みなさん、こんにちはNo.41千々波です。

まだまだ寒い季節ですが、たまに暖かい日があり寒暖差が激しく、体調管理が難しい時期でもあります。インフルエンザもまだまだ流行っていますので、ご注意ください。
(新年早々にインフルエンザにかかった千々波です……)

さて、今回の週刊フェニックスは、少し真面目に書きたいと思います。

 
私、千々波英明は3月の日本リーグ・プレーオフを最後に、引退することを決意いたしました。
 

入社から12年、時間にすれば長く感じますが、振り返ればあっという間に過ぎたなと感じます。
しかし、とても中身の濃い12年間でした。
やはり辛いこと、悲しいことの方が多く、ハンドボールを嫌いになった時期もありました。
しかし、そんな中でも温かい声援を送ってくださるファンの方々、声を掛けてくださる会社の方々、そして支えてくれたチームメイトのおかげで、それらを乗り越え、優勝する喜びも経験することができました。

まさに“山あり谷あり”の12年間。
そして本当に支えてもらった12年間です。
本当に感謝です。

ユニフォームにも歴史ありです

ハンドボール人生で言えば22年の競技者生活の終わりなので、“やっと終わる”という安堵の気持ちもあれば、引退する寂しさもあります。
引退することに後悔はありませんが、残り約1ヵ月を本当に悔いなく最後までやり切り、フェニックスらしく、千々波らしい最期をお見せできればと思います。

幸いにもこの記事が掲載された後に地元愛知県での今季最後のホームゲームがあり、みなさまに引退をお伝えして戦えることをとても嬉しく思っています。
ぜひ会場に足を運んでいただき、一緒に勝利の喜びを分かち合いましょう。

千々波のディフェンス力をみてください!

現在リーグ4位のフェニックスですが、こんな話をしたからといって、残りの試合を思い出作りにするつもりはありません。まずはプレーオフ進出を決め、プレーオフ優勝で最後を締めくくるのが私の最後のミッションです。ぜひ応援よろしくお願いします。

プレーオフ、必ず優勝します!

最後にこの週刊フェニックスを読んでくださり、ありがとうございました。
また日頃からご声援いただき本当にありがとうございます。
今後とも大同特殊鋼フェニックスをよろしくお願いします。

みなさん、こんにちは!No.8パクです。
まだまだ寒い日が続きますが、インフルエンザや風邪といった病気にはかからないようにしましょう。

さて、今回は日本選手権前の韓国遠征で家族と過ごしたことについて書きます。
韓国遠征では、現地チームのSKと練習試合を行い、会場の近くのホテルに泊まりました。そこは、たまたま私の家から近く、オフの時間を使って家族と半年ぶりに会うことができました。半年前まで話せなかった息子が、スラスラと会話ができるようになっていて、子供の成長にビックリしました。息子と遊ぶのは、久しぶりなので思わずはしゃいでしまいました(笑)
家族サービスと共に良いリフレッシュをすることができました。

息子と公園でのひと時

息子とだけでなく、私の前回の週刊フェニックスで紹介した娘ともたくさん遊びました!
娘が生まれてから、接する時間は少なかったのですが、娘も息子と同様に、すくすく大きくなり、元気に成長していて、とても嬉しく思います。それは韓国に残って子供の世話をしてくれている奥さんのお陰だと思います。改めて奥さんに感謝しました。娘は、そんな奥さんに似て、きっと美人になるに違いありません!

娘と奥さんとの2ショット

また、奥さんの手料理は絶品で、韓国で有名な「クァメギ(魚料理)」と「スユ(蒸し肉料理)」という料理を作ってもらいました。久しぶりの韓国料理で、しかも奥さんの手料理ということで、ご飯を何杯もお代わりしてしまいました!そのおかげでポストとして、とても大事な身体づくりができたと思います。

また、日本選手権では3位という結果に終わってしまいましたが、すでに日本リーグが再開していますので、日本選手権での反省を活かしリーグ戦、プレーオフで勝利することができるようチーム一丸となって頑張っていきます。

頑張ります!

みなさん、こんにちは。No.12の久保です。
今年は特にインフルエンザが流行っているようですが、みなさんは元気に過ごされているでしょうか。

さて、今回は1月に開催された世界選手権に出場しましたので、そのことについて書きます。
少し昔の話になりますが、2013年に初めて日本代表に選ばれ、国際試合に出場したことや世界選手権の開幕戦をスタンドで観戦したことで、「いつかは自分もこのコートに立ちたい」と思うようになりました。それから6年、ついに念願の世界選手権のコートに立つことができました。(前回のフランス大会はベンチ外だったので……)

世界選手権のコートに立ちました!

結果については既にご存じかと思いますが、24ヵ国中24位とみなさんの期待に答えることができませんでした……。
しかし、その中でも世界を相手に戦えると感じた部分も多くありました。個人としては、まだまだ外国人選手に対して、自分の力の無さを実感しましたが、マケドニア戦では良いセーブをすると、外国の観客からも「KUBO!KUBO!」とコールをかけてもらい、凄く気持ちが良かったです。笑
日本と海外での試合の雰囲気の違いも肌で感じることができ、改めて東京オリンピックや今後の国際大会にも「また出たい!!」と強く思うようになりました。今回の経験を忘れることなく、これからも努力していきます!

チームメイトの東江選手と!

また、1月29日から2月3日にかけて行われた日本選手権の結果ですが、目標としていた優勝を果たすことができず3位に終わってしまいましたが、今回の反省点を修正し、リーグ戦でその結果を出し、プレーオフでは必ず優勝をしますので、今後も変わらず熱い声援をよろしくお願いします!

応援お願いします!
順位表