東江選手がアサヒビールのエリア限定パックのデザインに起用されました。

これはアサヒビール(株)がスポーツを盛り上げるために展開するキャンペーンで、各都道府県エリアに縁のあるアスリートを各エリアの限定パックに起用するものです。
沖縄エリア限定パックに沖縄県出身の東江選手が起用され、缶本体と6缶パックの側面にデザインされています。

3月12日から沖縄エリアのみで発売予定。販売数量限定となっていますので、お早めにお求めください。(キャンペーンや販売店等の詳細については、アサヒビール(株)にお問い合わせください)

2月23(土)と24(日)に行われる今季最後のホーム2連戦で、フェニックス側の応援席で一緒に応援していただける方に、新デザインの応援Tシャツとスティックバルーンをプレゼントします!※1
今回の応援Tシャツはユニフォームの黄色と赤色を使い、どなたでも着やすいようにシンプルなデザインになりました。
ぜひ、みなさんも一緒に応援Tシャツを着て、スタンドをチームカラーのイエローに染めましょう!

大きめのサイズなので上着の上からでも着られます!

※1 Tシャツ、スティックバルーンは試合前にフェニックス側の応援席付近で配付予定です。数に限りがありますので、なくなり次第終了となります。

2月16日(土)・17日(日)に東海市民体育館(愛知県)で東海市ハンドボール協会と大同特殊鋼が主催する「第19回石井健一郎杯大同フェニックスカップ」が開催されました。今大会は全国から49チーム約600人が参加し、開会式で鈴木淳雄東海市長の激励を受けた選手たちが熱戦を繰り広げました。

近年の小学生のレベルは非常に高く、今大会も大人顔負けの好プレーが続出しました。また、小学生らしい“笑顔”や“涙”もあり素晴らしい大会となりました。

これまでも、このフェニックスカップから藤江選手、杉山選手をはじめ、多くの日本リーガーが誕生しています。これからも、将来のフェニックスの選手、そして日本代表選手が育っていってくれることを期待しましょう。