7月21日(土)に大同特殊鋼 星崎工場体育館(名古屋市)にて、昨シーズンをもって総監督を退かれた末松誠さんの引退セレモニーが開催されました。

現役のフェニックスメンバー、OBやそのご家族、寮父さんに寮母さんなど、50人を越える方々が参加する盛大な会となりました。

加藤主将の開会宣言の後、ウォーミングアップをはさみ『末松誠ドリームチーム』VS『現役フェニックス』でスペシャルマッチの開始です。

ドリームチームには、末松さんと苦楽を共にした、当時を知る方にはたまらない豪華メンバーが集まったせいか、最初は現役選手もそのオーラに少し押され気味!?でしたが、ドリームチームの勢いは体力とともに衰弱し、前半は7-9の現役2点リードで終了しました。
後半に入り“ドリームチーム特別ルール”が導入され、末松さんの9連続得点で一気に逆転に成功したドリームチームは、その後も様々なメンバーが試合に出場し、珍プレー?や好プレーが続出。体力で勝る現役チームも残り2分で1点差まで追い上げましたが、最後は末松さんの2連続得点で試合終了。38-35でドリームチームが勝利を収めました。

試合終了後には東江選手と藤江選手から花束と記念品が贈呈され、参加者全員で記念撮影をしてセレモニー第1部が終了しました。

参加者全員で集合写真

第2部(夜の部)では、食事と少々?のお酒を前に、現役とドリームチームメンバーが熱く語り合うシーンが多く見られ、ここでも“フェニックスの強さ”であるチームワークを感じることができました。先輩方の想いも胸に、現役選手はこれからも頑張っていきます。

最後になりますが、末松さん、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

お疲れさまでした。