みなさん、こんにちは。No.12 久保侑生です。

最近は、朝晩の冷え込みが激しくなってきましたね。体調を崩すことなく、元気に毎日を過ごしていきましょう!

さて、週刊フェニックスNo.470で平子選手が「スポーツの秋」について書いていましたが、今回は「読書の秋」についてお話ししたいと思います!

みなさんは普段、本を読みますか?
「なかなか、そんな時間をとれない……」という方もいるかもしれませんね。私も、学生時代は授業の空き時間を利用してよく本を読んでいましたが、最近はインターネットを利用する時間が増え、本を読む習慣が薄れていました。もう一度活字に触れ直そうと思い、読書する習慣をつけるため、まずは遠征の移動中に本を読む時間を作り始めました!

移動中は、本を読む選手、音楽を聴く選手、ドラマやハンドボールなどの動画を見ている選手、ずーっと雑談している選手、寝ているものの寝る時のベストな体勢がなかなか定まらない選手(笑)などなど、過ごし方は様々で個性が出ます。

最近読み始めた本は、私のプロフィールにも記載されていますが、大好きな東野圭吾さんの作品です。東野さんの作品は事件を解決していくストーリーが多く、「容疑者Xの献身」や「白夜行」など、映画化された有名な作品がたくさんあります。一度読み始めると続きが気になって、止めどころが分からない!なんてことも多々あります。笑 そして、最後にすべての内容がつながった時のスッキリ感や読み終えた達成感がものすごくたまらないです!

今読んでいる本です

個人的には、初めて東野さんの作品に出合った「魔球」が一番のオススメです!野球を題材にしたお話ですので、スポーツをしている方は内容が入ってきやすいかもしれませんね。ぜひ、一度手に取ってみてください!

みなさんもオススメの本があれば会場で教えてくださいね!

読書仲間の平子選手

最後になりますが、日本リーグも10試合が終わり、フェニックスは現在5位です。ここから中盤戦に入り、さらに厳しい試合が予想されますが、チーム一丸となって戦いますので、温かいご声援をよろしくお願いします。

順位表