みなさん、こんにちは! No.13 池辺です。
新型コロナウイルスの感染拡大によって、苦しい状況が続いていますが、引き続き感染予防や警戒を怠らず、1日でも早い終息を迎えられるように、協力し合っていきましょう!

さて、先週の東江選手から始まった、【自分の生い立ち】リレーですが、私が2番手を担当させていただきます!今までどんなハンドボール人生を送ってきたのかを書いていきます。

では、スタート!

私は1991年8月30日に生まれ、幼稚園児の頃に茨城県守谷市に引っ越してきました。
そして、入学した高野小学校でハンドボールと出会います。
私が小学1年生の時に高野小学校を拠点に活動しているスポーツ少年団守谷クラブというハンドボールチームが全国大会で優勝しました。その際に、母から「やってみれば?」と言われ、訳も分からず入団したような記憶があります。(ハッキリとしたキッカケはよく覚えていません笑)
ちなみに、地引監督も守谷クラブでハンドボールをしていたOBです!
全国トップクラスの環境でハンドボールをしていたので、学年が1つ上がる度に本格度が増していき、もっと上手くなりたいと、ハンドボールの楽しさを実感しました。

小学生時代(左から2番目が私です!)

小学校卒業後に入学した、けやき台中学校でも変わらぬ高レベルな環境で練習に打ち込むことができました!
2年生の頃には全国大会とJOCジュニアオリンピック大会で優勝して、自分たちも続こう!と結束したのを覚えています。
私たちが最上級生になった時に、春の全国中学生選手権大会の記念すべき第1回大会が開催されたのも印象深いです。結果は春、夏、JOC全て3位でしたが、ハンドボールへの情熱はさらに増していき、名門・藤代紫水高校への入学を決意します!

中学時代

藤代紫水高校の練習は非常にレベルが高く、最初は練習についていくのがやっとでした。(いや、付いていけていなかったかも笑)しかし、練習した分、自分の力になることが実感できましたし、仲間と共にやり切ることで達成感を分かち合えることを学びました。また、礼儀や人として自立するための人間力を学び、ここで過ごした3年間は自分にとっての財産となっています!「人との出会いを大切に、感謝の気持ちを忘れずに」、「苦しい時こそ頑張れ!」、これは恩師から教えていただいた言葉ですが、今でも私のモットーです。

高校時代(後列左端)

そして、文武両道を目指すために明治大学に入学しますが、授業の難しさに驚きながら単位取得のために必死で勉強しました笑
ハンドボールでも、インカレ3位を経験したり個人的にも良い成績を収めたりしていましたが、もっとハンドボールを極めたいと思い、日本リーグへの挑戦を決めました。そして、当時の末松監督からのスカウトもあり、人間として1番成長できると思った大同特殊鋼に入社を決めました!

以上が私の今までの経緯となりますが、生い立ちをまとめるのって、なかなか難しいですね笑
各カテゴリーで色々な思い出があって、まだまだ書き切れないこともありますが、これまでの経験を改めて振り返ることができたので、私としても貴重な時間となりました。
今は新型コロナの影響で以前のように思い切りハンドボールに打ち込めてはいませんが、またみなさんにフェニックスの熱いゲームをおみせできる日を楽しみにしながら、できることを精一杯やっていきます!今後も応援をよろしくお願いします!

順位表
レプリカユニフォーム販売中