本日、2月28日に日本ハンドボールリーグ機構から第44回日本ハンドボールリーグ・レギュラーシーズン順位決定方法が発表されました。

これは昨日、同機構から発表された日本ハンドボールリーグ第23週の開催中止に伴いレギュラーシーズンの順位決定方法を明確にしたものです。詳細は以下のリンクから日本ハンドボールリーグ機構発表をご確認ください。
この決定により大同特殊鋼フェニックスは、第44回日本ハンドボールリーグ・レギュラーシーズンを2位で終えることになりました。

本日、2月27日に日本ハンドボールリーグ機構から第44回日本ハンドボールリーグ第23週(2月29日、3月1日)の開催中止が発表されました。

これは昨日、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で出された政府方針を受けて決定されたものです。詳細は以下のリンクから日本リーグ機構発表をご確認ください。

なお、日本リーグ・レギュラーシーズンの順位決定方法については、明日2月28日の14時に発表予定となっております。

⇒ 第44回日本ハンドボールリーグ第23週(2月29日、3月1日)の開催中止について(日本ハンドボールリーグ機構)

2月16日(日)に名古屋市体育館(愛知県)で開催された第44回日本ハンドボールリーグの琉球コラソン戦の前に、2月11日の湧永製薬戦で日本リーグ通算600得点を達成した東江選手の表彰が行われました。表彰式では、西村オーナーから花束が贈呈されました。

正式入団から4シーズン目という驚きのスピード達成です。今後のさらなる活躍にご期待ください。

東江選手と西村オーナー