こんにちは。
今シーズンからルール改正により試合中のベンチと観客席との通信が可能になり、ヘッドホンとタブレット、PCを使ってベンチ外でも熱戦を繰り広げている、アナリストの小林です。

それでは、私も自分の生い立ちについて書かせていただきます!

1995年6月2日に生まれた私は、小さい頃から親の都合で何度も引越しを繰り返していました。
茨城県水戸市で生まれてから幼稚園に入るまでに北海道室蘭市、苫小牧市、札幌市と道内を転々としました。
幼い頃の私は、良く言えば人懐っこく、悪く言えばませている子供でした。祖父母の家に遊びに行って行方不明になったかと思えば、近所の農協でお茶とお菓子をご馳走になりながら、職員の方達とおしゃべりしていた思い出があります。
幼稚園児らしくない私でも、年相応に車がとても好きでトミカをたくさん集め、コレクションにしていました。しかし、ホイールの形であったり、内装や細部を作ったり、見たりするのが好きだった記憶があるので、やはり幼稚園児らしくはないですね……。

幼少期の小林

小学生になってからは、今の職に生きる原点ともいえるものに打ち込んでいました。
それは「将棋」です!
のちにアナリストを始めて、ハンドボールやさまざまな球技を学んでいくうちにボールゲームをチェスや将棋に例えるという考え方に触れた時、その経験と結びついて、分析や戦術を考えることが上手くいくようになっていきました。

ハンドボールは小学4年生の時に、筑波学園ハンドボールクラブという茨城県つくば市にあるチームで始めることになります。
「仲の良かった友達がやっていたから」というありきたりな理由で始めますが、最初はまったく上達せず、練習するのが辛かったことをよく憶えています。見かねたコーチが私をゴールキーパーにしてみたらチームで一番うまかったという縁から、やっとハンドボールの楽しさにのめり込むことができました。このクラブは筑波大学の学生がコーチを務めており、現フェニックスの久保侑生選手もコーチを務めていました。しかし、私が小学校を卒業する直前のことでしたので、久保選手からキーパーの極意は教われずに終わってしまいました。

高校3年時のインターハイ表彰(オレンジユニホームが本人・右端は現フェニックスの友兼選手)

中学校に進学してからは週に1回だった練習が週6回になり、練習をたくさん重ねるごとに上手くなっていく感覚を楽しんでいました。それなりにプレーも上手くなり、もっと強いチームに入って成長したいと思い、藤代紫水高校に進学することになりました。私の親は、最初は反対していましたが、不安を抱えながらも後押ししてくれました。
試合ではベンチスタートばかりでしたが、試合中のわずかな手がかりからどんなプレーをすれば良いかスピード感を持って考える経験が、今も私の中で活きています。
また、高校時代はハンドボール漬けの毎日とはいかず、勉強漬けの毎日でもありました。その甲斐あって早稲田大学に進学することができました。しかし、高校できちんと試合に出られていなかった私にとって、実力に見合っていない場所でプレーをすることになってしまったため、身体を作って差を埋めようとしたところ、焦って無理が重なり腰のケガをしてしまいました。
治療しながら中途半端なプレーをするぐらいなら選手を辞めて、以前から夢見ていた指導者としての道を歩みたいと思った私は、親や祖父母に支援をお願いしてクロアチアにコーチ留学しました。留学していた当時の話は、以前記事にさせていただいたのでお時間がある方はご一読ください!

留学以前から、高校時代の恩師 滝川一徳先生からアナリストの道を歩むことを勧められていた私は、早稲田大学に復学してからも藤代紫水高校でアナリストを続けてさまざまな経験をさせていただきました。

また、同時期に早稲田大学の女子ハンドボール部のコーチとしても活動していました。当時は自分ばかり苦労しているように思っていましたが、未熟な私に振り回されていた選手たちはもっと苦労していたのではないかと思います。私が大同特殊鋼フェニックスの一員としてタイトルを獲得し、あの頃の苦労が少しでも報われたと彼女たちが思ってくれればと願うばかりです。

早稲田大学のコーチ1年目の時の4年生(私の同期でもあります。)

お世話になった方々に恩返しできるように努めたいと思いますが、それと同じくらい私も誰かの夢や目標を応援し、好奇心をくすぐるような体験をしてもらうお手伝いを努められたらと思います。

最後になりますが、今シーズンは会場での観戦に制限がかかっているため、JHLTVを通して応援をしていただく方が多くいらっしゃると思います。
画面越しでも団結したフェニックスの雰囲気が伝わるような試合ができるよう、選手のサポートに尽力しますので、どうか応援よろしくお願いします!

みなさんこんにちは!No.21の小澤基です。
早速ですが、今回は私の24年間を簡単に紹介したいと思います!

8月の暑い日に小澤家の次男として生まれました。
3つ離れた兄がいるのですが、当時両親は女の子が欲しかったみたいで、小さい頃はよく母のおもちゃにされていたと聞いています。

それに対する反発もあって?幼少期はやんちゃ坊主だったそうです。
ソファーの上で飛び跳ね転び、手に持っていたボールペンで顔を血だらけにしたり、ごはんを1口食べたら走り回り、口の中が空っぽになると席に戻って来たりなど、私自身が驚くような話がたくさん出てきます。

母のおもちゃ

そんな私は、幼稚園の頃から負けず嫌いだったそうです。記憶にはないですが、親子対抗リレーで逆転された父に泣いて怒ったそうです。

そんな性格も相まってか、ハンドボールは、兄が小学校に作られたクラブにたまたま入部したことをきっかけに、追いかけるようにして始めました。小学校、中学校では大きな大会には縁がなかったのですが、地元でハンドボールを楽しんでいました。

ちなみに、息子には野球をやらせたかった父が、兄弟そろってハンドボールを始めてしまい落ち込んでいたのを知ったのは、大学に入ってからでした。笑
小さい頃、新聞紙でバットを作り家の中で野球をするなど、父がやる気満々だった記憶があります。

小学生(前列のカメラ目線の子)

中学3年生の時、みんなで楽しくハンドボールをしていた所属チームから、私1人だけJOC選抜に選ばれ、初めて全国大会を経験しました。その年のJOC大会で圧倒的に優勝した沖縄、名門校があつまる茨城と、最悪の予選リーグで2試合とも大敗しました。初めて出場した全国大会で、レベルの違いに自分とは違う競技をしているのでは?と錯覚したのを鮮明に記憶しています。

高校はJOCメンバーと同じ学校を選び、初めて勝つためにハンドボールを頑張りました。
その甲斐あってか、約2年間北海道内では無敗、高校3年生の頃U-19に呼ばれ、JOCの時に目にした猛者たちと同じチームでハンドボールをしました。

ここで康本選手と初めて同じチームになりましたが、当時から世代を代表していた康本選手に対し、北海道のド田舎からきた私は、恐れ多くあまり話せませんでした。
今はとても仲良しですよ!笑

高校生(右から2番目。3番目は康本選手)

その後、大学はいろいろな縁があり、日本大学に進学しました。日本大学での生活は想像を絶するもので……(ここでは語れませんが(小声))、しかし、仲の良い同期と、たまにやさしい先輩方に支えられてハンドボール、人間性共に大きく成長させていただくことができました。この4年間のおかげで、今の私がいる……と信じたいものです。笑

大学卒業後は、教員になって北海道のハンドボールに恩返しをするか、日本リーグで続けるか悩みましたが、小さい頃よく父に言われていた「結果は後からついてくるもの。とりあえず頑張れ」という言葉を思い出し、日本リーグで続けよう!と決心してフェニックスにお世話になることに決めました。
私も将来は子供の決断を支えられる父親になりたいです。

振り返ってみると、ハンドボールしかしていない人生です。
しかし、幸せな事ですね。好きなことを好きなだけやらせてくれた両親に感謝しています!

最後になりますが、日本リーグが開幕しました。
各カテゴリーで大会が中止になる中で、たくさんの方の協力によって開幕できたことに感謝しています。また、大会が中止になった学生の分まで全力でリーグ戦に臨みたいと思います。
今シーズンも応援よろしくお願いいたします!

皆さん、こんにちは。
No.23 痛快、爽快、佐藤快です。

コロナウイルスの影響により、直近では全日本大学選手権(インカレ)も中止となり学生の皆様はとても寂しく、悔しい思いをされていると思います。ですが、決して今までやってきたことが無駄だったなんて思わないでください。
今まで培ってきた物は、みなさんの財産です。これからも共に戦ってきた仲間や恩師との出会いを大切に、心身ともに学んできたことを忘れず、未来に向かって頑張りましょう!

では、私の生い立ちについて書きたいと思います。

私は1996年11月13日に生まれました。
なんと、俳優の木村拓哉さんと同じ誕生日です!!笑

小さい頃はウルトラマンが大好きで、負けん気も強い上に短気だったので、友達と喧嘩をしてよく母に叱られていたそうです。母は、息子があまりにも短気なので優しい気持ちを分かってほしいとハイジを観させていたそうです。笑
その甲斐あってか今は少しマシになった気がします。笑

2歳のやんちゃな佐藤

小学生では習い事でハンドボールとサッカーをしていて、ハンドボールは東海ハンドボールスクールに所属していました。挨拶や礼儀など、人として大切なことをたくさん学ばせていただきました。

中学生でもハンドボールとサッカーをしようと思っていたのですが、中学に上がる前に名古屋グランパスの試験を受けてみたところ…なんと合格していました!しかも、ゴールキーパーです。
チーム名をもう一度言います。名古屋グランパスです!!笑
なぜ受かったのか正直わかりませんでしたが、その時 私は確信しました。僕はもってると。笑

中学校の3年間はサッカーに専念しました。チームに入れたことは良かったですが、シュートも早くてみんな上手で、本当についていくのが大変でした。ゴールキックもコートの4分の1しか飛ばなかったので、チームメイトにはたくさん迷惑をかけたのを思い出します。
ですが、中学2年生の頃には、全国2位になることが出来たので悔しさもありましたが、僕でもここまでこれるのかと感動しました。(DFが上手すぎてシュートがほとんど飛んできませんでした笑)スペイン遠征でビジャレアルと戦うなど、良い環境で強い仲間と勝負の世界の厳しさと楽しさを実感できました。
当時のチームメイトには現役Jリーガーもいます!

でも、高校のカテゴリーに上がるとき「どうしてもハンドボールがやりたいです」と気持ちを伝え、コーチと何度も面談を重ねたのち、頑張れと送り出してくれました。ここで僕はサッカーをやめ、ハンドボールの道を選びました。

名古屋グランパス時代(2列目1番左)

高校は縁があって長崎県の瓊浦高校に進学しました。そこで、恩師である末岡先生(大同特殊鋼OB)からハンドボールを学びました。最初は3年のブランクもあり、ついていくのがやっとでした。でも、末岡先生は将来を見据え個人に合わせた指導をしてくださるので、DFや1対1など、自分にできることをたくさん増やしていただきました。
また、長崎の地元国体に出場できたことも貴重な経験となりました。

高校時代

大学は父が監督をやっている大同大学に進学しました。実は、日体大にも行きたかったので、康本選手と同じチームで小澤選手とは関東リーグで戦っていたかもしれませんね。笑
それも絶対楽しかったと思いますが、私は大同大学を選んで本当に良かったと思っています。
怪我でプレーをすることがあまり多くはなかったですが、裏方の大切さや応援する側の気持ちなど、チームスポーツの中で最も大切な部分をとても勉強できたからです。また、4年生の春リーグでは、私がキャプテンとして監督である父を胴上げできたことがこれまでの人生で1番幸せな時間でした。

色々な方が支えてくださったからこそ、私は今、憧れの大同特殊鋼でハンドボールができています。今ある幸せを当たり前と思わず、今後も一生懸命頑張りたいと思います。

今シーズンも応援をよろしくお願い致します!

順位表
レプリカユニフォーム販売中