7月13日に開幕した第44回日本ハンドボールリーグ・レギュラーシーズンは、全27試合を終え、19勝6敗2分の2位でシーズンを終えました。
27試合という長いシーズンを戦う中で、チームと個人合わせて5つの記録を達成しましたのでご紹介します。
(新型コロナウイルスの影響により、レギュラーシーズン第27戦は引き分け、プレーオフも開催中止となったため、レギュラーシーズンの結果通り最終順位2位)

日本リーグ通算16,000得点達成!

2019年12月13日にホームの東海市民体育館(愛知県)で行われたトヨタ車体戦で、チームとして日本リーグ通算16,000得点を達成しました。メモリアルゴールは十数メートルから放たれた東江選手の超ロングシュートでした。

メモリアルゴールを決めた東江選手

久保侑生選手、日本リーグ通算1,400シュート阻止達成!

2019年11月9日に稲沢市総合体育館(愛知県)で行われた豊田合成戦で、ゴールキーパーの久保侑生選手が日本リーグ通算1,400シュート阻止を達成しました。
今季は日本代表としても活躍するなど、文字通り日本を代表するゴールキーパーとして存在感を示しました。

※ゴールキーパーの通算シュート阻止数は第36回大会から集計が開始され、1,000シュート阻止以降は200本ごとに記録達成となります。

一本のセーブで流れを変えられる守護神!

東江雄斗選手、日本リーグ通算500得点・600得点達成!

東江雄斗選手が、2019年8月31日にホームの中村スポーツセンター(愛知県)で行われた湧永製薬戦で日本リーグ通算500得点を達成。さらに2020年2月11日に周南総合スポーツセンター(山口県)で行われた湧永製薬戦で日本リーグ通算600得点を達成と、同一シーズンに2回の得点記録を達成しました。

今季は最優秀選手賞や得点王をはじめ、個人タイトル四冠を獲得。また日本代表の司令塔としてもアジア選手権で大会MVPに選出される活躍で、日本の銅メダル獲得に貢献するなど大活躍でした。

西村オーナーから花束を受け取る東江選手

東江雄斗選手、日本リーグシーズン最多フィールドゴール記録更新!

東江雄斗選手が第44回日本リーグにおいて、これまでの記録を11点上回る170点でシーズン最多フィールドゴール記録を更新。フェニックスのエースが歴史に名を刻みました。

得点を量産した東江選手
来季こそは四大タイトルで優勝を勝ちとれるように、精進していきますので引き続き熱い応援をよろしくお願いします。
順位表
レプリカユニフォーム販売中