みなさん、こんにちは。No.1友兼 尚也です。
新型コロナウイルスの第二波は落ち着いてきたようにもみえますが、都市部を始め各地区で現在も感染者が報告されています。Go To トラベル キャンペーンを利用して家族、知人との旅行の際は、感染予防を徹底し、旅行を思う存分楽しみましょう!

さて、今回は「私の生い立ち」についてですが、以前、私の週刊フェニックスで、「私の原点」小学生の時のハンドボール人生について記載しましたので、今回は私の幼少期・高校・大学時の思い出深いことについて書きたいと思います。

私は1995年6月12日に友兼家の次男として生まれました。同じ誕生日の有名人でいうと、元プロ野球選手の松井秀喜選手、ジョージ・H・W・ブッシュ元アメリカ大統領と同じ日です。私は姉、兄よりも生まれた時の体重は重く、4000gありました。お腹の中にいた時は、母のお腹はパンパンで動くのも大変だったそうです。
小さい頃はやんちゃなことを多々していたらしく、幼稚園の先生や親戚など周りの人から口を揃えてやんちゃ坊主と言われていたそうです。親からはよく兄弟と比較され、「あなたは、石橋を叩かず渡るタイプ」と言われ、小さい頃は物事を考えずに行動し、よく失敗していました。

やんちゃ坊主な友兼

小学生の時は、ハンドボール以外の習い事もしており、習字、空手を約3年間習っていました。習字では賞を数回受賞した経験があり、段位は高校生以上から取得できるものなので、小学生の部ではないのですが、小学生の中にも階級があり特八までいきました(特別の特で階級は一~十まであります)。そのおかげか、自分ではある程度字はきれいだと思っています!また、県主催の優秀な成績を残している人が呼ばれる書初め大会に出場したこともあります。
空手では黒帯とまではいきませんでしたが、黒帯の二つ下の帯までは受け取ることができました。空手は、足を蹴り上げたりするので、ハンドボールGKの足上げセービングにも活かされているのかなと思っています。

高校時代は、北陸高校に在籍しており、Phenixメンバーである平子選手、藤江選手、杉本選手と同じ高校に通っていました。北陸高校はスポーツ校としても有名で、ハンドボール以外でも数多くの有名選手を輩出しています。ハンドボールでは先程紹介したPhenixメンバー、バスケットボールでは佐古賢一さん、五十嵐圭さんなどの有名人を輩出しています。また、2017年にプロ野球ドラフト1位指名で読売ジャイアンツに入団した、鍬原拓也さんも在籍していました。鍬原さんは私と同い年で隣のクラスでもありましたので、プチ自慢です。
高校時代の3年間は坊主生活をしており、髪の毛がモサモサな中学時から、一気に坊主にする時は、何度も躊躇したのを今でも覚えています。髪の毛がある状態から坊主にしたことがある方は経験があるかもしれませんが、一度髪型をモヒカンにしてから坊主にしたのを覚えています。
また、大会前には気合を入れるため、部員全員で髪を短くします。(元から坊主なので数ミリしか髪の毛を切りませんが……。笑)気合を入れて大会に臨んだおかげか、全国大会では上位に進出することができました。みなさんも気合を入れる際は、坊主にしてみるのも1つかもしれませんよ!笑

坊主時代

大学は、数多くの日本リーガーを輩出している日本体育大学に進み、4年間ものすごく濃い経験をさせてもらいました。私が下級生の頃から何度か試合に出させていただき、実績を積み、大学2年時には、インカレで優勝することができました。また、最優秀選手にも選ばれ、とてもうれしかったのを覚えています。日体大はインカレで優勝すると、部員全員で「エッサッサ」を披露するのですが、コートの中央でエッサッサを披露するのはとても気持ちよかったです。大学3、4年時は良い成績を残すことができず、悔しい思いをたくさんしました。その悔しさを晴らしたく、実業団でもプレーしたいと考えていたところ、元Phenixの高木さんからお誘いをいただき、Phenixのメンバーになることができました。チームの一員になれただけで満足するのではなく、日本リーグ・プレーオフ優勝に貢献できる一員になれるよう、日々精進していきます。

青いユニフォームを着ているのが友兼です

日本リーグも開幕当初は無観客試合が多かったですが、現在では制限がありながらも観客を動員することができています。ファンの皆様と一緒にハンドボールをできる喜びを感じながら、日本リーグ優勝に向けPhenixらしいハンドボールをしていきたいと思います。
皆様からの温かいご声援よろしくお願いいたします。

みなさん、こんにちは。トレーナーの杉野日名汰です。

現在、新型コロナウイルスの流行が少しずつ収束に向かっておりますが、みなさんまだまだ気を緩めず3密を避け、感染防止を心がけて生活していきましょう!!

さて、今回は、私自身の生い立ちについて紹介させていただきます。

私は、1995年9月11日に岐阜県で生まれました。生まれも育ちも岐阜で、幼い頃はよく山や川で遊んでいました。また、小さい頃は4つ上の兄の影響で野球にはまり、日中は外で野球をし、日が暮れてからは家の中で野球ゲームをして遊んでいました。いつも兄にゲームで勝てずに泣きじゃくり、ケンカに発展していたそうです。笑

生後間もない頃の杉野

そんな私は、小学生の時に兄と一緒に器械体操に通い始めました。ちょうどその頃アテネオリンピックが開催され、男子体操チームが団体で金メダルを獲得した様子を見て、「ボクもカッコよくクルクルしたい!」と思い、通い始めた記憶があります。今ではわかりませんが、専門学校に通っていた頃までは、バク転や宙返りができました。

また、私もハンドボールをしていた過去があります。高校の3年間はハンドボールに打ち込んでいましたが、ケガに苦しみ思うようにプレーできませんでした。大同の選手みたいに上手になりたかったです……。ですが、その頃のケガの経験が今のトレーナー業に進むきっかけとなったので、ハンドボールには感謝しています!

高校生の頃(4番と5番の間から顔が見える人です)

高校卒業後、トレーナーの専門学校に2年間通い、トレーニングに関することや、障害に関することを学びました。登校初日に担任の先生から「トレーナーの資格は生半可な気持ちでは取得できない」と言われ、初日から圧倒されていたことを覚えています。ですが、似た目標を持つ仲間とともに切磋琢磨し合いながら過ごした日々は、とても充実していました。また、お世話になった母校のハンドボール部へ実習に行けたこともいい思い出ですね!
こうした2年間は、私の人生で最も濃い時間であったと感じております!

そして卒業を迎える頃に、ご縁があってお声かけいただき、今こうして大同特殊鋼ハンドボール部のトレーナーをさせていただいております。まさか、またこうしてハンドボールに関わるとは思ってもいませんでしたが、少しでも選手・チームに貢献できるように、これからも頑張っていきます!
選手のみなさん、これからも沢山トレーニングを用意しておきますので、心の準備よろしくお願いします!笑

専門学生の頃(後列左)

以上、簡単に紹介させていただきました。年老いてまた人生を振り返った時に、頑張ったな!と思えるように、これからも日々全力で生きていこうと思います。

リーグが開幕し、試合を重ねるごとにチームの状況は良くなってきています。しかし、ケガの影響で試合に出られない選手、ベストパフォーマンスを発揮できない選手が出てきています。そのような選手のコンデションを少しでもベストな状態にもっていくため、引き続き選手と一緒に戦っていきたいと思います!
まだまだリーグ戦が続きますので、応援よろしくお願いいたします!

こんにちは。
今シーズンからルール改正により試合中のベンチと観客席との通信が可能になり、ヘッドホンとタブレット、PCを使ってベンチ外でも熱戦を繰り広げている、アナリストの小林です。

それでは、私も自分の生い立ちについて書かせていただきます!

1995年6月2日に生まれた私は、小さい頃から親の都合で何度も引越しを繰り返していました。
茨城県水戸市で生まれてから幼稚園に入るまでに北海道室蘭市、苫小牧市、札幌市と道内を転々としました。
幼い頃の私は、良く言えば人懐っこく、悪く言えばませている子供でした。祖父母の家に遊びに行って行方不明になったかと思えば、近所の農協でお茶とお菓子をご馳走になりながら、職員の方達とおしゃべりしていた思い出があります。
幼稚園児らしくない私でも、年相応に車がとても好きでトミカをたくさん集め、コレクションにしていました。しかし、ホイールの形であったり、内装や細部を作ったり、見たりするのが好きだった記憶があるので、やはり幼稚園児らしくはないですね……。

幼少期の小林

小学生になってからは、今の職に生きる原点ともいえるものに打ち込んでいました。
それは「将棋」です!
のちにアナリストを始めて、ハンドボールやさまざまな球技を学んでいくうちにボールゲームをチェスや将棋に例えるという考え方に触れた時、その経験と結びついて、分析や戦術を考えることが上手くいくようになっていきました。

ハンドボールは小学4年生の時に、筑波学園ハンドボールクラブという茨城県つくば市にあるチームで始めることになります。
「仲の良かった友達がやっていたから」というありきたりな理由で始めますが、最初はまったく上達せず、練習するのが辛かったことをよく憶えています。見かねたコーチが私をゴールキーパーにしてみたらチームで一番うまかったという縁から、やっとハンドボールの楽しさにのめり込むことができました。このクラブは筑波大学の学生がコーチを務めており、現フェニックスの久保侑生選手もコーチを務めていました。しかし、私が小学校を卒業する直前のことでしたので、久保選手からキーパーの極意は教われずに終わってしまいました。

高校3年時のインターハイ表彰(オレンジユニホームが本人・右端は現フェニックスの友兼選手)

中学校に進学してからは週に1回だった練習が週6回になり、練習をたくさん重ねるごとに上手くなっていく感覚を楽しんでいました。それなりにプレーも上手くなり、もっと強いチームに入って成長したいと思い、藤代紫水高校に進学することになりました。私の親は、最初は反対していましたが、不安を抱えながらも後押ししてくれました。
試合ではベンチスタートばかりでしたが、試合中のわずかな手がかりからどんなプレーをすれば良いかスピード感を持って考える経験が、今も私の中で活きています。
また、高校時代はハンドボール漬けの毎日とはいかず、勉強漬けの毎日でもありました。その甲斐あって早稲田大学に進学することができました。しかし、高校できちんと試合に出られていなかった私にとって、実力に見合っていない場所でプレーをすることになってしまったため、身体を作って差を埋めようとしたところ、焦って無理が重なり腰のケガをしてしまいました。
治療しながら中途半端なプレーをするぐらいなら選手を辞めて、以前から夢見ていた指導者としての道を歩みたいと思った私は、親や祖父母に支援をお願いしてクロアチアにコーチ留学しました。留学していた当時の話は、以前記事にさせていただいたのでお時間がある方はご一読ください!

留学以前から、高校時代の恩師 滝川一徳先生からアナリストの道を歩むことを勧められていた私は、早稲田大学に復学してからも藤代紫水高校でアナリストを続けてさまざまな経験をさせていただきました。

また、同時期に早稲田大学の女子ハンドボール部のコーチとしても活動していました。当時は自分ばかり苦労しているように思っていましたが、未熟な私に振り回されていた選手たちはもっと苦労していたのではないかと思います。私が大同特殊鋼フェニックスの一員としてタイトルを獲得し、あの頃の苦労が少しでも報われたと彼女たちが思ってくれればと願うばかりです。

早稲田大学のコーチ1年目の時の4年生(私の同期でもあります。)

お世話になった方々に恩返しできるように努めたいと思いますが、それと同じくらい私も誰かの夢や目標を応援し、好奇心をくすぐるような体験をしてもらうお手伝いを努められたらと思います。

最後になりますが、今シーズンは会場での観戦に制限がかかっているため、JHLTVを通して応援をしていただく方が多くいらっしゃると思います。
画面越しでも団結したフェニックスの雰囲気が伝わるような試合ができるよう、選手のサポートに尽力しますので、どうか応援よろしくお願いします!

順位表
レプリカユニフォーム販売中