みなさん、こんにちは!大同特殊鋼フェニックスNo.20東江です!
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための自粛期間が続き、ストレスの溜まる日々を過ごしていると思います。1日でも早く元通りの暮らしができるよう、みんなでこの状況を乗り越えていきましょう!

さて、今回の週刊フェニックスから各選手が【自分の生い立ち】をテーマに書かせていただきます。
その第1弾を飾らせていただくのが私、東江雄斗でございます。よろしくお願いします。

私は1993年7月6日に東江家の次男として生まれました。
両親がハンドボール選手だったこともあり、生後3ケ月で飛行機に乗り両親の遠征に連れていかれたそうです。(本当かどうかはわかりません笑)
幼い頃は、祖父母の家でご飯を食べて兄と楽しく過ごしたり、両親が練習する体育館に連れて行ってもらい、チームメイトの方に遊んでもらったりしていました。疲れたらコートの横でボールの弾む音やフェイントを切る音を聞きながら気持ちよく寝ていた記憶があります。(笑)

体育館にいる東江兄弟

小学校に入学すると、先に兄がハンドボール部に所属していたので私もすぐに入部したいとお願いしました。当時は4年生以上じゃないと入部できなかったみたいですが、「太輝の弟だから」という理由で特別に1年生から入部することができました!兄に大変感謝しております。(笑)
ここからハンドボール一筋かというと、実はそうではなかったんです。ハンドボール以外にもスイミングや書道、学習塾といった習い事に通っていました!
特にスイミングでは通い始めて3ケ月ほどで選手コースに昇格し、4泳法(クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ)でバリバリ泳いでいましたが、ハンドボールの練習に出られなくなるのが嫌で、それらの習い事は2年生に上がってすぐに辞めてしまいました。(笑)

そこからはハンドボール一筋で突っ走るのですが、足を捻れば骨折、シュートを打てば肋骨を骨折と、計8回も骨折しました……(笑)骨折ばかりの小中学生時代でしたが、小学生の時にはハンドボールの楽しさを、中学では両親にハンドボールの基礎や技術・戦術を学びました。
私が中学3年生の時のJOCジュニアオリンピック大会では両親はチームスタッフ、私はキャプテンとして出場し、親子で優勝の瞬間を味わいました。優勝した瞬間は監督と選手の立場ではなく、「お父さん、お母さん、やったね!!」と家族の立場で喜んだ記憶があります。

JOC優勝

高校は興南高校に進学し、1年生から試合に出させてもらい、夏のインターハイで優勝を経験しました。
高校時代の思い出は特に多いです。沖縄の夏に耐えきれず、熱中症に毎年なっていました(笑)
3年生の時のインターハイ1週間前にも熱中症で体調を崩して入院してしまい、なんとか退院はしましたが、実力を発揮できないままベスト8で敗退し、すごく悔しい思いをしました。
この悔しさを国体で晴らしてやると意気込み、山口国体で優勝し、インターハイの悔しさを晴らすことができたことは忘れられません。

そして、その後は進路のことですごく悩みました。
母や兄、高校の恩師である黒島先生の母校である日体大か、早稲田大のどちらに進学するのか、すごく悩んだ末に「大学リーグの日体大VS.早稲田大で勝利した大学に進学しよう!」と、よくわからない贅沢な決め方で、勝利した早稲田大学への進学を決めました(笑)

大学ではハンドボールはもちろん、社会というのも教わりました。
また、昔からですが私は本当に人に恵まれていたなと思います。
日頃より早稲田大学ハンドボール部を支援してくださるOBの方々や日本一、いや世界一ハンドボールに対して熱い大城章さん(現ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング監督)。魅力ある先輩方はもちろん、ライバル校や一般入試で合格してきた同期、高校では甲子園に出場しバリバリ活躍していたけど、大学からハンドボールを始め、インカレでもしっかり活躍した付属校出身の同期など、個性豊かなメンバーに出会いました。
4年生のインカレ決勝では、入学をお断りした日体大に負けてしまいましたが、ハンドボールに対して思いが強いメンバーに恵まれ、ハンドボールと私生活の両面で充実した生活を送ることができました!

充実した大学時代

そして当時フェニックスの監督だったハンドボール界のスーパースター末松誠さんから熱烈なオファーをいただき、「ここなら自分をめちゃくちゃ成長させてくれる」と思い、伝統ある大同特殊鋼に入団しました。そこで私の憧れである元韓国代表で世界のベストセブンにも選出されたペク・ウォンチョルさんの背番号20番を受け継ぎ、王座奪還に向け、日々努力しています。

以上、長々とまとまりなく自分の生い立ちについて書きましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
早くみなさまと会場でお会いし、フェニックスのハンドボールでhappyにさせたい気持ちでいっぱいです!
また会場で元気にお会いできるよう、今を頑張りましょう!!

順位表
レプリカユニフォーム販売中