皆さん、こんにちは。No.5の石橋です。

寒い冬も終わりに近づいてきましたね。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?まだまだ気温が下がることもありますので、暖かい日があっても気を抜かず、体調管理に気をつけていきましょう!

さて、私は最近、会社の昼休みに職場の方と一緒に日光浴を楽しんでいます。まだ風が少々冷たいですが、とても気持ちよく、毎日外に出ています。今回はそんな「日光」を浴びることで得られる効果についてご紹介したいと思います。

職場の方と日光浴

1.ビタミンDが作られて骨が丈夫に!

人間の体内では太陽の光を浴びることでビタミンDが生成されます。ビタミンDにはカルシウムの吸収率を高める作用があり、ビタミンDが不足している人は骨粗鬆症になりやすいと言われています。ビタミンDは食物から摂取することが難しいと言われていますが、体内での貯蓄が可能なため、たくさん太陽を浴びておくと身体が弱った時に病気から守ってくれるかもしれません。

2.朝の寝起きがすっきり!

人間が眠くなるのは「メラトニン」というホルモンの作用が影響しています。太陽の光を浴びることでメラトニンの量が一気に減少し、目に光が入ってから15時間ほど経たないとメラトニンは分泌されないという性質があります。
一方、人に穏やかな感情を与える「セロトニン」という神経伝達物質が太陽の光を浴びることによって分泌されます。太陽を浴びることはストレスや生活習慣を正すためにも必要なんですね。

3.病気のリスクが減る!

太陽光には赤外線や紫外線も含まれています。赤外線による内部から体温を温める効果や、紫外線による殺菌効果もあり、体温を上げたり、血圧を下げたりと病気になりにくい身体を維持する作用があります。さらには先ほど書いたビタミンDの効果により認知機能障害のリスクが半減されるというデータも出ており、記憶力の維持にも効果があるんですね。

このように、太陽の光を浴びることで良いことがたくさんあります。時に紫外線の浴び過ぎは皮膚や目への悪い影響もありますが、基本的には身体的にも精神的にも非常に良いことなのです。これから春に向かって暖かくなってきますが、皆さんも日光浴をしてみてはいかがでしょうか?きっと良い気分になれると思いますよ!私も太陽パワーで日々の仕事と練習を頑張っていきます!

最後になりますが、フェニックスは日本リーグ13勝1敗1分けでレギュラーシーズン1位が確定しました。残りのリーグ戦は1試合ですが、快勝で突き進み、その後のプレーオフで昨年度の雪辱を果たせるよう、チーム一丸で頑張っていきます!

同い年のメンバーで頑張ります

みなさんの温かいご声援をよろしくお願いします!

太陽パワー全開で頑張ります!
順位表