皆さん、こんにちは。入社3年目のNo.24 杉本です。

最近は暑さが本格化してきましたので、熱中症には十分に注意していきましょう。

さて、今回の週刊フェニックスは7月5日に仕事の関係で出席した「愛知産業安全衛生大会」について書きたいと思います。

愛知産業安全衛生大会は、7月1日から7日までの「全国安全週間」に開催される行事で、講演や安全衛生活動の事例発表、保護具や関係図書の展示などがありました。私は安全健康推進部という安全衛生に携わる部署に所属していることから、職場の方々と一緒に出席してきました。ちなみに、フェニックスメンバーの中にも安全に携わる職場で働いている選手がいて、同じ職場のNo.4藤江選手や知多工場安全推進チームに配属されているNo.5 石橋選手、No.25吉田選手も参加しました!

出席してきました

当日は、安全衛生に関する内容に加え、なんと元中日ドラゴンズの山本昌氏による特別講演がありました!私は中日ドラゴンズファンなので、生の山本昌氏を見ることができ、とても光栄であったとともに、社会人としても実業団選手としても有益な情報を得ることができ、貴重な経験になりました。(一緒に写真を撮りたかったです……。)

そんな山本昌氏の特別講演の内容は、現役時代の話から引退後にコメンテーターとして日本ハムの大谷翔平選手にインタビューした話など、興味深い話が多くありましたが、その中でも32年間の現役生活を引退した時の感情について触れた部分が一番印象に残っています。

山本昌氏は日本プロ野球史上最年長である50歳まで現役選手として活躍され、チームとしては“優勝”、個人タイトルは投手として最も名誉ある“沢村賞”を受賞、引退会見では「自分は世界一幸せなプロ野球選手です」とコメントされました。しかし、そんな世界一幸せなプロ野球選手だと心から感じたご自身にも、現役時代の結果には多くの悔いが残っていることに気付いたそうです。そして、引退時に感じたこの思いによって「モチベーションは存在がなくなるまで保つべきである」と痛感されたそうです。現役選手として引退するまで……、企業人として定年退職するまで……、自分の趣味ができなくなるまで……、何に対してのモチベーションでも構わないので、モチベーションは保ち続けるべきであるとお話しされていました。

また、そんな山本昌氏が今になって現役時代を振り返ると、いくつもの転機や成長するきっかけとなる場面があったといいます。しかし、その転機は後から振り返った時に“あの場面が転機だった”と気付くものであり、「その転機を逃さぬように日頃から常に準備をしておくことが大切である」という言葉も印象に残りました。

これらの話を胸に刻み、モチベーションが上がらない状況でも自分を奮い立たせ、ハンドボールでも仕事においても訪れる転機をモノにできるように、日頃から準備していきたいと強く感じました。

以上、私の読書感想文のような記事を終えますが(真面目すぎて内容が入ってこないですね……)、みなさんも、もしこのような場面に遭遇した時は「杉本が、そんなこと言ってたな」と覚えておいていただけたら嬉しいです。笑

とても参考になりました!

最後になりますが、フェニックスは8月26日に控えたリーグ開幕に向けてハードなトレーニングに励んでいます。リーグ戦では昨シーズンよりも一段階レベルアップしたプレーをお見せしますので、フェニックスの応援をよろしくお願いします!

安全第一で頑張ります!

皆さん、こんにちは!愛知の暑さに耐えるので必死な、沖縄県出身のNo.20東江です。

今回の週刊フェニックスは、「新入部員加入?!」「7月といえば!!」の2テーマでお送りしたいと思います。

まず始めに、7月3日(月)に新入部員が1人加わりました。その方は……陸奥部屋の霧嵐(きりあらし)関です!身長は大きい方ではないですが、130キロという身体を活かして、右サイドで活躍してもらいたいと思います!

という冗談はさておき……

7月9日(日)から開催中の名古屋場所の前に、実業団の練習を見学したいということでご連絡をいただき、体育館に来てくださいました。

「なぜハンドボールの練習の見学に?」と思う方もいるでしょうが、なんと霧嵐関は茨城県の出身で中学校3年間はハンドボールをされていたそうで、同じ茨城県出身の池辺選手と中学校時代に対戦したことがあるとかないとか……。今でも久しぶりにハンドボールがしたくなり、クラブチームでゴールキーパーをしているそうです!個人的には、130キロの身体を活かしてポストでプレーしているのを見てみたいですが……。

力士とお話しをする機会もなかなかないので、すごく刺激を受けた1日になりました!霧嵐関(&加藤さん)、名古屋場所頑張ってください!

霧嵐関と!

このようにハンドボールを通じて様々な方に出会え、ハンドボールを見に来てもらえることをすごく嬉しく思います。皆さんも「練習見学に来たい!」という方がいましたら、ご連絡をお待ちしております!また試合情報など、フェニックスのホームページに今後の予定が掲載されていますので、ぜひチェックしてください!

さて、続いてのテーマ「7月といえば!!」ですが、日頃から応援してくださっているファンの皆さん!当然ご存じですよね!?

それでは、パソコン、スマホの前の皆さん、せーのでいきましょう!

せーの!

……!

……言えましたか?(笑)

ご存知の方ばかりだと思いますが……。

7月6日は、僕の生誕24周年の日です!

知らなかった皆さん、これを機に僕の誕生日を覚えてくれたら嬉しいです!誕生日プレゼントは年中受け付けていますので、沢山のプレゼントをお待ちしております。(笑)

フェニックスでは月に1度「誕生会」を開催しており、6月30日の練習後、まだ7月にはなっていませんでしたが、皆さんに少し早めの7月度の誕生会を開催していただきました。(笑)ちなみに、No.2 杉山選手(7月3日)も一緒です!

誕生会なので、もちろんプレゼントの贈呈があります!しかも部員の皆さん一人ひとりから!悩みに悩んで買ってきてくださった方もいれば、笑いに走った選手もいました。なかでもキャプテン千々波選手からいただいた、「トラのマスク」のような部屋飾りには非常にびっくりしました!また、新人の瀧澤選手からは梅雨ということで、ビニール傘を貰ったのですが、なんか、なんか寒かったです……。梅雨のせいでしょうか……。(笑)

チームの皆さんからいただきました!

練習ではお互い全力でぶつかり合い、常に本気で取り組んでいるからこそ、時には言い合ってしまうこともありますが、こうしたイベントを開催することによってチームメイトとのコミュニケーションの場が増え、フェニックス一番の強みである「チームワーク」が深まっていくのではないかなと思います!

皆さん、祝っていただきありがとさーーーー!!!

素敵な誕生会でした!

最後に、フェニックスは8月26日に開幕する日本リーグに向けて、技術、体力、精神力向上のため、練習に励んでいます。今年から各チームと3回ずつ対戦することになり、試合数は昨年までの16試合から24試合に増えました。ちなみにフェニックスは8月27日(日)に沖縄県で開幕戦を迎えます!

僕自身もさらにプレーの幅を広げ、相手にとって的を絞りにくい選手になるため、シュートやパスなど新しいことにもチャレンジしています。シュートやパスのバリエーションを増やすには、“たくさんの動画を見て研究し、それを練習でトライしていくこと”だと思います。僕は小さい頃からこれを積み重ねてきた結果、今の自分があると思っています。時には上手くいかないこともありますが、ハンドボールが楽しいという気持ちと、プレーに遊び心を持つ気持ちを常に忘れずに練習することが上達する秘訣の1つだと思います。

もちろん、ウエイトトレーニングも継続して行い、肉体改造にも取り組んでいます!昨シーズンにはなかった新たなフェニックス、新たな東江雄斗を皆さんにお見せできるように、引き続き頑張りたいと思いますので、これからも皆さんの熱い応援をよろしくお願いします!

今年こそは王座奪還!!

応援よろしくお願いします!

みなさん、こんにちは!今年で6年目のNo.21上原達也です!

梅雨に入り、カタツムリが好むジメジメした蒸し暑い季節ですが、水分と塩分をしっかり取って、今年の夏も乗り切りましょう!

さて、今回の週刊フェニックスでは少し真面目なことを書きたいと思います。

先ほども書きましたが、私は今年で入社6年目です。高校を卒業して大同特殊鋼に入社した社員は、製造現場にすぐに配属されることはなく、約1年間にわたって「技術学園」で機械や電気に関することを勉強するとともに、フォークリフトやクレーンの免許を取得します。私も「技術学園」を経て現在の職場に配属されましたので、製造現場は5年目ということになります。

以前の週刊フェニックスでも製造現場での仕事内容について書いていますが、今回は成長した私と、製造現場でどのような仕事をしているのかを少しでも知っていただけたら嬉しいです!

私の仕事は“金属熱処理”と言い、材料の組織を均一にして次工程で加工しやすくする作業です。それ以外でも日常の設備メンテナンスや壊れたものの修理など、生産に支障が出ないように業務に取り組んでいます。

5年目ともなると少しは信頼され始め、1人で機械を修理することもあります。最初のうちは全く分かりませんでしたが、優しい先輩や上司の皆さんが一つひとつ丁寧に教えてくださったおかげで、修理のコツや異常の見分け方などもだんだんと分かってきました!

職場の皆さんと

異常を見つけたら「何が悪いのか」を判断し、悪いところが見つかったら「どのように修理すべきか」を考えます。修理すると一言で言ってもとても難しく、奥が深く、様々な経験のある方に話を伺い、確実に修理していきます。修理が完了したら元の場所に取り付けるのですが、ここで重要なのが先輩や上司に確認してもらうことです。せっかく修理したのにちょっとした間違いでまたすぐに壊れてしまっては、会社にとって大きな損害となってしまいます。確認を終え、取り付けて、試運転の結果が良好であれば、晴れて一仕事を終えることができます。この瞬間の『達成感』がたまらなく、病みつきになってしまいます!
まだまだこれからも分からないことや知らないことに向き合うこともあると思いますが、しっかり勉強して立派な企業人になっていきたいと思います!!

真心込めて修理します!

ハンドボールでは、8月27日(日)に沖縄県で開催される琉球コラソンとの日本リーグ開幕戦に向けて、チーム一丸となりトレーニングに励んでいます。個人的に、昨年はリーグ初得点をあげることができましたが、今年は1点でも多く得点できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!

今年はもっと活躍します!