みなさん、こんにちは!No.9の中田凌河です。

前回、No.3伊藤選手が書いていたように、新型コロナウイルスの影響で少し期間が長引いていた新人研修が終わり、配属先が決まりました。また新たな環境の中でたくさんのことを学んでいます!

さて、さっそくですが、私の生い立ちについて紹介していきたいと思います!

前回の私の記事でも紹介したのですが、私は富山県氷見市出身です。
ハンドボールが盛んな地域なので、ハンドボールをやっている人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
氷見市はハンドボール以外に寒ブリも有名で、脂が乗っていてとても美味しいです。
ハンドボールとブリを合わせた「ハンぎょボール」という、ご当地ゆるスポーツもあるので、ぜひ氷見市に遊びに来た際はやってみてください!(笑)

話を本題に戻して、私は小さい頃からスポーツが好きで、野球、サッカー、空手、バレーボールなど、たくさんのスポーツをしていました。小学生の時は、なかでも1番しっくりきたバレーボール1本に絞って練習に励みました。(自分の小学校に男子バレーボールチームがなく、隣の小学校まで行ってバレーボールをしていました。)
両親と姉の影響で、見よう見まねで始めたバレーボールでしたが、小学校6年生のときには、なんと富山県大会で優勝し、全国大会にも出場しました!

バレーボールの全国大会

そのまま、中学校でもバレーボールを続けようと思っていたのですが、友人に誘われて観に行った春の全国中学生ハンドボール選手権大会(春中)で、自分の通う中学校のハンドボール部がたくさんの声援の中、戦っているのを観て自分もハンドボールがしたいと思うようになりました。
最初はルールも分からなかったですし、今では身長が190cmありますが、当時はそれほど大きくありませんでした。中学3年生の頃は170cmで細身だったので、右利きながら逆サイド(右サイド)をしていたこともありました(笑)
ほとんどが中学校から始めた人ばかりだったのですが、地元の声援の力もあり、春中では3位に入賞することができました!

春中でのシュートシーン

高校は隣の市にある高岡向陵高校へ進み、仲間と共に日本一を目指しましたが、選抜・インターハイともに、その年の優勝校に当たって負けてしまい、国体は決勝で敗れ準優勝でした。

高校時代(ダルマ右横)

大学はすごく悩みましたが、恩師である大房先生の母校であり、実業団選手を多く輩出していて、日本一が目指せる日本体育大学に進学を決めました。
在学中には驚くことがおきました。みなさんもご存じかと思いますが、私が大学4年生のときに、日本代表でも活躍した宮崎大輔さんが、なんと大学3年生として入ってきました(笑)
最初はとても不安なことが多かったのですが、大輔さんは優しい人柄ですぐにチームに溶け込んでいました!フォーメーションや技術をたくさん教えていただき、とても良い経験になりました。日本一を目指した大学生活でしたが、最高成績はインカレ準優勝でした。

その後は、日本一をどうしても獲りたいという思いがあり、中学からの憧れであった大同特殊鋼に入社し、フェニックスの一員になりました。

少し長くなりましたが、出会う人に恵まれて、ここまで素晴らしいハンドボール生活を送ることができています!

最後に日本リーグ開幕まで残り2週間を切りました。新型コロナウイルスの影響でこれまでとは違ったシーズンになることが予想されますが、新人らしく全力で思い切ってプレーするので、応援よろしくお願いします!

順位表
レプリカユニフォーム販売中