今年度、大同特殊鋼に入社しました、新人のNo.9中田凌河(なかだ りょうが)です。
新型コロナウイルスの影響で我慢することや不安なことがたくさんあるとは思いますが、このような時期だからこそ自分を見つめ直し、目標に向かって1日1日を乗り越えていきましょう!

さて、今回初めての週刊フェニックスということで伊藤選手に続き、私も自己紹介させていただきます!

同期の伊藤選手との一枚

私は、寒ブリ、ホタルイカ、白エビなど海の幸がとても豊富でおいしい富山県氷見市出身です。氷見市は毎年、春の全国中学生ハンドボール選手権(春中)が開催されるなどハンドボールが盛んな地域です。

趣味はホラー映画を観ることです。
最初は苦手だったのですが、意味が分かるととても深い物語などもあってハマっています。(怖くて1人では観られませんが笑)
他には綺麗な景色を観たり、写真を撮ったりすることも好きです。
特に地元の海がとても大好きで、帰った時は必ずといっていいほど立ち寄ります。その景色を観ると、自分の原点を思い出し、今の自分を見つめ直すことができます。
面白いホラー映画や絶景スポットがあれば、ぜひ教えてください!

地元・富山のお気に入りスポット

私がハンドボールを始めたきっかけは、地元で開催されていた春中を友人に誘われて観に行ったことです!ハンドボールの町で育った私ですが、小学校の頃はなんとバレーボールをしていました。県大会で優勝し、全国大会に出場するレベルでしたが、春中でハンドボールに魅了され、ハンドボールってかっこ良いな~!と思った頃にはもうハンドボール部に入部していました笑
こうして氷見南部中学校から高岡向陵高校、日本体育大学とずっとハンドボールをしています。

縁あってハンドボールを始めた中学生の頃から憧れていた大同特殊鋼フェニックスの一員になることができ、とても感動しています!
フェニックスには地引監督をはじめ平子選手、藤江選手、石橋選手、杉本選手、友兼選手、康本選手といった同じ日本体育大学出身の偉大な先輩方がたくさんいるので、これからそんな先輩たちと一緒にハンドボールができることにも感激しています!
私はまだ日本一を経験したことがなく、中学校は3位、高校、大学は2位という結果が最高なので、フェニックスでは絶対日本一を獲ります!

私には好きな言葉があります。

それは「挑戦の先には成功か学びしかない」という言葉です。

これは高校の恩師の大房先生がよく使っていたもので、挑戦することに失敗はなく、挑戦することで学び、気づき、次のステップへ踏み出せるということです。
私自身、コロナウイルスの影響で色々なことが中止や延期になり、目標を見失いかけた時もありました。
しかし、この言葉を思い出し、1度自分の原点を考え、目標を確認し、挑戦する。
そして乗り超えた先には絶対良いことがあると信じて自主練習を継続しています!

早く試合に出て、みなさんに顔と名前を覚えていただけるように日々何事にも挑戦していきたいと思います!応援よろしくお願いします!

応援よろしくお願いします!
レプリカユニフォーム販売中