第75回日本ハンドボール選手権大会VS トヨタ自動車東日本

~第75回 日本ハンドボール選手権大会~

国内トーナメント型チャンピオンを決定する最高権威の第75回日本ハンドボール選手権大会(男子の部)が、2023年12月13日(水)~17日(日)まで、宮城県のカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)・宮城野体育館にて開催されております。
大会2日目にて初戦を迎えたフェニックスは、地元開催のトヨタ東日本レガロッソと準々決勝進出をかけて熱戦を繰り広げた。

12月14日(木)

会場:カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)/宮城野体育館

開始時間:18:00

大同特殊鋼

トヨタ自動車東日本

トヨタ自動車東日本

30 28

16 前半 13

14 後半 15

戦評

★Phenixのスターティングメンバー
No.1友兼尚也(GK)、No.24吉田雄貴(LW)、No.20可児大輝(LP)、No.20藤江恭輔(CP)、No.2田代翔真(PV)、No.7ヤーニマー・デネル(RP)、No.24杉本翔(RW)

フェニックスのスローオフで前半開始。
序盤立上り、相手のアグレッシブなディペンスに中々攻撃のリズムを掴めず、相手に主導権を渡してしまい前半10分過ぎ3-8と、5点リードされる展開。
悪い流れを断ち切るために前半早々フェニックスの1回目の作戦タイムを要求。メンバー交代した河原が早速得点を決め、そこから攻撃リズムを掴んだフェニックスは、3度の3連続得点を重ね、16-13、3点リードで前半を折り返す。

ランニングスコア

トヨタ東日本レガロッソのスローオフで後半開始。
後半開始早々から相手の攻撃を守り切れず、5分過ぎ18-17、1点差まで縮まる。その後は互いに得点を重ねるが18分過ぎ、相手に3連続得点を許し、23-24と逆転を許すが、そこから河原、佐藤などが連続得点を重ね、後半26分過ぎ26-24と、2点差リードする。
終盤、相手も意地を見せビックチャンスを作るも、この日絶好調のゴールキーパー友兼が3連続ビックセーブの大活躍。
30-28で勝利し、準々決勝へ駒を進めたフェニックス。15日(金)大会3日目の準々決勝対戦相手は、トヨタ紡織九州レッドトルネード佐賀と準決勝進出をかけて対戦する。

ランニングスコア

フェニックスの最多得点は河原7得点、藤江5得点、可児4得点、吉田4得点、田代3得点、デネル2得点、杉本2得点、康本1得点、佐藤1得点、友兼1得点。

PICK UP選手

河原選手

交代出場から7得点の大活躍を見せた河原選手

友兼選手

要所でのビックセーブが光った友兼選手

■試合結果
日程・結果 | 第75回日本選手権大会(男子の部) | 公益財団法人日本ハンドボール協会 (handball.or.jp)

前の試合

次の試合

順位表
画面で観戦!全試合配信中!HANDBALL+NET
レプリカユニフォーム販売中