みなさん、こんにちは!No.4藤江です!
愛知県では最近インフルエンザが流行っていますが、みなさんは大丈夫でしょうか。今年も残すところあと3週間!来年は東京オリンピックが開催される記念すべき年なので、怪我なく元気に年を越したいですね。

さて、今回は、みなさんお待ちかね(?)の焼肉部の活動報告です。少し遅くなりましたが、2019年度の新入部員を獲得しました。
今年度の新人もハンドボールだけでなく、焼肉部でもフェニックスになくてはならない存在となっています。今や焼肉部は、スイーツクラブ、都市伝説部(まだあるのかな……。)といった他の番外所属クラブをグングン引き離すほどの超巨大勢力となっています。

そんな焼肉部に勢いをもたらしている新人を、もう鉄板ネタとなってしまったキャッチフレーズと共に紹介します。

「冴えない男と食べるTボーンステーキよりも、俺と食べるタン塩。」

大同のローランド様、康本侃司選手!!

ある日のこと、そわそわとこちらを見ている康本選手がいたのでどうしたのか聞いたところ、どうしても焼肉部に入部したいとのことだったので、さっそく入部試験を兼ねて東江選手、吉田選手、私の4人で焼肉を食べに行くことに……。
入店して早々に、東江選手が面接を始めました。

面接スタート

東江:君にとって、焼肉とは?
康本:人生です。
東江:おもんない。やり直し。
康本:僕にとって焼肉とは、どんなときでも元気をくれて、癒してくれる、まるで家族のような存在です!!
東江:んー、よくわかんないけどまぁ良いか。お腹減ったし合格。早く肉食べようぜ。

そんな、なんともいえない緩い感じで、無事(?)入部することができ、それぞれ好きなお肉を注文して、すぐさまがっつく焼肉部メンバーたち。その中でも康本選手はさすがの食いっぷりで、先輩たちを終始圧倒していました。

やめてといっているのにカメラ目線

そんな新人、康本選手の豪快な食いっぷりを見て、ハンドボールも焼肉部もやってくれるであろうと感じました。私も若手に負けないように、1年目の頃を思い出してがむしゃらに取り組んでいきたいと思います。

これからも焼肉部をよろしくお願いします!

現在、フェニックスは日本リーグを19試合終えて、14勝1分4敗で3位につけています。今後も油断できない厳しい状況が続きますが、まずはプレーオフの出場権を獲るために、チーム一丸となって戦います!みなさん、今後とも応援よろしくお願いします!

順位表