みなさんこんにちは!No.21の小澤基です。
早速ですが、今回は私の24年間を簡単に紹介したいと思います!

8月の暑い日に小澤家の次男として生まれました。
3つ離れた兄がいるのですが、当時両親は女の子が欲しかったみたいで、小さい頃はよく母のおもちゃにされていたと聞いています。

それに対する反発もあって?幼少期はやんちゃ坊主だったそうです。
ソファーの上で飛び跳ね転び、手に持っていたボールペンで顔を血だらけにしたり、ごはんを1口食べたら走り回り、口の中が空っぽになると席に戻って来たりなど、私自身が驚くような話がたくさん出てきます。

母のおもちゃ

そんな私は、幼稚園の頃から負けず嫌いだったそうです。記憶にはないですが、親子対抗リレーで逆転された父に泣いて怒ったそうです。

そんな性格も相まってか、ハンドボールは、兄が小学校に作られたクラブにたまたま入部したことをきっかけに、追いかけるようにして始めました。小学校、中学校では大きな大会には縁がなかったのですが、地元でハンドボールを楽しんでいました。

ちなみに、息子には野球をやらせたかった父が、兄弟そろってハンドボールを始めてしまい落ち込んでいたのを知ったのは、大学に入ってからでした。笑
小さい頃、新聞紙でバットを作り家の中で野球をするなど、父がやる気満々だった記憶があります。

小学生(前列のカメラ目線の子)

中学3年生の時、みんなで楽しくハンドボールをしていた所属チームから、私1人だけJOC選抜に選ばれ、初めて全国大会を経験しました。その年のJOC大会で圧倒的に優勝した沖縄、名門校があつまる茨城と、最悪の予選リーグで2試合とも大敗しました。初めて出場した全国大会で、レベルの違いに自分とは違う競技をしているのでは?と錯覚したのを鮮明に記憶しています。

高校はJOCメンバーと同じ学校を選び、初めて勝つためにハンドボールを頑張りました。
その甲斐あってか、約2年間北海道内では無敗、高校3年生の頃U-19に呼ばれ、JOCの時に目にした猛者たちと同じチームでハンドボールをしました。

ここで康本選手と初めて同じチームになりましたが、当時から世代を代表していた康本選手に対し、北海道のド田舎からきた私は、恐れ多くあまり話せませんでした。
今はとても仲良しですよ!笑

高校生(右から2番目。3番目は康本選手)

その後、大学はいろいろな縁があり、日本大学に進学しました。日本大学での生活は想像を絶するもので……(ここでは語れませんが(小声))、しかし、仲の良い同期と、たまにやさしい先輩方に支えられてハンドボール、人間性共に大きく成長させていただくことができました。この4年間のおかげで、今の私がいる……と信じたいものです。笑

大学卒業後は、教員になって北海道のハンドボールに恩返しをするか、日本リーグで続けるか悩みましたが、小さい頃よく父に言われていた「結果は後からついてくるもの。とりあえず頑張れ」という言葉を思い出し、日本リーグで続けよう!と決心してフェニックスにお世話になることに決めました。
私も将来は子供の決断を支えられる父親になりたいです。

振り返ってみると、ハンドボールしかしていない人生です。
しかし、幸せな事ですね。好きなことを好きなだけやらせてくれた両親に感謝しています!

最後になりますが、日本リーグが開幕しました。
各カテゴリーで大会が中止になる中で、たくさんの方の協力によって開幕できたことに感謝しています。また、大会が中止になった学生の分まで全力でリーグ戦に臨みたいと思います。
今シーズンも応援よろしくお願いいたします!

順位表
レプリカユニフォーム販売中