みなさん、こんにちは!No.18の吉田雄貴です。
生い立ちということで、私の26年間を紹介していきたいと思います。

1994年9月27日、吉田家の長男として福島県で生まれ、3歳下の弟と2人兄弟でいつも仲良く遊んでいました。「吉田=睡眠」と言われるほど今でもよく寝るのですが、赤ちゃんの頃からよく寝る子で、ミルクをお腹いっぱい飲めば、朝まで起きなかったそうです。また、歩き始めが早かったそうですが、よく転んで、いつも顔があざだらけだったそうです。笑

1歳児の吉田!
保育園の運動会にて

保育園の頃から負けず嫌いだったらしく、リレーで負けてしまうとすごく泣いていたそうです。負けないように父と走る練習をするなど、よく努力をする子でもありました。この努力の成果なのかはわかりませんが、小学5、6年生の時に所属していた陸上部では、5年生の時に市大会優勝、県大会7位と短距離で少し活躍しました!ちょっとした自慢です♪笑

その他にも、ドッジボールをやっていました!遊びのドッジボールではなく、テレビで見たことがあるかもしれませんが、一列に並んで陣形を組んで行う競技のドッジボールです。小学3年生から6年生までやっていましたが、おかげで今でもボールを投げるのが得意なのかもしれません。

一番右のプラカード持っているのが吉田です!

それから中学校に入り、友達に誘われて成り行きでハンドボール部へ入部し、私のハンドボール人生が始まります。なんとなく始めたハンドボールでしたが、やってみたらおもしろく、いつの間にかハマっていました。そして、高校は福島県の強豪「学法石川」に進学し、ただただ上手になりたい一心で練習に打ち込みました。ちなみに原田選手、康本選手とは高校時代から練習試合をしていましたが、まさか同じチームでやるとは思ってもいませんでした。特に、原田選手の大同高校とは飽きるほど練習試合をしていましたので、当時は「もうやりたくない」と原田選手と話していたのを覚えています。笑

大学は国士館大学に進学し、関東の高いレベルの中でハンドボールに取り組みました。そして、大学4年生時にインカレでようやく日本一になりました。本当に良い経験になったと思っています。(最初の週フェニで紹介していますね)

振り返ると、小学生からスポーツしかしていないです。勉強した覚えも記憶も何もございませんが……、現在は仕事とハンドボールを両立できるよう日々努力しています!これだけ好きなことをたくさんやらせてもって、わがままをすごく聞いてもらった親と、関わったすべての方に感謝でしかないです。これからもハンドボールを頑張っている姿で、恩返しをしていきたいと思います!

最後になりますが、日本リーグ開幕から無観客試合が続いていましたが、徐々に人数制限を設けた形で試合を開催しています。選手一同、感染予防対策を徹底して大会に臨みますので、是非会場までお越しください!みなさまの応援をパワーに、日本一をめざして戦いますので、応援よろしくお願いします!

レプリカユニフォーム販売中