フェニックスファンのみなさま、いつもたくさんのご声援ありがとうございます。

この度、昨シーズンをもちましてフェニックスを退団することになりました。
フェニックスに入団し、内定選手時代から数えると6シーズンをプレーしました。私をチームに導いてくださった当時の監督である、末松誠さんに「お前を日本一の選手にする」と、とても心強く有難いお言葉をいただき、末松さんをはじめ岸川英誉前監督、地引貴志監督のもと成長させてもらいました。そして、私自身も「チームを勝たせる選手になる」という気持ちを常に持ち、日々精進してきました。
しかし、日本選手権やプレーオフでフェニックスを優勝に導くことができず、非常に情けなく悔しい気持ちです。また、いつも応援してくださるみなさまにも優勝という形で恩返しができず申し訳ない気持ちでいっぱいです。
来シーズンこそは、という気持ちもありましたが、環境を変えてチャレンジしたいという気持ちの方が強くなり、フェニックスを退団することを決意しました。
フェニックスで培ってきたものは非常に大きいですが、次のステージで今まで以上の活躍ができるよう頑張っていきたいと思います。

応援していただいたファンの方々、活動をご理解いただき支えていただいた会社関係者の方々、一緒に戦ってきたチーム関係者の方々、そしてフェニックスに関係するすべての方々に感謝いたします。本当にありがとうございました。

東江 雄斗

レプリカユニフォーム販売中