みなさん、メリークリスマス!

令和最初のクリスマスをみなさんは、どのように過ごしていますか?
家族や恋人と過ごす方、お仕事で忙しい方など、様々いらっしゃると思いますが、みなさんに最高のクリスマスを過ごしてもらいたいですね!

さて、今回は他競技を観戦して感じたことについて書きます!
日本ハンドボールリーグがブレイク期間に入り、ようやく一息つくことができました。この機会を利用して、気分転換と新たな刺激を求めて、先日、名古屋に本拠地を置くバスケットボールチーム(Bリーグ)の試合観戦に行ってきました!!

率直な感想としては、「とにかくスゴい!」と思いました。

試合会場の様子!

何がスゴいのかというと……

一つ目は観戦者への配慮です。
試合会場には、流行のタピオカジュースをはじめ、お弁当やお酒類、チームグッズ等の販売をしているお店がたくさん出ていました。ハンドボールでもヨーロッパの試合会場では飲食などの販売や手荷物検査は、よく見る光景ですが、日本リーグの会場ではあまりみないので、素晴らしいなと感じました!

二つ目は会場の演出。
ハンドボールもプレーオフなどの大きな試合では、暗転する演出等がありますが、Bリーグでは通常のリーグ戦でもスモークやコートの周りにLEDライトを設置して煌びやかに見せる素晴らしい演出がたくさんあり、観る側の楽しませ方が上手だな、と感じました!

三つ目は選手の多様性です。
なんといっても外国籍選手が多い!ハンドボールリーグにも外国籍選手はいますが、その数はかなり少ないです。しかし、Bリーグには少なくとも各チームに2、3名の外国籍選手が在籍しており、そういったところも日本バスケットボールの競技力向上に繋がっているのかな、と感じました!

バスケットボールを観戦して、ハンドボール界ももっと頑張らないといけないな!と素直に思った休日でした!

7月13日に開幕した日本リーグでは毎週のように試合があり、長距離移動も多く、短いブレイク期間はあったものの、「平日は仕事、週末は試合」と、7年間プレーしてきたなかでも、これまでにないほどハードな半年だったと感じています。
そんな中でも怪我なくこられたことに関しては、自分自身を褒めてあげたいなと思います!

チーム一丸で頑張ります!

フェニックスは現在、日本リーグ20戦を終えて、14勝1分5敗と暫定4位につけています。もう少し良い結果をみなさんにご報告したかったのですが、このような結果で年末年始を迎えることになってしまったのが残念です。このブレイク期間に課題を修正して、残りの試合を全勝できるように頑張りたいと思います!

2019年もたくさんの方に支えていただき、有意義な1年を送ることができました!2020年も引き続き応援のほど、よろしくお願いします!

ベテランらしく頑張ります!

2019年も週刊フェニックスをご愛読いただきありがとうございました。年末年始休業に入りますので、次回の更新は1月7日(火)を予定しています。

みなさん、こんにちは。
最近、インフルエンザの予防接種を受け、冬を迎える準備万端のNo.7 久保龍太郎です。(注射が大嫌いな私にとっては地獄の時間でした。頑張った私を褒めてください。笑)
本格的な冬に入りましたが、みなさんはインフルエンザ等で体調を崩されてはないでしょうか。

さて、今回は冬のある1日の過ごし方を紹介します。
みなさんは冬仕度といえば、どんなことをイメージしますか?

いきなりですが、ここでクイズです!
私がした2つの冬支度とは何でしょうか?

シンキングターイム!

 
 

…………………………………………

 
 

はい、そこまで!

1つ目は、ダウンジャケットの購入です。
これからの厳しい寒さを耐え抜くための相棒探しに、三重県にあるアウトレットモール「ジャズドリーム長島」に行ってきました。
お目当てのお店に着いて、一通り商品を見ると……ぴったりの一着がありました!試着して着心地の良さに即決。入店して5分後にはレジに並んでいました。(ショッピングは悩むことなく、いつも即決します。笑)
ダウンジャケットを無事購入完了です!
暖かい、軽い、デザインの三拍子揃ったダウンを購入することができ、感無量です!
これからの季節に大活躍すること間違いなしです。これで厳しい寒さの中でもアクティブに過ごすことができそうです。

お気に入りを見つけました

2つ目は冬の風物詩でもあるコタツです。コタツ様です。
とうとう、我が家にもこの時がやってきました。一年間、押入れで眠っていたコタツを引っ張り出し、机を置き、布団を敷き、いざスイッチON!
私がその後、何時間もコタツから離れられなかったことはいうまでもありません。
みかんを食べながら、暖をとる。最高の休日の過ごし方ですね。

気持ち良すぎて出られません

みなさんの冬支度はもう万全ですか?
備えあれば憂いなし、しっかり備えて寒い冬を元気に乗り越えましょう!

最後になりますが、日本リーグの20戦を終えて現在、フェニックスは14勝1分5敗で暫定4位です。
年内の試合は終了しましたが、来年に控える残りの試合も持ち前のチームワークで勝ちを重ね、プレーオフ出場権を勝ち取れるよう頑張ります。みなさんの温かいご声援をよろしくお願いします。

頑張ります!

みなさん、こんにちは!No.4藤江です!
愛知県では最近インフルエンザが流行っていますが、みなさんは大丈夫でしょうか。今年も残すところあと3週間!来年は東京オリンピックが開催される記念すべき年なので、怪我なく元気に年を越したいですね。

さて、今回は、みなさんお待ちかね(?)の焼肉部の活動報告です。少し遅くなりましたが、2019年度の新入部員を獲得しました。
今年度の新人もハンドボールだけでなく、焼肉部でもフェニックスになくてはならない存在となっています。今や焼肉部は、スイーツクラブ、都市伝説部(まだあるのかな……。)といった他の番外所属クラブをグングン引き離すほどの超巨大勢力となっています。

そんな焼肉部に勢いをもたらしている新人を、もう鉄板ネタとなってしまったキャッチフレーズと共に紹介します。

「冴えない男と食べるTボーンステーキよりも、俺と食べるタン塩。」

大同のローランド様、康本侃司選手!!

ある日のこと、そわそわとこちらを見ている康本選手がいたのでどうしたのか聞いたところ、どうしても焼肉部に入部したいとのことだったので、さっそく入部試験を兼ねて東江選手、吉田選手、私の4人で焼肉を食べに行くことに……。
入店して早々に、東江選手が面接を始めました。

面接スタート

東江:君にとって、焼肉とは?
康本:人生です。
東江:おもんない。やり直し。
康本:僕にとって焼肉とは、どんなときでも元気をくれて、癒してくれる、まるで家族のような存在です!!
東江:んー、よくわかんないけどまぁ良いか。お腹減ったし合格。早く肉食べようぜ。

そんな、なんともいえない緩い感じで、無事(?)入部することができ、それぞれ好きなお肉を注文して、すぐさまがっつく焼肉部メンバーたち。その中でも康本選手はさすがの食いっぷりで、先輩たちを終始圧倒していました。

やめてといっているのにカメラ目線

そんな新人、康本選手の豪快な食いっぷりを見て、ハンドボールも焼肉部もやってくれるであろうと感じました。私も若手に負けないように、1年目の頃を思い出してがむしゃらに取り組んでいきたいと思います。

これからも焼肉部をよろしくお願いします!

現在、フェニックスは日本リーグを19試合終えて、14勝1分4敗で3位につけています。今後も油断できない厳しい状況が続きますが、まずはプレーオフの出場権を獲るために、チーム一丸となって戦います!みなさん、今後とも応援よろしくお願いします!

順位表
レプリカユニフォーム販売中