フェニックス交流会

2020年12月21日

12月17日(木)に東海市民体育館(愛知県)でフェニックスファミリーの幼稚園児から中学生の男女約70名を対象に「フェニックス交流会」を開催しました。フェニックスファミリーとは、大同特殊鋼フェニックスをトップチームに、幼稚園児から大学生が所属する各チームからなるもので、フェニックスOBが指導を行うなど関係が深いチームが集まっています。

開会前の様子

当日は地引監督の挨拶から始まり、参加者全員でウォーミングアップを行ってからフェニックスメンバーが各カテゴリーの選手と20分のミニゲームを1試合ずつ行いました。

まずはウォーミングアップ
ハッスル!

ミニゲームでは、フェニックスメンバーが迫力あるシュートを披露した他、普段の試合ではあまり見せることのない無邪気な表情をのぞかせるなど、終始リラックスした雰囲気で参加した子どもたちとともにハンドボールを楽しみました。子どもたちの大きな声でパスを求める姿や、楽しそうにプレーをする姿を見て、フェニックスメンバーも元気をもらいました。今後も、このような活動を続けていきたいと思います。

笑顔あふれる素晴らしい交流会でした