みなさん、こんにちは。日本リーグ真っ只中ということで、充実した毎日を送っているNo.24杉本です。

やはり週末に大切な試合が控えているリーグ期間中は気持ちが引き締まりますね。今シーズンも2連戦が多いハードスケジュールとなりますが、全ての試合に集中して、勝ち点を積み上げていきたいと思います。

さて、今回の週刊フェニックスでは、私の『お気に入りのお店』をご紹介したいと思います。
過去の週刊フェニックスを見返すと「焼肉部」や「ラーメン部」の活動報告、フェニックスメンバー御用達の「うな辰」など、グルメに関する内容が多く見受けられました。そこで、今回は杉本のプライベートな話はさておき、全国のフェニックスファンのみなさんに少しでも“有益”な情報を提供できるように「名古屋にお越しの際にはぜひこのお店へ!」というお気に入りの2店舗をご紹介します。

1軒目は、辛い鍋と焼肉を楽しむことができる『カラカラ総本店』というお店です。
まず店内へ入ると、所狭しとプロ野球選手や芸能人の写真やサインが飾ってあり、野球好きの私はいつも興奮して、お会計を終えてもサイン観賞をしてしまいます。笑
料理については、鶏カワやセセリなどの焼肉を少し食べた後にメインの辛い鍋を食べますが、どれも絶品ピリ辛でクセになります。また、店内は活気があり、歴史を感じます。さらに、川沿いに面したお店なのでテラス席もあり、“大人数でワイワイと!” “川を眺めながらゆっくりと……”というどちらのシーンにも対応してくれるお店です。

リラックスできます

続いて2軒目は、名古屋では非常に有名なお店になりますが、リーズナブルに台湾料理を食べることができる『味仙』です。
ニンニクの効いた濃い味付けが多く、どのメニューも美味しいので、月に1度くらいのペースで味仙に行きたくなってしまいます。愛知県内には何店舗かありますが、名古屋駅や中部国際空港にも出店されているので、名古屋へお越しの際にはぜひ立ち寄ってみてください。次の日が大切な会議やデートがある方は控えた方が良いと思いますが……。笑
また、店舗によって味も少し違うみたいなので、これからは色々な店舗に足を運んでみたいと思います。

とりあえず注文する子袋

今回は、いかにも名古屋人の嗜好に合いそうな甘辛い鍋や濃い味付けが特徴的な台湾料理をご紹介しましたが、日常的にはスポーツ選手としてパフォーマンスの向上やリカバリーに繋がる食事を心掛けています。ときどき自分へのご褒美として、このような好きな物を食べることが良い気分転換になっています。

最後に、3月のプレーオフまでシーズンが続きますが、誠実にハンドボールと向き合い続け、チームの日本一に貢献したいと思います。

引き続きフェニックスの応援をお願いします!

みなさん、こんにちは!No.20の東江です。

11月に入り、2018年も残すところ2ヵ月を切りました。早いですね。
2018年に悔いを残すことのないように、一日、一日を楽しみながら過ごしていきましょう!

さて、先日私は日本代表の強化合宿に参加してきました。合宿は欧州代表の強化活動期間に合わせて、フィンランドとスウェーデンで2週間にわたって行われ、フィンランド代表とスウェーデン代表のBチームと2試合ずつ、計4試合を行いました。
チームとしても、個人としても通用するプレーはたくさんありましたが、課題もたくさん見えました。前半は相手も日本代表がどんなハンドボールをしてくるのか分からないため、強い相手とも対等に渡り合うことができますが、後半に入って相手が日本の動きに対応し始めると、私たちは何もすることができずに徐々に点差を離されてしまうのが現状です。
しかし、高さや強さのある欧州の選手が相手でも、タイミングよく走り込んでボールをもらうことができれば、簡単に1対1で抜くことができるので、その時間帯を増やせれば日本にも勝つチャンスはあります。ただ、リーチの長い海外の選手を相手にする場合は、パスなどのタイミングがズレるため、もっと海外の選手とマッチアップをして、たくさん経験を積み、しっかりと慣れていくことが必要です。今後は日本リーグの中でも距離感というものを大切にプレーしていきたいと思います。

また、個人的にはプレイメーカーとして、勝負所での意外性のある攻撃の組み立て方だったり、シンプルに自分から1対1をしかけて縦に強く突破していく術であったり、ステップシュートを身につけるなど選択肢を増やして、的を絞らせない選手になっていきたいです。そのために継続的な身体作りやハンドボールの勉強を怠らず、まだまだ上手くなれるとプラスに捉えて、楽しみながら頑張っていきます!

まだまだ成長過程です!

帰国後、日本では日本代表の強化活動期間のために10月中旬から一時中断していた日本リーグが再開され、我々フェニックスは8勝1敗1分と現在3位につけています。11月も気の抜けない厳しい戦いが続き、かなりのハードスケジュールになっています。しっかり戦い切るために、身体のケアを今まで以上に徹底し、食事や睡眠などにも気を遣って、より良いコンディションを維持していきたいです。

セルフケア道具です!

コンディション維持ということで、だんだんと寒くなってきたこの季節に必要なものは何かと考え、先日ブランケットを購入しました。このブランケットを購入するに当たりいくつかの決め手がありました。

まず大きいこと!
ブランケットの縦の長さが2mもあるので、183cmある私でも全身が収まります!

とにかく生地が良い!
肌触りがものすごく良くて、めちゃめちゃ気持ち良いです。
ずっと包まっていられますし、すぐ眠りにつけます笑

そしてなにより決め手になったのが、星のマークです!会社のロゴマークが星であるため、このブランケットに出会った瞬間に「大同!!これにしよう!!」と、すぐ決まりました!笑
(すみません、大同特殊鋼の選手としての血が騒いでしまいました……)

地方でリーグ戦をするときに、よくバスを使って移動をしますが、移動を快適に過ごすためにも重要アイテムになりますね!このブランケットと共に残りのリーグ戦を乗り越えていきたいと思います!!(どんなブランケットなのか気になる方は会場で声をかけてくださいね。)

今週末、11月17日、18日のリーグ戦は、2試合ともホーム開催です。たくさんの方々に会場まで足を運んでもらいフェニックスのハンドボールを楽しんでいただきたいと思っております!詳細は明日、トピックスでご紹介しますが、11月18日の大崎電気戦では応援Tシャツのプレゼントも予定されていますので、ぜひ、試合会場にお越しください。みなさんのご来場をお待ちしております!そして熱い応援をよろしくお願いします!!

みなさん、待ってますよ!

ご安全に!
みなさん、こんにちは。No.18の吉田雄貴です!

11月に入り、だんだんと寒くなってきました。この季節は風邪やインフルエンザが流行る季節です。みなさん、体調管理はしっかりできていますか?出かける時は暖かい格好をして、予防に努めましょう!

さて、今回は仕事の話をしたいと思います。
先日、業務で長野県南木曽町(なぎそまち)にある『だいどうの森』に行ってきました。『だいどうの森』とは、長野県南木曽町と大同特殊鋼が森林(もり)の里親*契約を結んだ場所です(「日本の電力王」とも呼ばれた、当社の創業者である福沢桃介が木曽川で水力発電を始めたことなどから、南木曽町とはご縁があります)。私たち従業員は定期的に『だいどうの森』に行き、植樹や枝打ちといった森林整備を行います。
今回、この森林整備に参加したのですが、フェニックスから他の選手も参加していました。原田選手と瀧澤選手です。たまたま同期が3人一緒でした!運命ですね。笑

*森林(もり)の里親とは
 森林を所有する集落が、長野県を仲人に企業の里親を探す制度

森林整備は、植樹や枝打ちといった約1時間程度の作業をグループ単位で行います。グループは事前に決まっており、私は瀧澤選手と同じグループでした。最初は、2人とも班長さんに教えてもらいながらぎこちなく枝打ち作業を行っていたのですが、中盤からコツを掴んで徐々に早くなり、瀧澤選手は職人のように手際良くやっていました!笑 私は、職人瀧澤さんに指示されるがままに木を切っていました。笑

普段の生活の中で、木を切ることは滅多にないので、変に力が入りとても疲れましたが自然豊かな新鮮な空気を吸うと、とても爽快な気分となり良い経験が出来ました!また来年も行けたらいいなと思います。

作業を終え、同期3人と!

最後に、一時中断していた日本リーグが再開し、8戦を終えて6勝1敗1分で4位の位置につけています。また、11月4日(日)のトヨタ紡織戦で日本リーグ通算400勝と15000得点を達成しました!OBの方々がこれまでに積み上げてこられた大記録の瞬間に、現役選手として立ち会えたことを嬉しく思います。
このまま突き進み、日本一を奪還できるようチーム一丸となって頑張ります!また、個人としても勝利に貢献できるように頑張っていきますので応援よろしくお願いします!

応援お願いします!
順位表