みなさん、こんにちは。No.1友兼 尚也です。

最近、新型コロナウイルスの報道をよく耳にしますが、特に人混みの中などに行く際はマスク着用、帰宅後は手洗い・うがいをして感染予防に気を付けてください。

さて、先日、通勤の途中で小学生が友だちと元気いっぱいで楽しそうに学校へ向かっている姿を見かけ、私にもこんな時期があったな~……、と懐かしく感じました。
私も小学生当時は、仲の良い友だちと楽しくハンドボールに打ち込んでいた思い出があり、「初心を忘れてはいけないよ!」という小学生からのメッセージなのでは?!なんて思ったりしています。笑

そこで、今回は私自身の小学生の時代を振り返りながら、私の原点を紹介したいと思います。

初めての週刊フェニックス(No.496 はじめまして!)の時にも紹介しましたが、私は小学3年生の時に友人に誘われてハンドボールを始めました。福井県の安居ブルーサンダーハンドボールスポーツ少年団に所属しており、私はこう見えてもキャプテンを務めていました。(笑)
成績としては、少年団初の全国大会に出場し、4位という成績を収めました。
全国優勝を目指していただけに悔しい結果に終わってしまいましたが、当時を振返ると、全国大会での敗戦の悔しさがあったからこそ、現在もハンドボールを続けているのだと思います。
当時、監督だった松山監督には厳しく指導していただき、ハンドボールを通して礼儀やひたむきに取り組む姿勢など様々なことを学びました。私にとって松山監督は忘れられない指導者の1人です。

ゴールキーパーをしているのが私です!

ちなみに、安居ブルーサンダーはフェニックスファミリーの東海ハンドボールスクールとの交流が多く、練習試合や大同フェニックスカップ(大同特殊鋼が協賛する小学生ハンドボール大会)にも参戦していました。
私が5年生だった頃はNo.15原田選手が東海ハンドボールスクールの中心選手として活躍していて、いつも負けていたのを覚えています。(笑)
今となっては笑い話で、原田選手は良き先輩であり、頼れるチームメイトです!

切磋琢磨しながら頑張っています!

また、私と同じゴールキーパーで、高校、大学の先輩でもあるフェニックスOBの高木尚さんとも大同フェニックスカップでお会いしていて、当時現役だった高木さんに指導していただいたことはとても印象深いです。今でも悩んでいる時は指導していただくなど、私にとって尊敬する先輩です。私も高木さんのように偉大なゴールキーパーになれるよう日々精進していきます!

こうして小学生の頃を思い返してみると、技術面はもちろん、取り組む姿勢など、あの頃の無我夢中でハンドボールに打ち込んでいた日々が、今こうやって活きているんだなと感じます。これからも小学生の頃の気持ちを忘れずに、練習に全力で取組んでいきます!

最後に、昨年7月から始まった日本ハンドボールリーグ・レギュラーシーズンは、残すところ大崎電気との最終戦のみ!というところまできていましたが、新型コロナウイルスの影響によって中止となり、その結果、私たちフェニックスは2位でレギュラーシーズンを終えました。
プレーオフについては、まだどうなるかわかっていませんが、いつでも戦える準備をしておきたいと思います。

みなさん、今後もフェニックスと友兼尚也の応援をよろしくお願いします!!

応援よろしくお願いします
レプリカユニフォーム販売中