第42回 日本ハンドボールリーグVS トヨタ自動車東日本

11月23日(木) 16:30 スタート

対戦相手

トヨタ自動車東日本
トヨタ自動車東日本

日本リーグ第14戦の相手はトヨタ自動車東日本。リーグ1巡目は勝利しているが、大崎電気に勝利するなど勢いがあるチームだけに、ディフェンスを固め相手を勢いに乗せず確実に勝利したい。

試合開始早々に吉田の速攻で先制点をあげるが、その後相手に3連続得点され1-3と不安定な立ち上がりとなる。ここから吉田、藤江で得点を挙げるが、相手の巧みな攻撃を抑えることができず試合開始10分で3-5と2点ビハインドの苦しい展開が続く。

何とか追い付きたいフェニックスはここから反撃を開始。相手のミスを見逃さず東江、杉本、朴の3連続得点で逆転すると、ゴールキーパー久保(侑)のファインセーブもあり、20分で9-6と3点のリードを奪う。その後も池辺、東江等で確実に得点を挙げ、前半を13-11の2点リードで折り返した。

後半開始早々に失点するが、藤江の得点でリードを守る。このまま引き離したかったが相手に2連続得点され同点とされる。何としても勝利が欲しいフェニックスは、東江のロングシュート、野村のカットインシュートで18-17とし、何とかリードを奪い返した。

その後は1点リードのまま一進一退の攻防が続くが、20分に22-22の同点とされる。苦しい展開の中、エース東江の得点でリードを奪うと、ゴールキーパー久保(侑)のファインセーブで相手の反撃をシャットアウト。奪ったリードを守り切り、26-25で勝利を収めた。

この結果により7勝2分5敗としたが、順位は変わらず5位のままとなった。

  • 一体感を見せたディフェンス
  • ファインセーブを見せた久保

場所

豊田合成アリーナ(旧TGアリーナ)(愛知県)

大きな地図で見る

観戦ガイド