みなさん、こんにちは!No.21の小澤です!
世間では感染症などのニュースが多く取り沙汰されていますが、私は元気です!

さて、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、2月中旬からフェニックスに内定選手が2人合流しました。(どんな選手なのかは今後のお楽しみということで、もうしばらくお待ちください)もうそんな時期かと考えると、私もフェニックスの一員になって1年が経ってしまったのだなと感じました。
ということで、今回は、あっという間に過ぎてしまった1年間の活動で感じたことを少し書いていこうと思います。

まずは同期の康本選手と佐藤選手です!

同期ということもありますが、私にとってこの2人は大事な存在です。
私は2人の会話が好きで、いつも横で楽しく聞かせてもらっています。(笑)
会話の内容は大体がしょうもないことで、今その話いる?なんでその会話がでてきたの?と、頭にハテナが浮かぶような会話ばかりです。(笑)
しかしながら、疲れているときなどに聞くと自然に笑ってしまい、元気をもらっています。
私たち同期の仲は、フェニックスの中でも先輩方に「お前ら仲良いよな!」と太鼓判を押されるほどです!
ときどき同期会と称して休日に計画を立てて遊びに行きます。(また機会があれば、その時の話もしようと思います)
この同期2人とは今後もフェニックスの一員としてはもちろんのこと、現役を引退しても仲良くしていくのではないかと勝手に思っています!まだまだ続く長い付き合いです。今後ともよろしく!

仲が良い同期

2つ目は初めて日本代表に呼んでいただけたことです。

1月にクウェートで開催されたアジア選手権に日本代表として初めて参加してきました。
まさか自分が呼ばれるとは思っていなかったので、とても嬉しかったのですが、驚きの方が大きかったです。しかし、この1年頑張ってきて良かったと少しだけ感じられた瞬間でもありました!笑
初めてのアジア選手権では自分の力不足を痛感し、これからもっと努力をしなければいけないなと感じる良い機会となりました。

大同特殊鋼の日本代表メンバー

3つ目は、フェニックスに入り1番驚いたことを書きたいと思います。

それは応援、ファンのみなさんについてです。
地元愛知で行われる試合はもちろん、地方へ遠征に出てもたくさんのファンの方が応援に来てくださり、とても良い環境で試合をすることができました。
また、会社に行っても「昨日の試合のあのプレーはこうだった」と細かく、的確に感想をいただき、時に耳の痛い話もされますが……。(笑)
しかし、この環境がすごく温かく、私が1年間頑張る原動力になっていました。
そういった環境の中でハンドボールができることを当たり前と思わずに、応援してくださる方々のためにも良い結果を残すことができるように、パワーアップした小澤にならなければいませんね!

最後に、最終戦とプレーオフが新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいました。プレーオフならではの選手とファンの生み出すあの一体感が好きで、あそこで勝つことで1年間が報われるのだと、昨年は内定選手ながらに感じていましたし、チームもそこを目標に1年間頑張ってきていただけに、私自身も残念な気持ちで一杯です。
少し時間はかかるかもしれませんが、ゆっくり着実に気力と力をしっかり蓄えて、来季のプレーオフ優勝に向けて活動していこうと思います。

今季もたくさんの応援本当にありがとうございました。また来季も熱い応援をよろしくお願いします!!

応援ありがとうございました。

みなさん、こんにちは。No.1友兼 尚也です。

最近、新型コロナウイルスの報道をよく耳にしますが、特に人混みの中などに行く際はマスク着用、帰宅後は手洗い・うがいをして感染予防に気を付けてください。

さて、先日、通勤の途中で小学生が友だちと元気いっぱいで楽しそうに学校へ向かっている姿を見かけ、私にもこんな時期があったな~……、と懐かしく感じました。
私も小学生当時は、仲の良い友だちと楽しくハンドボールに打ち込んでいた思い出があり、「初心を忘れてはいけないよ!」という小学生からのメッセージなのでは?!なんて思ったりしています。笑

そこで、今回は私自身の小学生の時代を振り返りながら、私の原点を紹介したいと思います。

初めての週刊フェニックス(No.496 はじめまして!)の時にも紹介しましたが、私は小学3年生の時に友人に誘われてハンドボールを始めました。福井県の安居ブルーサンダーハンドボールスポーツ少年団に所属しており、私はこう見えてもキャプテンを務めていました。(笑)
成績としては、少年団初の全国大会に出場し、4位という成績を収めました。
全国優勝を目指していただけに悔しい結果に終わってしまいましたが、当時を振返ると、全国大会での敗戦の悔しさがあったからこそ、現在もハンドボールを続けているのだと思います。
当時、監督だった松山監督には厳しく指導していただき、ハンドボールを通して礼儀やひたむきに取り組む姿勢など様々なことを学びました。私にとって松山監督は忘れられない指導者の1人です。

ゴールキーパーをしているのが私です!

ちなみに、安居ブルーサンダーはフェニックスファミリーの東海ハンドボールスクールとの交流が多く、練習試合や大同フェニックスカップ(大同特殊鋼が協賛する小学生ハンドボール大会)にも参戦していました。
私が5年生だった頃はNo.15原田選手が東海ハンドボールスクールの中心選手として活躍していて、いつも負けていたのを覚えています。(笑)
今となっては笑い話で、原田選手は良き先輩であり、頼れるチームメイトです!

切磋琢磨しながら頑張っています!

また、私と同じゴールキーパーで、高校、大学の先輩でもあるフェニックスOBの高木尚さんとも大同フェニックスカップでお会いしていて、当時現役だった高木さんに指導していただいたことはとても印象深いです。今でも悩んでいる時は指導していただくなど、私にとって尊敬する先輩です。私も高木さんのように偉大なゴールキーパーになれるよう日々精進していきます!

こうして小学生の頃を思い返してみると、技術面はもちろん、取り組む姿勢など、あの頃の無我夢中でハンドボールに打ち込んでいた日々が、今こうやって活きているんだなと感じます。これからも小学生の頃の気持ちを忘れずに、練習に全力で取組んでいきます!

最後に、昨年7月から始まった日本ハンドボールリーグ・レギュラーシーズンは、残すところ大崎電気との最終戦のみ!というところまできていましたが、新型コロナウイルスの影響によって中止となり、その結果、私たちフェニックスは2位でレギュラーシーズンを終えました。
プレーオフについては、まだどうなるかわかっていませんが、いつでも戦える準備をしておきたいと思います。

みなさん、今後もフェニックスと友兼尚也の応援をよろしくお願いします!!

応援よろしくお願いします

みなさん、こんにちは!アナリストの小林です。

私は普段はアナリストとして、分析など常に全力でフェニックスのサポートを行っていますが、今回はタイトルにもある通り、時折みせる小林の裏の職業について書きます。

早速ですが、私の仕事に欠かせないアイテムといえば、こちらのiPadです。

iPadの他にもたくさんの相棒がいます

これを使って遅延再生のアプリを使用し、モニターにApple TVを接続して画面転送すると、体育館の3階から撮影したプレーが数秒遅れで2階のコート横にあるモニターに映し出され、選手と監督にフィードバックを行うことができます!

iPadをはじめとしたタブレット型端末は、私のようにスポーツの現場で活用すること以外にも読書、動画視聴、雑誌の講読、ゲームなど、アプリを駆使すれば最高の娯楽ツールや仕事の相棒、子供の遊び相手にもなってくれて様々な使い方ができます。

……という華麗なセールストークを聞いて購入したくなった方はいますか?

我らフェニックスのメンバーには、いました。

店員さんのアシストどころか店員あるいは、Apple社からの回し者ではないのかと錯覚してしまうほどに私の営業テクニックが炸裂し、iPad購入に至った選手……。

さぁ誰でしょう……。

ヒント1.ポジションはバックプレーヤー

ヒント2.○江

今この記事を読んでいるフェニックスファンのみなさんは、「〇江だったら2人いるじゃないか!」、「しかもどっちもバックプレーヤーじゃないか!」と思いましたよね?

さぁ、いったいどちらなんでしょう……?正解は……!

 
 
 
 
 
 
 
 

藤江選手、東江選手の両選手です!!笑

iPad

二人とも店員さんそっちのけで(笑)、きちんと私の話を聞いてくれるので、私には商売の才能があるのではないかと勘違いしてしまいましたが、慢心せず引き続き普及活動に励もうと思います。(次はどの選手にしようかな……。〇保選手かな?〇本選手も買いそうだな。)

両選手は長時間移動の最中にiPadを使ってドラマや映画を観て心のコンディションを保つことに役立てているようなので、二人のお気に入りの作品が気になるところかと思いますが、ぜひ試合会場で尋ねてみてください!

さて、フェニックスはすでにプレーオフ出場を決めていますが、一つでも良い順位を目指すため、
2月29日に岩手県・花巻市総合体育館アネックスで行われる大崎電気との最終戦に臨みます。
フェニックスの順位は最終戦に勝てば2位確定ですが、引き分けた場合は他チームの試合結果にも左右されるという状況なので、運も試される戦いになります。

みなさん、応援と勝利へのお祈りをよろしくお願いします!

順位表
レプリカユニフォーム販売中