みなさん、こんにちは!2019年2月からチームに加入したアナリストの小林 佑弥(こばやし ゆうや)です!

私がフェニックスの一員となるまでの経歴は、以前に友兼選手が紹介してくれたので(No539「頼もしい仲間」)そちらをご覧ください。

最近読んだオススメの3冊です!

さて、私にとって初めての週刊フェニックスということで、今回はアナリストの仕事を紹介させていただきます。

はじめに、アナリストには、経済アナリスト、企業アナリストといったようにスポーツに限らず様々な分野があるため、私の職業の正式名称は「スポーツアナリスト」といいます。

そして、スポーツアナリストは、「選手及びチームを目標達成に導くために、情報戦略面で高いレベルでの専門性を持ってサポートする職業」と定義されています。(一般社団法人日本スポーツアナリスト協会 公式サイトより)

簡単にいえば、この私が「フェニックスの頭脳」ということになります!

具体的にどんな仕事をしているのかというと、

・トレーニングの撮影および分析

・試合の撮影および分析

・対戦相手の分析

・戦術・戦略の提案

・分析に基づいたトレーニング方法の提案

・ミーティング資料の作成

等々、内容は多岐に渡ります。

なかでもトレーニングや試合の最中に絶えず映像にデータを打ち込み、観たいシーンをいつでも観られるようにする「タギング(タグ付け)」という作業が、私が最も時間を割いている仕事です。

これがチームに何をもたらすかというと、例えば「今日の練習で〇〇選手が決めたロングシュートと外したロングシュートを比べたい」とチームスタッフや選手から要望があった時に、すぐその映像を観ることができるので、監督が理想とするプレーや選手が磨きたいプレーを即座にチェックして評価することの助けになります。

私の相棒 MacBook Proです!

アナリストはバリバリの理系のような印象を持たれているかもしれませんが、プレーを言葉や数字で表現してイメージと繋げていくことが求められるため、読書を通して日々言葉の勉強もしています。

最近は市原GMからいただいた「孫子ノート」を読んでいます。
この孫子ノートは、古代中国から「戦いのバイブル」として現代にまで広く知られている書物「孫子の兵法」を現代風に解説したものです。

最後に、5月8日から12日にかけて開催された社会人選手権では、タイトル獲得には至らず3位という結果に終わりましたが、下を向いている暇はありません!その数日後には、次なるタイトル獲得に向け、どうすればチームがさらにレベルアップできるかについて、入念なスタッフミーティングを行いました。今後もスタッフ全員が一致団結して、監督や選手をサポートできるように努めていきます!

伸びしろしかない新体制のフェニックスに、これからも熱いご声援をよろしくお願いします。

データを活用したスタッフミーティングの様子

今年度からフェニックスのトレーナーをしている杉野 日名汰(すぎの ひなた)です。
今回、初めての週刊フェニックスということで、自己紹介をさせていただきます。

よろしくお願いします!

私は高校の時に器械体操とハンドボールをしていました。自分がやっていた競技に携わることができるのは嬉しいことです。出身は岐阜県岐阜市です。では、ここで岐阜県を少しご紹介します!
岐阜県には日本三大清流の一つ、「長良川」があります。夏には多くの人が水遊びや、BBQを楽しみに訪れます。三大清流ということもあり、やはり水が綺麗です!
夏は冷たくて気持ちが良く、私も幼い頃から毎年のように泳ぎに行きました。みなさんも、ぜひ夏には長良川に涼みにきてください!あっ、でも深いところもあるので十分注意してくださいね笑
そんな岐阜県に23年間住んでいて、この度、フェニックス寮に入り、初めての寮生活を送っています。初めての経験なので、不慣れなこともありますが、分からないことがあれば何でも教えてくれる優しい先輩方しかいないので、とても快適にすごせています。

私は岐阜県の高校を卒業後、一般企業に就職しましたが、トレーナーをやりたいという気持ちが諦められず、挑戦しようと思い愛知県にあるスポーツトレーナーの専門学校に入学しました。
怪我やトレーニングに関することなどを学び、卒業後からフェニックスのトレーナーを務めさせていただいております。高校生の頃にハンドボールをしていたこともあり、憧れていた選手が多くいる中でトレーナー業務ができることを光栄に思っています!
業務内容としては、テーピング巻きや、ウォーミングアップ、トレーニングサポート、さらに練習後のケアなどが中心です。ハンドボールは接触が多くハードな競技なので、怪我が起こらないように細心の注意を払って、業務に励んでいます。
今後は、ハンドボールについてもっと勉強し、選手により良いトレーニングを提供できるように、さらに知識を増やしていきたいと思っています!

選手のサポートに抜け目なし!

まだ新入りで、分からないことはありますが、選手のサポートという観点からチームの勝利に貢献できるよう精進していきますので、今後もよろしくお願いします!

みなさん、はじめまして。
今年度から大同特殊鋼フェニックスの一員となりました。No.23の痛快、爽快、”佐藤 快”です!くれぐれも「阿藤快」と覚えないでくださいね!(笑)

さて、今回、初めての週刊フェニックスということで、まず自己紹介から始めさせていただきます。

私は東京都で生まれ、愛知県で育ちました!
加藤選手、杉山選手、杉本選手、原田選手に続く、5人目の愛知県出身選手です。

私がハンドボールを始めたキッカケは、父がフェニックスのOBということもあり、ハンドボールが身近にある環境で育ったので、自然と始めていました。小学生の頃は東海ハンドボールスクールに所属しており、フェニックスファミリーの一員として過ごしてきました。そこから長崎の瓊浦高校を経て、大同大学を卒業し、フェニックスに入団しました。
杉山選手と原田選手は東海ハンドボールスクール時代からの憧れの先輩方です!当時は、杉山選手が6年生、原田選手が3年生、私が1年生で、お二人にはとても可愛がってもらった記憶が残っています。ちなみに、杉山選手と私は、全く同じ球歴です。
杉山選手、原田選手をはじめ、憧れの方々と同じチームの一員として戦うことができて、とても嬉しいです!

杉山選手、原田選手と!

先日行われた社会人選手権で、フェニックスは3位で大会を終えましたが、私はコートに立つことはできませんでした。1日でも早く試合で活躍するために、今私は身体作りをがんばっています!フェニックスのブラザー制度(先輩が指導役として付く)で、私のお兄さんとして、とてもお世話になっている加藤選手に食事のイロハから叩き込まれ、毎日毎日たくさん食べています……(笑)そのお陰で、日に日に体重を増やすことができています。1年後には加藤選手のような身体になっているかもしれませんね!(笑)
お兄さんである加藤選手との日常は、また週刊フェニックスのどこかでご紹介させていただきます。

がんばります!

 
体力面だけでなく、技術面、メンタル面など、課題は多くあるので、同期の2人に負けないよう、どんな時でも笑顔を絶やさず頑張ります!応援よろしくお願いします!

同期に負けないようにがんばります!
順位表