全国のみなさん、こんにちは!大同の福山雅治ことNo.4藤江恭輔です。
こんな私も気づけば27歳になり、大同に入社して5年目……。いやー、なんだかあっという間ですね!私ももうバリバリの中堅です。

今回の週刊フェニックスでは、タイトルにもある通り、6月に開催された誕生日会でフェニックスメンバーに祝っていただいたことを書きたいと思います。

今回は、予定が合わずに開催できなかった5月の誕生日会と、6月の誕生日会が合同で行われました。ちなみに5月生まれは、久保(侑)選手、久保(龍)選手、シヨル選手の3名。6月が、平子選手、石橋選手、友兼選手、私の4名です。

誕生日会の当日、主賓の久保(侑)選手とシヨル選手は代表の合宿で不在でしたが、それ以外の5名は名古屋駅近くのビアガーデンで盛大に祝っていただきました!

ハンドボールの話や仕事の話、プライベートの話などで盛り上がりを見せる中、田中選手の合図で恒例のプレゼントタイムに突入!千々波選手兼コーチの週刊フェニックス(No.477)でも紹介されていましたが、ボケに走る人やオシャレな物をくれる人など、今回も期待通り!?の個性あふれる素敵なプレゼントをたくさんいただきました!

田中選手からは……。福山さんに似てますか……?
オシャレボーイ杉本選手からはオシャレなネクタイ♪

今年も盛大に祝っていただき、大変思い出に残る誕生日会となりました。楽しすぎるので、何かしら毎週イベントを開催したいぐらいです。(言い過ぎました。笑)

ビアガーデンでの集合写真

ちなみに来月の誕生日会は、主賓なのに今回参加できなかった久保(侑)選手、シヨル選手、杉山選手、東江選手の4名となっております。

久保(侑)選手はあれで、シヨル選手はあっちかなー。いや、東江選手がこっちだな!杉山選手は……、くくくくっ。笑
今から何を買おうかワクワクしてきました!早く次の誕生日会したいなー!何かしら毎日イベントを開催したいぐらいです。(大変言い過ぎました。笑)

さて、ハンドボールでは9月22日に開幕する日本リーグに向けて、毎日ハードなトレーニングを行っています。これからどんどん暑くなってきますが、そんな暑さを吹き飛ばすくらいの気合とチームワークで乗り切りたいと思います!

頑張るぞ!

みなさん、こんにちは!ハンドボール界の杉谷拳士選手(プロ野球・日本ハム所属)を目指している、ぱちぱちぱっちこと杉山拓也です。

本日7月3日は、わたくし杉山拓也、27回目の誕生日でございます!
こんなめでたい日に週刊フェニックスを担当できて光栄です!!と同時に、筋肉痛が2日目にきたり、立ったり座ったりする際に「あ゛ぁぁ」と声が漏れてしまったりと、体の衰えを少しずつ感じてきたこともあり、もうそんな歳かと痛感しています……。
「昔はそんなことなかったのに……。」と自分の老いにショックを隠し切れないですが、まだまだ元気にハツラツでいきたいと思います!!

さて、話は変わりますが、週刊フェニックスをご愛読していただいているみなさんにご報告があります。
 
千々波選手兼コーチ(No.498)石橋選手(No.505)の記事でも紹介していただきましたが、わたくし杉山拓也は、以前よりお付き合いをさせていただいていた方と4月29日に結婚いたしました。

ということで、今回は、結婚式と新婚旅行の思い出話をしたいと思います。(惚気が出てしまったらすみません。笑)

4月29日(至福の日)に、みなさんに見守られながら結婚式を挙げました。ちなみに、一年前の同じ日には、“我らがキャップ”加藤選手も結婚式を挙げております。笑

木々に囲まれた広い芝生のある式場でのガーデンウエディングでしたが、私の奥さんは極度の雨女でして、よく屋外での挙式を選択したなと思っていました。しかし、その日は天候も祝福してくれたようで、晴天の下で式を挙げることができました。
 

結婚いたしました

そんな素晴らしい環境と祝福してくださるみなさんの前で、お義父さんからバトンを受け取った時は、「一生守り続け、幸せにするぞ」と、より一層強く思いました!誓いのキスのときは、勢い余って歯と歯がぶつかった「ほろ苦いファーストキス」の記憶がよみがえり、とても緊張しました。笑
その後は広い芝生の中で、ケーキ入刀や名古屋の結婚式の特徴でもある「菓子撒き」を行い、みなさんに大いに盛り上がっていただきました。
披露宴は、大同特殊鋼ハンドボール部部長のご祝辞と、大学時代の恩師である佐藤監督のスベリ知らず芸?である“アントニオ猪木”の乾杯で爆笑のスタートとなりました!
余興では、石橋選手の記事に掲載されていたようにフェニックスのみんなに「TTダンス」を披露してもらい、会場は爆笑の嵐でした。杉本選手から、式の一週間前に「毎晩寝る前に個人レッスンがあって、睡眠時間、削られてストレスですわー」と言われた時は、申し訳ない気持ちと同時に「え?それ新郎本人に言っちゃうの……?!ほ、ほ、本人に愚痴るなんて……。苦笑」と、複雑な心境でしたが、みんなの息の合ったダンスやフォーメーションは完璧でした!杉本選手もしっかり仕上げてくれていて有難かったです!また、「東江、半端ないってー(涙)」ってくらいキレキレなヤツが一人いましたよ。笑

完コピした「TTダンス」

披露宴もクライマックスになり、新婦から両親への感謝の手紙では会場が感動に包まれました。新郎の謝辞では、まさかの号泣というハプニングもありましたが、私たちらしい結婚式をみなさんに見届けてもらい、無事に終えることができました。

結婚式も終わり、一段落してからお休みをいただき、アメリカ(ラスベガス・ロサンゼルス)に新婚旅行に行ってきました!プライベートで海外に行くのは初めてだったので、とてもワクワク、ドキドキしていましたが、11時間強のフライトでお尻と腰が悲鳴をあげ、とてもしんどかったです。隣を見ると、奥さんは快適そうに過ごしているので、とても羨ましい限りでした。やっと着いたと思ったら、税関で私だけ足止めを食らうというまさかのハプニングもあり、移動だけでクタクタになってしまいました……。

ラスベガスでは、「ストリップ通り」と呼ばれる有名な大通りを歩き、ステーキを食べたり、イルミネーションやベラージオの噴水ショーを観たりして、眠らない街を堪能しました!また、「ホースシューベント、アンテロープキャニオン、グランドキャニオン」と3つの渓谷を一日でめぐる走行距離1,200kmの弾丸ツアーにも行ってきました。移動はきつかったですが、すべてが規格外で大自然に圧倒されました!日本では絶対に見ることのできない景色を見られて、とても満足でした!

また、人生初のスカイダイビングも体験しました。飛ぶ前までは絶対無理と思っていたのですが、そんなことを思う間もなく、セスナ機からインストラクターと一緒に強引に飛ばされました。落下直後は口を閉じることができないぐらいの風圧で、全く余裕がありませんでしたが、パラシュートが開いてからは目の前に広がる大自然やラスベガスを一望でき、めちゃくちゃ気持ちよかったです!

アクティブなラスベガスを満喫し、次はロサンゼルスに移動しました。

ロサンゼルスではフォトジェニックなポイントが多くある「メルローズアベニュー」に行き、写真をたくさん撮ったり、フリーマーケットで買い物をしたりしました。

さらに翌日は、世界一のローラーコースター設置数を誇る「シックス・フラッグス」という遊園地に行きました。ほとんどが絶叫系で、富士急ハイランドの進化版のようなところです。日本には無い絶叫マシンが多く、恐怖を感じましたが、そのクオリティに気分爽快でした。
 
最終日はメジャーリーグを観戦しにドジャー・スタジアムに行きました。さすが野球の本場アメリカだけあって、ホーム側の外野スタンドでは、ホットドックや飲み物、お菓子が食べ放題、飲み放題でした。残念ながら、日本人選手を見ることはできませんでしたが、ホームランやファインプレーが見られて大満足でした。何よりホットドックを食べながら試合観戦というのが最高でした!笑

ドジャー・スタジアム

そんな幸せな結婚式と新婚旅行でした!

これからは、一家の大黒柱として仕事もハンドボールも今まで以上に努力して頑張りたいと思います。

最後に、フェニックスは9月22日に開幕する日本リーグに向けて、厳しいトレーニングの真っ最中です。「今季のフェニックスは違うな!」と言っていただけるように頑張りますので、今季も応援のほど、よろしくお願いいたします。

グランドキャニオン、半端ないってー!

みなさん、こんにちは!明日(6月27日)が誕生日のNo.5石橋です。
梅雨で天気の悪い日が続き、なかなか気分が晴れないこの季節ですが、私は誕生日がある季節なので気分はハッピーです!みなさん、いつでもプレゼントをお待ちしております!笑

さて、No.498千々波選手の週刊フェニックスにもありましたが、私の同期である杉山選手が結婚しました。同期入団では2人目の結婚です。(藤江選手と2人取り残されました……。)
とても華やかで素敵な結婚式だったのですが、今回はそんな華やかな舞台の裏側に隠された結婚式のアナザーストーリーについてご紹介したいと思います。

華やかな舞台裏にどんなエピソードが!?と思う方も多いと思います。それは何か?

ズバリ!フェニックス名物『結婚式の余興』です!

フェニックスでは仲間の幸せを祝い、「少しでも盛り上がる結婚式にしよう!」という思いでチームメイトの結婚式で余興を実施します。私は入社してから、これまでに7回の結婚式で余興をやりましたが、どれも思い出深く、やり遂げた時の達成感はこの上なしです。
今回は、そんな苦楽を共にし、数々の結婚式で身体を張り続けてきた杉山選手の結婚式ということで、熱量もより一層強まりました。

では、どんな流れで余興が進んでいくかをご紹介していきます。

STEP1:メンバーと内容を決める
ほとんどのパターンは、結婚する方から「余興お願い!」とのオファーを受け、若手を中心にまずメンバーを決定します。そのメンバーで集まり、その時に旬なネタや人数的に可能な内容を一生懸命に吟味し、結婚式場の広さ等も確認をして決定します。どうやったら面白いか、楽しんでもらえるかなどを考えるこの時間が一番楽しいですし、一番重要な時間でもあります。過去には、はっぱ隊(OB東さんの結婚式)、とにかく明るい安村(池辺選手の結婚式)、サンシャイン池崎(加藤選手の結婚式)など色々なネタにトライしてきましたが、杉山選手の結婚式では、K-POPグループTWICEの「TTダンス」に挑戦しました!笑

とにかく明るい安村(池辺選手の結婚式)
サンシャイン池崎(加藤選手の結婚式)

STEP2:役割を決める
余興では、ダンスや芸人のネタなど色々な内容に挑戦しますが、基本的には個人で覚える動作やセリフなどの役割があります。ここでも誰がこんなことをしたら面白いかなど考えていきます。フェニックスには個性的なメンバーが揃っているので、誰がどのパートを担当するかによって反応が大きく変わります。今回は、チーム1“見た目がゴリゴリ”の伊藤選手をどこに配置するかで悩みましたが、結果は大盛況でした!笑

STEP3:ひたすら練習し、身体に染み込ませる
本番では、緊張から覚えていたことを忘れてしまう時があるので、練習はしっかりします。今回はダンスが難しく、フォーメーション等も複雑だったのでとても大変でした。練習後や休日などの空いた時間で練習するのですが、なかなか覚えられず心が折れかけていたメンバーもいました……。(杉本選手) ですが、そこは助け合いです!最初に覚えた人ができない人に教えたり、時には厳しく指導をしたりと、まさにチームワークの見せどころです!何とか最終的には全員ができるようになり、完璧な仕上がりで本番に臨みました。

STEP4:いざ、本番!
厳しい練習を重ね、自信満々になったところで遂に本番です。ここでは、緊張もありますが、楽しみの方が大きく、心なしかみんな動きもダイナミックになったりキレが増したりします。そして余興が終わったころには、新郎新婦の喜ぶ姿や、会場の盛り上がりを感じ、“やりきった”という達成感で満ち溢れる最高の瞬間なのです。今回も新郎新婦は大喜びで、会場の雰囲気も最高でした。何より、いつも“楽しませる側”であった杉山選手を“楽しませる”ことができてとても嬉しかったです。

余興は大成功!瀧澤選手の女装が好評価でした!

このように、フェニックスメンバーの結婚式の裏側には毎回アナザーストーリーがあります。これからもチームワークを発揮し、みんなで頑張っていきたいと思います。(友兼選手、そろそろ世代交代かな……?笑)

最後になりますが、ハンドボールでは9月に開幕する日本リーグに向けて日々練習に励んでいます。王座奪還を目標に、今季もチームワークを発揮して頑張っていきますので、フェニックスの応援をよろしくお願いします。

応援よろしくお願いします!