みなさん、こんにちは!No.3の伊藤聖哉です。

新入社員研修が終わり、配属先が決まって新しい環境での活動が始まりました。
少しずつ慣れてきましたが、まだまだ奮闘中の伊藤です。

さて、【自分の生い立ち】シリーズということで、私の生い立ちについて紹介します。
前回の私の週刊フェニックスでも紹介したのですが、私は三重県の菰野町という田舎で生まれ、小、中、高を三重県で過ごしました。

菰野町では「こもしか」というニホンカモシカをモチーフにした可愛いキャラクターが地域のPRをしてくれています。TwitterやYouTubeもやっているので、ぜひ見てみてください!そしてコロナが落ち着き、三重県に行く機会があれば菰野町に足を運んでみてください。ロープウェイから観る素晴らしい景色やキャンプ場などアウトドア好きな方にオススメです!

話を本題に戻して、私は小さい頃、ハンドボールだけでなく日本拳法や陸上、ちびっ子相撲など多種多様なスポーツをする運動好きな少年でした。ちびっ子相撲では優勝したこともあります。

ちびっ子相撲(投げている方です!)

押し出しはなく、ひたすら投げて、投げての投げ技で優勝していました。優勝しても賞品はイオンの商品券だったので、全然嬉しくなかったのを覚えています。母が喜んでいましたね!(笑)

日本拳法2位で悔しい顔(左から2番目)

日本拳法では、小学生の頃はずっと2位で悔しい思いをしていました。改めて子供の頃の写真を見ると思いのほか周りの子と体格差がありますね(笑)今だったら勝てるかも……。
フェニックスのメンバーには意外と武道経験者が多くびっくりしましたが、もしかしたら武道で鍛えられた身体の使い方や体幹の強さがハンドボールに生きているのかもしれませんね。

このように小学生の頃は色々なスポーツをやっていましたが、中学生に上がると同時にハンドボールに集中しようと、他の習い事はやめました。

中学は地元の菰野中学に進み、トヨタ車体の豊田選手とともにハンドボールの練習に励みました。高校も三重県にある四日市工業高校に進み、春の選抜大会では四日市工業高校で初の全国大会入賞を果たしました。

この頃からハンドボールを選んで良かったと思うようになりましたが、全国大会で優勝したことがなかったので大学進学を決意し、日本一を目指して筑波大学へと進みました。
最終学年でインカレを優勝した時の感動は言いあらわせないほどでした。
そして、あの感動をもう一度味わいたくて大同特殊鋼に入社し、フェニックスの一員になりました!

初心を忘れず頑張ります(小学生時代)

最後に、先日、日本リーグの試合日程が発表されましたが、再び新型コロナウイルスが流行の兆しを見せており、まだまだ不安なことが多いと思います。
そんな時だからこそ、自分たちのできる最大限のプレーをして、みなさんと感動を共有したいと思いますので、これからも応援をよろしくお願いいたします。

7月29日(水)から夏季休暇に入りますので、次回の週刊フェニックスは8月18日(火)に更新予定です。

順位表
レプリカユニフォーム販売中