みなさん、こんにちは!
自粛期間中に体を作り直し、筋肉量は落とさず10kg減量したNo.6加藤です!
加藤式ダイエットを知りたい方は、ご連絡ください!私のメソッドを伝授します!笑

さて、【自分の生い立ち】シリーズも何名かの選手が書いてきましたが……、やっと私の順番が来ました!早く順番よ、来い、来い!と、ずっと思っていました笑

わずか30年余りの人生ですが、「加藤嵩士」がいかにして形成されたかご紹介させていただきます。

では、数あるテーマの中から、今回は3つのテーマに絞ってお話します。

テーマ1:実写版ライオンキング!
テーマ2:スーパー建築士!少年・加藤!
テーマ3:挑戦!ヤオスッ!エホーイーハー!

それでは、「実写版ライオンキング!」からご紹介していきます。

加藤家の3人兄弟の末っ子として、私「嵩士」が誕生しました!
母にどんな赤ちゃんだったか聞くと、「よく泣いて、なかなか寝ない子だった……。」と言われました。今はどこでも一瞬で寝てしまうので、「本当かなぁ」と思いましたが、かなり両親を困らせていたそうです!笑

優しい両親と兄弟のもと、すくすくと成長するBABY嵩士でしたが、成長するにつれて、髪の毛にある特徴が出てきます……。

それは……、

ものすごい直毛です!

無重力!まさにタテガミ!そう、「ライオンキング」です!

今でも髪の毛を短くすると本領を発揮しますが、小さい時の直毛はその比ではありません。そして、この直毛DNAはしっかりと我が息子にも遺伝しておりました!笑
まさに「ライオンキング2」!

直毛DNA

その後のBABY嵩士は、タテガミを揺らしながら、まさに動物のように東海市の自然あふれる街中で元気に成長していきました!

そして、「スーパー建築士!少年・加藤!」へと話は進みます。

悩む少年・加藤

少年・加藤を語るうえで欠かせないものがあります。それは「レゴブロック」です!

幼少期から中学に上がる前くらいまで、本当に朝から晩までずっとレゴブロックで遊んでいました。レゴブロックで自分の描く世界や建物、乗り物を作ることが大好きで、毎日何を作ろうか悩みながら、黙々と作品を作りあげていました。

レゴブロックの世界の中では、少年・加藤はまさにスーパー建築士!
一軒家を1時間余りで建て、そして自家用車も2台作成していました!

今でも時間ができたら、レゴブロックをやりたいと思っているほどですし、息子がもう少し大きくなったらレゴランドにも行きたいです!(私が行きたいだけですが……笑)

レゴによって知能も育成された少年・加藤に、いよいよ人生の転機が訪れます!

それでは最後のエピソード「挑戦!ヤオスッ!エホーイーハー!」です。

すくすく成長し、小学校まではサッカーをしていた少年・加藤ですが、中学校でハンドボールに出会います。

まさかこの出会いから、30歳を超えるまでハンドボールを続けるなんて想像もしていませんでしたが、出会った時からハンドボールの魅力にとりつかれていました!

中学を卒業する頃には「強いところでハンドボールがやりたい!」と思うようになり、両親に愛知県No.1の愛知高校に入りたいと話し、強豪校でハンドボールに挑戦することに決めました!

中学生時代は県大会にも出場できないレベルだったので、入学した当初は練習についていけず、周りは名古屋中から集まった上手な選手ばかりいる状態が本当に辛かった思い出があります。

そんな中でも顧問の川瀬先生やチームメイトに支えていただき、なんとか3年間ハンドボールを続けられ、その後も大学、社会人まで続けることができました!

高校の3年間がなければ、今の自分は無いと思っています。川瀬先生には「社会に出て役に立つ」という理念のもと、ハンドボールだけでなく、生活面に至るまでご指導いただきました。

そんな充実した愛知高校でのハンドボール生活ですが、入学して驚いたことがあります。
それは「クセのある挨拶とかけ声です!」笑

愛知高校ハンドボール部では「おはようございます。こんにちは。こんばんは。」のすべての挨拶をまとめて「ヤオスッ!」と言います。

語源等は誰も知りませんし、聞いたこともありません。

とにかく「ヤオスッ!」と教えられるので、街中で先輩に会っても「ヤオスッ!」と言います!それもかなりの声量です!

そしてもう一つが、練習中の掛け声です。
普通は「頑張りましょう!」とかですが、クセの強い愛知高校ハンドボール部は違います!
「エホーイーハー!」です!イントネーションは各々ですが、ベースは一緒です。
こちらも語源等は誰も知りません。

「エホーイーハー!」の「ハー!」のところ

入学前に行われる事前合宿で、先輩たちによる「ヤオスッ!」と「エホーイーハー!」の発表会が毎年開かれ、そこで各々の「ヤオスッ!」と「エホーイーハー!」を先輩たちが見本でみせ、アドバイスをいただきます。
先輩たちの生エホーイーハー!を聞いた時は「こ、これがエホーイーハー!か……。すごい。」と、その迫力に衝撃を受けた記憶があります。本当にいろんな刺激を受けた高校時代でした。

そして、さらにハンドボールにのめり込んだ私は、大学では公務員を目指しながらハンドボールを続けたいと思い愛知大学に進みました。

4年生の時には消防士になることが決まっていましたが、同時期に大同特殊鋼から声をかけていただき、最後までどちらの人生を選択するか悩みました。

本当に最後まで悩みましたが、自分の好きなことは何だろうと考え、「やれるところまでハンドボールをやろう!やりたい!」と思い、大同特殊鋼に入ることを決めました!

短く書くつもりだったのですが……笑
これがBABY嵩士から大同特殊鋼に入社にするまでの加藤の生い立ちとなります!

最後に、これからのシーズンについてですが、今年は新型コロナウイルスの影響により、日本リーグの開催も心配されていましたが、予定通りの開催が決定しました。さまざまな大会が中止になる中、私たち実業団の試合が開催される意義や責任もしっかりと考えて臨んでいきたいと思っています。

そして今年こそ、日本一を目指しチーム全員で気持ち前面に出して戦う姿をお見せし、フェニックスを応援してくださるみなさまと一緒に喜びを分かち合いたいと思います!

これからも応援よろしくお願いいたします!

順位表
レプリカユニフォーム販売中