なだけあり厳しい日々でしたが、大切な仲間とも出会うことができました。私が3年生の代では横浜創学館(同県の強豪校)にいつも負けていましたが、インターハイを決める最後の県大会では勝利を収めることができました。試合後にチーム全員で歌った校歌はとっても気持ちが良く、今でも最高の思い出として記憶に残っています。

高校時代の写真(左から3人目)

大学は大同特殊鋼にも多くのメンバーを輩出している日本体育大学へ進学しました。
ここで私は「受験」というものを初めて経験することになります。
高校で活躍してきた多くの選手は大学にはスポーツ推薦で入学します。フェニックスのメンバーもほとんどがそうだったと思います。しかし、私は推薦で入ることができず、高校の部活を引退した直後から猛勉強の日々が始まりました。この期間が人生で一番勉強をしていた期間なのではないかと思います。日体大は入試に実技の試験もあり、走るトレーニングなどにも取り組みました。
色々な方の支えもあり、晴れて日体大へ入学することができました。
日体大には、先輩にも同期にも有名で実力のある選手が多く、その人たちと一緒にプレーすることで勉強になることがたくさんありました。試合には2年生の時から出場できるようになり2年・3年とインカレ優勝を経験しました。
4年生の時にはインカレ3位という結果に終わってしまい、とても悔しい思いをしましたが、その悔しさもありハンドボールをもっと続けたいと思いました。
そんな時に、日体大の松井幸嗣先生から大同特殊鋼のことを聞き、縁あって同期の藤江選手とともに大同特殊鋼に入社することになりました。

以上が私の生い立ちから大同特殊鋼に入社を決めるまでになります。
長々と書いてしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

コロナウイルスがいち早く落ち着き、みなさんに会場で元気なフェニックスをお見せできるよう、日々一生懸命頑張っていきます!今後も応援よろしくお願いします!

順位表
レプリカユニフォーム販売中