第48回日本ハンドボールリーグVS トヨタ自動車東日本

11月18日(土) 13:00 スタート

対戦相手

トヨタ自動車東日本
トヨタ自動車東日本

★Phenixのスターティングメンバー
No.1友兼尚也(GK)、No.15原田一紗(LW)、No.20可児大輝(LP)、No.20藤江恭輔(CP)、No.2田代翔真(PV)、No.7ヤーニマー・デネル(RP)、No.24杉本翔(RW)

トヨタ自動車東日本レガロッソのスローオフで前半開始。
序盤は相手の巧みな攻撃で試合を優位に運び、前半11分4-7リードされるが、そこからフェニックスが反撃し、5連続得点を奪い9-7と逆転に成功する。
しかし、点差を広げる場面に相手のゴールキーパーの好セーブで、中々チャンスを活かせないフェニックス、中盤から終盤まで再び相手に主導権を奪われ16-18と、2点ビハインドで前半を折り返す。
ランニングスコア

フェニックスのスローオフで後半開始。
後半巻き返したいフェニックスだが、ディフェンスが起動せず、後半4分過ぎ13-17、4点差まで広がってしまう展開。その後も相手のアグレッシブなディフェンスに攻めきれず、攻撃のミスから相手に3連続得点を許し、17-21とリードを4点差に広げられてしまう。
反撃したいフェニックスは、後半12分田代の速攻、杉本のサイドシュートなどで、20-22と2点差まで追いつくも相手ゴールキーパーの好セーブに逆転チャンスを活かすことができない。逆に24分過ぎ相手に3連続得点を奪われ22-27と5点差まで広がってしまう。
その後互いに得点を重ね、28-30で試合終了。
ランニングスコア

フェニックスの最多得点はヤーニマー9得点、原田6得点、可児4得点、藤江4得点、杉本2得点、田代2得点、河原1得点。

PICK UP選手

デネル選手

この試合9得点叩き込むデネル選手

友兼選手

要所でのセーブが光った友兼選手

■試合結果
大同特殊鋼フェニックス vs トヨタ自動車東日本レガロッソ – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

■RANKING(REGULAR SEASON)及び、個人得点ランキング
順位・成績 – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)
順位・成績 – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

場所

枇杷島スポーツセンター

大きな地図で見る