みなさん、こんにちは!トレーナーの松浦です。

最近は異常なほどの猛暑で、テレビでも連日熱中症に関するニュースが報道されていますが、小まめに水分と塩分補給するなど、しっかり対策をしてくださいね。

さて、チームは9月から始まる本格的なシーズンに向け、基礎体力向上のためウエイトトレーニングに力を入れています。フェニックスには小柄な選手が多いため、他チームの大柄な選手にあたり負けしない体作りが大事になってきます。

ということで、今回はウエイトトレーニングについて書きたいと思います。

ウエイトトレーニングとは、マシンや自重などを使い、体に負荷をかけて鍛えるトレーニングで、主に筋力アップやそれに伴う筋肉増量などを目的とするトレーニングの総称のことをいいます。
ウエイトトレーニングには身体能力の向上、筋力アップの効果があります。更に、基礎代謝も上がるため、太りにくく肥満になりにくい体を作ることができ、生活習慣病の予防や改善、シェイプアップなどの効果も期待できます。

また、トレーニング後は疲労した筋肉へ適切な栄養と休息を与えることがとても重要です。しっかりと栄養と休息を取ることで『超回復』を引き起こすことができ、これにより筋肉が強く大きくなっていきます。
現在フェニックスでは週3回のウエイトトレーニングと、選手によっては体を大きくするため1日5回の食事に取り組んでいます。一般の方は週2回程度のトレーニングと、バランスの良い食事だけでも十分に体の変化を感じることができると思います。

ウエイトトレーニングの様子

また、ウエイトトレーニングは目的によって重さや回数(セット数)が変化します。
筋持久力 → 12回以上を2セットから6セット
筋肥大 → 6回から12回を3セットから5セット
筋力(速筋) → 6回以下を2セットから3セット  など
フェニックスの選手は筋肉を大きくすることが目的なので、筋肥大の回数(セット数)を中心にウエイトトレーニングを行なっています。
一般の方がシェイプアップを目的に実施する場合は、筋持久力の回数(セット数)で行うのがいいかもしれませんね!

トレーニング中は選手を補助します

今回はウエイトトレーニングについて書きましたが、フェニックスは9月22日(土)に開幕する日本リーグに向け、日々ハードなトレーニングを行なっています。昨シーズンよりたくましくなった選手たちへ、応援をよろしくお願いします。

私もバックアップ頑張ります

次回の週刊フェニックスは、8月21日(火)に更新予定です。