皆さん、こんにちは。No.19伊藤です。

最近は暖かくて過ごしやすくなってきましたが、花粉症の方にとっては辛いシーズンが訪れました。規則正しい生活や花粉対策を心がけて、花粉シーズンを乗り越えましょう。

まず始めに、3月18日(土)から19日(日)にかけて、第41回日本ハンドボールリーグ・プレーオフが駒沢体育館(東京)で開催されました。「王座奪還」を目標に掲げ、精一杯プレーしましたが、決勝で大崎電気に敗れてしまい、準優勝という結果に終わりました。非常に残念な結果となってしまいましたが、会場には多くの方々が応援に駆けつけてくださり、素晴らしい環境の中でプレーすることができました。今シーズンも温かいご声援、本当にありがとうございました。

さて、今回の週刊フェニックスでは、2016年度のシーズンを振り返りたいと思います。

今シーズンを振り返ると、2016年度最初の公式戦であった国民体育大会の愛知県予選が印象に残っています。本大会への出場権をかけた豊田合成戦、トヨタ車体戦において、韓国人選手で出場権のないNo.22パク選手と、日本代表の活動でNo.6加藤選手、No.20東江選手が不在にしていたため、試合に出場するチャンスが私に巡ってきました。
このような経験は入社以来初めてで、試合に出場する中での手応えや課題を多く感じることができ、貴重な実戦経験を積むことができました。

しかし、その後、社会人選手権に向けて練習を積んでいる中で、「アキレス腱断裂」という大きな怪我をしてしまいました。この怪我でチームや会社に大きな迷惑を掛けてしまい、今シーズンは納得のいくシーズンを送ることができませんでした。

現在は怪我も順調に回復しており、来シーズンこそは、これまで以上に身体のケアやトレーニングを徹底して、No.22パク選手やNo.6加藤選手とともに試合に出場してチームの勝利に貢献したいと思っています。

身体のケアを徹底します!

今シーズンはチームとしても無冠に終わり、とても悔しい思いをしましたが、近年の課題であった日本リーグのレギュラーシーズンを、14勝1敗1分けという安定した成績で1位で通過できたことは大きな成果だと思います。来シーズンはさらに強いフェニックスをお見せできるよう頑張りたいと思いますので、今後もフェニックスの応援をよろしくお願いします。

応援よろしくお願いします!

皆さん、こんにちは!No.4の藤江です。

寒い季節も終わりに近づき、少しずつ暖かくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、体調管理を徹底して元気に過ごしましょう。

さて、今回の週刊フェニックスでは、プレーオフを目前に控えた選手たち、その中でも優勝に大きく貢献してくれるであろう有力選手をピックアップして突撃インタビューを実施します。選手たちに熱い思いを語ってもらいましょう!

まずはプレーオフといえばこの方、過去2度MVPを獲得し、甘いマスクで数多くのファンを魅了するイケメンゴールキーパー!Everybody put your hands up!No.12久保(侑)選手。

藤江「どうして、そんなに甘いんですか?」
久保「遺伝」
藤江「今回もたくさんの久保ファンが会場に駆け付けてくれると思いますが、ファンの人たちへ一言お願いします!」
久保「王座奪還に向け、全力でプレーします。観客の皆さんに感動を与えられるようなプレーをしますので、応援よろしくお願いします!」

2人目は、入社1年目にしてリーグ最優秀選手賞、得点王、ベストセブンの3つの個人タイトルを獲得した驚異のスーパールーキー、No.20東江選手。

藤江「プレーオフへの意気込みをお願いします!」
東江「僕と藤江さんの名コンビで会場を沸かせて、全力で楽しみます!」
藤江「初戦は兄弟対決ですが、どうですか?」
東江「ずっと兄の背中を見てきたので、その兄を超えてやります!」
藤江「マジメか!」

3人目は昨年度のリーグファン投票で見事1位を獲得した、広い視野と卓越したテクニックで相手の意表を突く、No.11平子選手。

藤江「ファン投票1位の秘訣はなんだったのでしょうか?」
平子「日頃の行いがつながったと思います」
藤江「プレーオフでは、どんなプレーを心掛けますか?」
平子「いつも通り気持ちを前面に出して、自分の役割を全うして、チームの勝利に貢献します!」

最後はこの人。最後のプレーオフに懸ける思いは人一倍、スーパーフェイントで相手を切り裂く、暴飲暴食をいかに抑えられるかが活躍のキーポイント、No.18下村選手。

藤江「暴飲暴食、抑えられそうですか?」
下村「はい」
藤江「ありがとうございました」

以上で藤江の突撃インタビューを終わります。

インタビューに協力してくれたメンバーで!

皆さん、いかがでしたか。今回のプレーオフはこの5人の選手たちを筆頭に、フェニックスが駒沢で大暴れします!

歓喜の瞬間を分かち合いましょう!

ぜひ会場に足を運んでいただき、私たちと一緒に歓喜の瞬間を分かち合いましょう!

「王者奪還」私が引き受けます!

皆さん、こんにちは。No.2杉山です。

インフルエンザの流行シーズンは終わりかけていますが、みなさん体調はいかがでしょうか?最近は、徐々に暖かくなってきたと思えば、急に冷え込むなど寒暖の差が激しいので、体調管理には十分に注意していきましょう。

フェニックスの選手は年間を通して練習や試合がありますので、体調を崩してチームに迷惑をかける訳にはいきません。また、体調が優れないからといって安易に市販薬を飲んでしまうとドーピングの恐れがあるため、なかなか薬を飲めません。なので、私たちは常に風邪をひかないように、体調を崩さないように心掛けています。

ということで、今回の週刊フェニックスでは私が実践している『体調管理・健康法』を皆さんに2点ご紹介したいと思います。今回ご紹介する内容は基本的なことですが、なかなか実施できていない部分もあると思うので参考にしていただければと思います。

1.早寝早起き+朝食

昔から「早起きは三文の徳」といいますよね。まさにその通りだと思います。私も朝は強くない方で、学生時代は朝起きてからバタバタで学校に行っていました。しかし、社会人になり早起きを心掛けるようになってからは、時間に余裕があるため、朝食をゆっくり食べてから出社しています。すると仕事中の集中力が全然違います。仕事もどんどん片付いちゃいます。また、睡眠時も就寝時間の30分前には寝る態勢を作り、ストレッチをして1日の筋肉の緊張をほぐしてから寝ると寝付きもよくなりますよ。

2.小まめな水分補給

フェニックスでは練習の前後に体重を測定し、体重の変化を見て練習時の水分摂取量が適切であるかどうかを確認しています。この影響で、私は運動時に限らず普段から小まめな水分補給を意識するようになりました。私たちの体の60%は水分でできているため、水分補給は非常に重要です。健康維持のために必要な水分量は1日およそ1.2リットルと言われています。体内の水分は普段の生活でも汗や尿などから排出されており、「のどが渇いたな」と思った時は、すでに身体が脱水症状になっています。また、水を飲むことで風邪の予防、むくみ解消、脳の活性化といった効果が得られます。しかし、一度にたくさんの水を飲みすぎると体の負担になりますので気を付けてくださいね。

小まめな水分補給を心がけましょう!

これらのことを意識しながら、皆さんも体調管理に気を付けて毎日元気に生活していきましょう。

最後に、フェニックスは7シーズンぶりにリーグ首位通過でプレーオフに挑みます。必ずプレーオフで優勝するために、残りの期間でさらに強化を図り、チームワークを高めます。これからも変わらぬご声援をよろしくお願いします。

会場を黄色一色に染めましょう!