みなさん、こんにちは。No.5の石橋です。
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断は禁物です。できる限りの予防に努めていきましょう!

さて、東江選手、池辺選手と続いている【自分の生い立ち】シリーズですが、3番手として私が書かせていただきます。
え、興味ないって……? そんなことは言わずに、ぜひ最後まで読んでみてください笑

私は石橋家の第2子で長男として1991年6月27日に誕生しました。
姉の影響もあり3歳のころからピアノを習わせてもらっていました。他にも水泳や体操など多くの習い事をさせてもらっていました。ピアノについて今はもう指が全然動かず、もっとまじめに練習をしていれば良かったと後悔しています……。

幼少期

小学校に入り、3年生の時に転校を経験しました。それを機に地域の少年野球のチームに入団し、そこからは野球三昧の日々でした。当時、強豪チームでキャプテンを務めていたので、中学校に入っても野球を続けると自他ともに思っていましたが、そんな矢先にハンドボールと出会いました。中学校に入学した当初、友人に誘われて軽い気持ちで部活見学会にいくと、一瞬にしてハンドボールの面白さに魅了されてしまいました。野球を辞めるかどうかを熟考して入部を決意したのを覚えています。当時は練習が厳しく2・3年生が集団でハンドボール部を辞めてしまったこともあり、すぐに試合に出て経験を積むことができました。最初は未経験者しかいないので負けてばかりでしたが、3年生になる頃には県大会を優勝するまでになりました。そこで収めた成績が評価され、進路が決まり、法政大学第二高等学校へ入学することとなります。

中学時代

法政二高では阿部直人先生指導のもと、毎日泥だらけになって「ALIVE」(チーム伝統のスローガン)していました。チームワークの大切さや、ポジティブな思考の持ち方、人財教育など、今でも教訓として私の人生に活きている大切なことを多く教わりました。強豪校なだけあり厳しい日々でしたが、大切な仲間とも出会うことができました。私が3年生の代では横浜創学館(同県の強豪校)にいつも負けていましたが、インターハイを決める最後の県大会では勝利を収めることができました。試合後にチーム全員で歌った校歌はとっても気持ちが良く、今でも最高の思い出として記憶に残っています。

高校時代の写真(左から3人目)

大学は大同特殊鋼にも多くのメンバーを輩出している日本体育大学へ進学しました。
ここで私は「受験」というものを初めて経験することになります。
高校で活躍してきた多くの選手は大学にはスポーツ推薦で入学します。フェニックスのメンバーもほとんどがそうだったと思います。しかし、私は推薦で入ることができず、高校の部活を引退した直後から猛勉強の日々が始まりました。この期間が人生で一番勉強をしていた期間なのではないかと思います。日体大は入試に実技の試験もあり、走るトレーニングなどにも取り組みました。
色々な方の支えもあり、晴れて日体大へ入学することができました。
日体大には、先輩にも同期にも有名で実力のある選手が多く、その人たちと一緒にプレーすることで勉強になることがたくさんありました。試合には2年生の時から出場できるようになり2年・3年とインカレ優勝を経験しました。
4年生の時にはインカレ3位という結果に終わってしまい、とても悔しい思いをしましたが、その悔しさもありハンドボールをもっと続けたいと思いました。
そんな時に、日体大の松井幸嗣先生から大同特殊鋼のことを聞き、縁あって同期の藤江選手とともに大同特殊鋼に入社することになりました。

以上が私の生い立ちから大同特殊鋼に入社を決めるまでになります。
長々と書いてしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

コロナウイルスがいち早く落ち着き、みなさんに会場で元気なフェニックスをお見せできるよう、日々一生懸命頑張っていきます!今後も応援よろしくお願いします!

順位表
レプリカユニフォーム販売中