第48回日本ハンドボールリーグVS 琉球コラソン

7月15日(土) 18:00 スタート

対戦相手

琉球コラソン
琉球コラソン

★Phenixのスターティングメンバー
No.1友兼尚也(GK)、No.15原田一紗(LW)、No.21小澤基(LP)、No.23佐藤快(CP)、No.6康本侃司(PV)、No.7ヤーニマー・デネル(RP)、No.11河原修斗(RW)

フェニックスのスローオフで前半開始。
先制点は、ヤーニマーの鋭いロングシュートでよいスタートを切る。
一方ホーム開催のコラソンは台湾出身の新外国人選手2名を加えて、外国人3名を揃えたコラソン、ホーム戦初勝利を期待し、地元ファン約1660名から声援を受け前半20分まで、11ー10と互角を争う展開。
その直後、フェニックスのアグレッシブなディフェンスが機能し、相手を9分間無失点で抑える。
その際、康人、田代のポストシュート、原田の2連続速攻、中村、藤江のサイドシュート、最後は可児の速攻が入り、7連続得点をきめ、一気に試合の流れを掴むフェニックス。
18ー11と7点差で前半を折り返す。
ランニングスコア

コラソンのスローオフで後半開始。
相手の最初の攻撃を守りきったフェニックス。徐々に点差を広げ、6分過ぎ24ー14と10点差を付ける。
その後も終始安定した試合運びをしたフェニックス。39ー29で開幕から2連勝を飾った。
ランニングスコア

フェニックスの最多得点は可児の8得点。次いで原田7得点、藤江5得点、河原5得点、ヤーニマー4得点、中村2得点、康本2得点、杉本2得点、小澤2得点、田代1得点、佐藤1得点。

フェニックスの円陣の様子

PICK UP選手

原田選手

得意の速攻で得点量産

いつも応援ありがとうございます。
自分の持ち味である守りからの速攻でチームを勢いづけることができて良かったです。
引き続き勝ち続けられるようにチーム一丸となって頑張ります。
これからも応援よろしくお願いします。

河原選手

攻守で躍動した河原

いつも応援ありがとうございます。
守りでは、フットワーク力を活かすことができました。
攻撃では撃ったシュートを全て決めきることができて良かったです。
来週の試合でもチームに貢献できるように頑張ります。
これからも応援よろしくお願いします。

■試合結果
琉球コラソン vs 大同特殊鋼フェニックス – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

■RANKING(REGULAR SEASON)及び、個人得点ランキング
JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)
JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

場所

沖縄県立武道館

大きな地図で見る