10月20日(日)に名古屋市北区役所および八王子中学校で開催された「きた・きたフェスタ」に吉田選手、小澤選手、康本選手、佐藤選手の4名が出演し、子供たちにハンドボールの楽しさを伝えてきました。

講堂で簡単な自己紹介やルール説明をした後に、グラウンドに移動してボールの投げ方やシュートの打ち方などを体験していただきました。
選手たちはハンドボールを知らない方たちに、ハンドボールの魅力などを伝えるのがいかに難しいかを実感しつつ、楽しそうに取り組む子供たちの姿に元気をもらったようです。
ご参加いただいたみなさん、イベントの企画・運営等に関わられた関係者のみなさん、ありがとうございました。

「きた・きたフェスタ」は名古屋市北区で開かれる区民まつりで、ステージや模擬店、体験コーナーなどさまざまなイベントが開かれました。大同特殊鋼フェニックスは、その中の「憧れの職業フェア」に参加しました。