みなさん、こんにちは。
『withコロナ』ということで、さまざまな制限がある中で、今できることに全力投球しているNo.22康本侃司です。
新型コロナウイルスが流行して、いろいろな方面で自粛が強いられていると思いますが、引き続き危機感を持って感染予防をしていきましょう。

さて、今回は【自分の生い立ちシリーズ】ということで早速、私の生い立ちについて書きたいと思います。

私は1996年4月19日に千葉県柏市で生まれました。

生後3カ月の康本です!

小学生の頃は塾にそろばん、水泳と毎日習い事をしていました。
そろばんを1番頑張っていましたが、今では掛け算と割り算のはじき方もわかりません。笑
2番目に頑張っていたのは水泳で、小学1年生から6年生まで続けていました。
康本家では小学生の間は辞められないというルールがあったからですが……。笑

ハンドボールを始めたきっかけは、小学6年の10月に父の母校に行ったことでした。たまたま、その時に松葉中学校のハンドボール部が練習をしていて、一緒にハンドボールをしました。小学生の自分が、中学生相手でも点が取れたということが嬉しくて、その日のうちに小学生のハンドボールチームに入団し、ハンドボールを本格的に始めることになったのです。

小学生の頃(5番の選手です)

千葉県の中学校にはハンドボール部が少なく、特に私の住んでいた柏市には松葉中学校しかありませんでした。中学生の頃は、地引監督や池辺選手が卒業した「けやき台中学校」や小林アナリストが卒業した「手代木中学校」など、強豪中学校の多い茨城県に勝ちたいと頑張っていました。結局、勝てませんでしたが……。笑

高校では、そんな茨城の選手たちとプレーしたいと思い、茨城県の藤代紫水高等学校へ入学を決め、全国大会優勝を目指して頑張りました。
高校では、恩師である滝川先生にハンドボールだけではなく、人として一人前になれるように指導をしていただき、またU-16、U-19カテゴリーで海外の選手とも戦い、とても良い経験ができました。

春の選抜大会と国体では、同期の小澤選手と2度戦っています。もちろん勝ちましたが、今となっては同じチームでとても仲良し!
同じく同期の佐藤選手とは選抜大会で同じホテルに泊まっていたことがあります。佐藤選手は私のことなんて覚えていないと思いますけど。笑

今思えばこの二人とチームメイトになるとは思わなかったですね〜。笑

高校生時代(14番の選手です)一番左は友兼選手です!

少し話が脱線してしまったので戻します。

高校卒業後は、伝統があり、よりハンドボールに打ち込める日本体育大学に進学しました。

日本体育大学では4年の時に副キャプテンを務め、インカレではベスト8でしたが、チームをまとめる大変さや勝つための努力を学ぶことができました。

日本体育大学卒業後は、ハンドボールと仕事を両立しながら最多の日本タイトル獲得数を誇り、伝統のある大同特殊鋼フェニックスでハンドボールをしたいと思い入社を決めました。

まだ2年目ですが、ポジションのコンバートや長いリーグ戦の中での試合など、戦っていく厳しさなど痛感しています。

以上!私の生い立ちでした。書きたいことは山ほどありますが、書き切れませんね。

今シーズンは来場者数の制限やリモートマッチなどもあり、去年のようにファンのみなさまに会うことは難しくなっていますが、今シーズンも全力で頑張りたいと思います。

応援よろしくお願いします!

みなさん、こんにちは!No.9の中田凌河です。

前回、No.3伊藤選手が書いていたように、新型コロナウイルスの影響で少し期間が長引いていた新人研修が終わり、配属先が決まりました。また新たな環境の中でたくさんのことを学んでいます!

さて、さっそくですが、私の生い立ちについて紹介していきたいと思います!

前回の私の記事でも紹介したのですが、私は富山県氷見市出身です。
ハンドボールが盛んな地域なので、ハンドボールをやっている人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
氷見市はハンドボール以外に寒ブリも有名で、脂が乗っていてとても美味しいです。
ハンドボールとブリを合わせた「ハンぎょボール」という、ご当地ゆるスポーツもあるので、ぜひ氷見市に遊びに来た際はやってみてください!(笑)

話を本題に戻して、私は小さい頃からスポーツが好きで、野球、サッカー、空手、バレーボールなど、たくさんのスポーツをしていました。小学生の時は、なかでも1番しっくりきたバレーボール1本に絞って練習に励みました。(自分の小学校に男子バレーボールチームがなく、隣の小学校まで行ってバレーボールをしていました。)
両親と姉の影響で、見よう見まねで始めたバレーボールでしたが、小学校6年生のときには、なんと富山県大会で優勝し、全国大会にも出場しました!

バレーボールの全国大会

そのまま、中学校でもバレーボールを続けようと思っていたのですが、友人に誘われて観に行った春の全国中学生ハンドボール選手権大会(春中)で、自分の通う中学校のハンドボール部がたくさんの声援の中、戦っているのを観て自分もハンドボールがしたいと思うようになりました。
最初はルールも分からなかったですし、今では身長が190cmありますが、当時はそれほど大きくありませんでした。中学3年生の頃は170cmで細身だったので、右利きながら逆サイド(右サイド)をしていたこともありました(笑)
ほとんどが中学校から始めた人ばかりだったのですが、地元の声援の力もあり、春中では3位に入賞することができました!

春中でのシュートシーン

高校は隣の市にある高岡向陵高校へ進み、仲間と共に日本一を目指しましたが、選抜・インターハイともに、その年の優勝校に当たって負けてしまい、国体は決勝で敗れ準優勝でした。

高校時代(ダルマ右横)

大学はすごく悩みましたが、恩師である大房先生の母校であり、実業団選手を多く輩出していて、日本一が目指せる日本体育大学に進学を決めました。
在学中には驚くことがおきました。みなさんもご存じかと思いますが、私が大学4年生のときに、日本代表でも活躍した宮崎大輔さんが、なんと大学3年生として入ってきました(笑)
最初はとても不安なことが多かったのですが、大輔さんは優しい人柄ですぐにチームに溶け込んでいました!フォーメーションや技術をたくさん教えていただき、とても良い経験になりました。日本一を目指した大学生活でしたが、最高成績はインカレ準優勝でした。

その後は、日本一をどうしても獲りたいという思いがあり、中学からの憧れであった大同特殊鋼に入社し、フェニックスの一員になりました。

少し長くなりましたが、出会う人に恵まれて、ここまで素晴らしいハンドボール生活を送ることができています!

最後に日本リーグ開幕まで残り2週間を切りました。新型コロナウイルスの影響でこれまでとは違ったシーズンになることが予想されますが、新人らしく全力で思い切ってプレーするので、応援よろしくお願いします!

みなさん、こんにちは!No.3の伊藤聖哉です。

新入社員研修が終わり、配属先が決まって新しい環境での活動が始まりました。
少しずつ慣れてきましたが、まだまだ奮闘中の伊藤です。

さて、【自分の生い立ち】シリーズということで、私の生い立ちについて紹介します。
前回の私の週刊フェニックスでも紹介したのですが、私は三重県の菰野町という田舎で生まれ、小、中、高を三重県で過ごしました。

菰野町では「こもしか」というニホンカモシカをモチーフにした可愛いキャラクターが地域のPRをしてくれています。TwitterやYouTubeもやっているので、ぜひ見てみてください!そしてコロナが落ち着き、三重県に行く機会があれば菰野町に足を運んでみてください。ロープウェイから観る素晴らしい景色やキャンプ場などアウトドア好きな方にオススメです!

話を本題に戻して、私は小さい頃、ハンドボールだけでなく日本拳法や陸上、ちびっ子相撲など多種多様なスポーツをする運動好きな少年でした。ちびっ子相撲では優勝したこともあります。

ちびっ子相撲(投げている方です!)

押し出しはなく、ひたすら投げて、投げての投げ技で優勝していました。優勝しても賞品はイオンの商品券だったので、全然嬉しくなかったのを覚えています。母が喜んでいましたね!(笑)

日本拳法2位で悔しい顔(左から2番目)

日本拳法では、小学生の頃はずっと2位で悔しい思いをしていました。改めて子供の頃の写真を見ると思いのほか周りの子と体格差がありますね(笑)今だったら勝てるかも……。
フェニックスのメンバーには意外と武道経験者が多くびっくりしましたが、もしかしたら武道で鍛えられた身体の使い方や体幹の強さがハンドボールに生きているのかもしれませんね。

このように小学生の頃は色々なスポーツをやっていましたが、中学生に上がると同時にハンドボールに集中しようと、他の習い事はやめました。

中学は地元の菰野中学に進み、トヨタ車体の豊田選手とともにハンドボールの練習に励みました。高校も三重県にある四日市工業高校に進み、春の選抜大会では四日市工業高校で初の全国大会入賞を果たしました。

この頃からハンドボールを選んで良かったと思うようになりましたが、全国大会で優勝したことがなかったので大学進学を決意し、日本一を目指して筑波大学へと進みました。
最終学年でインカレを優勝した時の感動は言いあらわせないほどでした。
そして、あの感動をもう一度味わいたくて大同特殊鋼に入社し、フェニックスの一員になりました!

初心を忘れず頑張ります(小学生時代)

最後に、先日、日本リーグの試合日程が発表されましたが、再び新型コロナウイルスが流行の兆しを見せており、まだまだ不安なことが多いと思います。
そんな時だからこそ、自分たちのできる最大限のプレーをして、みなさんと感動を共有したいと思いますので、これからも応援をよろしくお願いいたします。

7月29日(水)から夏季休暇に入りますので、次回の週刊フェニックスは8月18日(火)に更新予定です。

順位表
レプリカユニフォーム販売中