みなさん、こんにちは。No.7久保龍太郎です。
世間では様々な取り組みが増え、息苦しい日々が続いていますが新しい生活様式、”withコロナ”には慣れたでしょうか?
気温も高くなり、マスクを付けて過ごすことも苦しくなってきましたが、熱中症に十分注意して頑張っていきましょう!!

今回は【自分の生い立ち】シリーズ、久保龍太郎編です!

私は久保家の長男として1990年5月15日に3,312gで産まれました。
小さい頃から何事にも好奇心旺盛、体を動かすことが大好きで、よく祖父母と山登りをしていたようです。

祖父と山登り

ハンドボールとの出会いは小学3年生の時でした。
小学校主催のドッジボール大会で、香川町ハンドボールスポーツ少年団オリーブくんの平木監督(当時)に声を掛けていただき、私のハンドボール生活がスタートしました。週1回の練習でしたが、みんなでワイワイ楽しむスタイルが自分に合っていました。

次に中学は、たまたま学区内に県内強豪校の香川第一中学校があり、進学しました。
この頃は仲間と一緒にハンドボールをすることが楽しくて、あまり勝ち負けに執着がありませんでした。
しかし、2年生の時に大阪で開催されたJOC(ジュニアオリンピックカップ)で衝撃を受けた事をきっかけに私のハンドボール観がガラリと変わりました。
それは、ジークスター東京に所属する信太さん率いる茨城選抜と対戦したことです。
試合結果は40対20くらいでコテンパンに負けてしまいましたが、試合に負けて悔しかったことよりも試合中、信太さんと対峙した時に「ダメだ、この人には心・技・体、全てにおいて勝てない」と素直に感じたことにすごく悔しい気持ちを覚えました。
それからは試合に負けたくない、相手選手にも負けたくないと思うようになり、この頃から強くなりたい、勝ちたいと思い、ハンドボールに取り組むようになりました。

そのような思いから、高校は全国大会の常連校、香川中央高校に進学しました。
練習量、練習時間ともに想像をはるかに超えており、入部当初はついていくので精一杯。夏休みもほぼ毎日、炎天下の河川敷で朝から晩までドロドロになりながら練習に励む、ハンドボール漬けの高校生活でした。部員全員が3年間、 “坊主”だったことも今では良い思い出です。笑
高校では河合監督のもと、仲間を大切にする心や泥臭くクレバーなハンドボールを学びました。

高校時代(2番)

大学は、ハンドボールの第一線でプレーすることと、将来、河合監督のような熱い体育教師になるという2つの目標を叶えられるのはココしかないと思い、早稲田大学への進学を決めました。伝統ある大学に入学できたおかげで多くの方々と知り合い、早慶戦など大学のビックイベントにも多く参加でき、素晴らしい大学生活を過ごすことができました。
また、学業と部活動を両立させる大切さを学べたことで、人間的に大きくなれたと感じています。
余談ですが、実技授業では瀬戸大也選手に水泳を、大迫傑選手に陸上を教えてもらったこともありました。良い思い出です。(完全にミーハーですね!笑)

大学時代(2番)

そして、社会人は仕事とハンドボールの”二足のわらじ”で、アマチュア精神を大切にする社風に惚れて、大同特殊鋼に入社を決めました。
色々な壁にはぶつかりますが、自分で目標を立て、「やればできる精神」で前向きに取組んでいます。現在では、家族という守るべきものも増えたので、今以上にfightできそうです。これからも頑張るぞー!

ここまで生い立ちを書きましたが……、これほど幸せで楽しいハンドボール生活が過ごせているのも色々な方との出会いがあったからです。

全世界に70億人の人がいるといわれていますが、その中で何らかの接点を持つのが30,000人、学校や仕事などを通じて近い関係を持つのが3,000人、親しい会話ができる関係が300人といわれています。この数字を見て分かると思いますが、出会いは奇跡です。
これからも一つひとつの出会いを大切にして、前向きに生活していきましょう。

ありがとうございました。

順位表
レプリカユニフォーム販売中