みなさん、はじめまして。
今年度から大同特殊鋼フェニックスの一員となりました。No.23の痛快、爽快、”佐藤 快”です!くれぐれも「阿藤快」と覚えないでくださいね!(笑)

さて、今回、初めての週刊フェニックスということで、まず自己紹介から始めさせていただきます。

私は東京都で生まれ、愛知県で育ちました!
加藤選手、杉山選手、杉本選手、原田選手に続く、5人目の愛知県出身選手です。

私がハンドボールを始めたキッカケは、父がフェニックスのOBということもあり、ハンドボールが身近にある環境で育ったので、自然と始めていました。小学生の頃は東海ハンドボールスクールに所属しており、フェニックスファミリーの一員として過ごしてきました。そこから長崎の瓊浦高校を経て、大同大学を卒業し、フェニックスに入団しました。
杉山選手と原田選手は東海ハンドボールスクール時代からの憧れの先輩方です!当時は、杉山選手が6年生、原田選手が3年生、私が1年生で、お二人にはとても可愛がってもらった記憶が残っています。ちなみに、杉山選手と私は、全く同じ球歴です。
杉山選手、原田選手をはじめ、憧れの方々と同じチームの一員として戦うことができて、とても嬉しいです!

杉山選手、原田選手と!

先日行われた社会人選手権で、フェニックスは3位で大会を終えましたが、私はコートに立つことはできませんでした。1日でも早く試合で活躍するために、今私は身体作りをがんばっています!フェニックスのブラザー制度(先輩が指導役として付く)で、私のお兄さんとして、とてもお世話になっている加藤選手に食事のイロハから叩き込まれ、毎日毎日たくさん食べています……(笑)そのお陰で、日に日に体重を増やすことができています。1年後には加藤選手のような身体になっているかもしれませんね!(笑)
お兄さんである加藤選手との日常は、また週刊フェニックスのどこかでご紹介させていただきます。

がんばります!

 
体力面だけでなく、技術面、メンタル面など、課題は多くあるので、同期の2人に負けないよう、どんな時でも笑顔を絶やさず頑張ります!応援よろしくお願いします!

同期に負けないようにがんばります!

みなさん、初めまして。
最近、何かと話題だった「平成最後」の新入社員、No.21小澤基です!

「令和」最初の今回は、初めて週刊フェニックスを書かせていただく、私「小澤 基」が自己紹介をさせていただきます。「基」と書いて「もとき」と読みますので、みなさんよろしくお願いします!

私の出身地は北海道函館市です!
球歴は、かやげハンドボールクラブ→本通中学校→函館大学付属有斗高等学校→日本大学→大同特殊鋼フェニックスと今年で14年目になりました。
ハンドボールを始めたキッカケは、3つ上の兄の練習見学に行っていたら、知らぬ間に始めていました(笑)
そこからハンドボールの楽しさにハマったのか、他にやりたい事がみつからなかったのか……、気がついたら今も続けています。
しかし、父は野球をやらせたかったようで、ハンドボールを始める前は家の中でも野球の練習をしていました。ところが、気がついたら息子2人がハンドボールをやっていて凄くショックを受けたという話を大きくなってから聞きました(笑)ごめんなさい(笑)

また、私には、とても特徴的なところが1つあります。

それは「左目のまつ毛です!」

「左目のまつ毛が特徴?」と思った方がいらっしゃると思いますが、そんな方はぜひ試合を観にきてください。試合会場で声をかけていただいたら、その答えをお見せします(笑)
どんな特徴なのか今は秘密にしておきますが、試合に来ることができない方のために、今後の週刊フェニックスのどこかでも紹介させていただきたいと思っています。

話は変わりますが、週刊フェニックスを読んでいるみなさんには、ぜひ私の故郷である北海道函館市を訪れていただきたいです!
函館市は「100万ドルの夜景」で有名な函館山をはじめ、「新撰組最期の地」といわれている五稜郭などなどたくさんの素晴らしい観光スポットがあります。
しかし!!そんな素晴らしい観光スポットよりもオススメなものがあります!
それはハセガワストアの「やきとり弁当」やラッキーピエロの「チャイニーズチキンバーガー」といった函館の名物フードです!個人的には夜景などの観光スポットよりも、これらの名物フードをぜひ食べていただきたいです!(笑)

いろいろと書きましたが、今回は私の名前「小澤 基(おざわ もとき)」と函館の名物フードを覚えていただければ幸いです!

地元のオススメです!
同期にも大好評でした!!

いよいよ明日、5月8日から今シーズン最初の大会である全日本社会人選手権が開幕します。チーム一丸となって優勝を目指しますので、応援よろしくお願いします!

頑張ります!応援よろしくお願いします!

今年度から大同特殊鋼フェニックスの一員となった、新人のNo22康本侃司(やすもと かんじ)です。
今回が初めての週刊フェニックスということで、まずは私の自己紹介をさせていただきます。

私の出身地は千葉県です。
そうです!あの国民的テーマパーク、「東京ディズニーランド」があるところです!
名前には「東京」とついていますが千葉県にあるんです!(重要なことなのでいっておきます笑)
その他にも東京ドイツ村、幕張メッセなど、千葉県には数多くの観光スポットがあります。
千葉県をかたどったマスコットキャラクターの「チーバくん」を知っていますか?(それなりに知名度はあると思っているのですが笑)
私は「チーバくん」の鼻のあたりにある柏市に住んでいました。

趣味は映画やアニメを観ることで、暇さえあれば、それらを観ている気がします……笑
いろいろな作品を観てきましたが、「これだけは観られない!」というものがあります。それはバッドエンドで終わる作品と、エイリアンなどが出てくる作品です。
バッドエンドで終わる作品は、観終わった後、誰も良い気分にならないのに、なんで存在するんだろう……とすら思います笑
エイリアン系は素直に苦手なだけです…笑
みなさん、何か良い映画やアニメがあれば、ぜひ教えてください!

私がハンドボールを初めたキッカケは、ハンドボールをしていた父に小学6年生の時に、たまたまついていったところ、私と同い年くらいの子たちが華麗なジャンプシュートでゴールを決めているところをみて、「自分もカッコ良くゴールを決めたい!」と思い、すぐチームに加入することを決めました!
そんな私の球歴は、グリーンリトルキッズ→松葉中学校→藤代紫水高校→日本体育大学で、どのカテゴリーでも高いレベルのハンドボールを学ぶことができたおかげで、この度、大同特殊鋼フェニックスの一員となることができました!

同期3人で頑張ります!!

私は、これまでにハンドボールで日本一になった経験が一度だけあるのですが、その時に仲間と分かち合った感動や達成感は最高のひと時でした。
その時に味わった日本一の感動をもう一度味わいたいと思い、日本一を目指すフェニックスへの入団を決意しました。
フェニックスには高校時代の恩師である滝川先生のもとでハンドボールを学んだ地引監督や池辺選手、また私と同じ日本体育大学出身の平子選手、藤江選手、石橋選手、杉本選手、友兼選手が所属しているので、これからはそういった先輩方とも一緒にプレーできるということに、とても感激しています!

私のポジションはレフトバックで、ディフェンスでは真ん中を守っていました。
これまでは、自分の体の大きさを武器に、力負けしないシュートやディフェンスを得意としてきましたが、実業団ではまだまだフィジカルやフットワーク力が足りないので、今後は自分の課題を明確にして、それらを克服できるようにしていきたいです。
これから多くの試合に出て、活躍をしてみなさんに顔と名前を覚えてもらえるように頑張りますので応援をよろしくお願いします。

応援よろしくお願いします!

なお、当社は4月27日(土)から5月6日(月・祝)までゴールデンウィーク休業のため、次回の更新は5月7日(火)を予定しています。

順位表