第48回日本ハンドボールリーグVS アースフレンズBM

~アースフレンズBMに勝利し、連敗ストップ!~

7月8日(土)に開幕した第48回日本ハンドボールリーグ。今年度は富山ドリームスが新しく参入し、13チームとなった男子チーム。各チームと2試合ずつ総当たり戦の熱い戦いが来年5月まで続く。
リーグ11戦目の相手はアースフレンズBM。フェニックスらしいハンドボールで勝利し、プレーオフ進出に望みを繋げたいところ。

11月25日(土)

会場:大田区総合体育館

開始時間:12:00

大同特殊鋼

アースフレンズBM

アースフレンズBM

38 29

20 前半 13

18 後半 16

戦評

★Phenixのスターティングメンバー
No.1友兼尚也(GK)、No.24吉田雄貴(LW)、No.20可児大輝(LP)、No.20藤江恭輔(CP)、No.2田代翔真(PV)、No.7ヤーニマー・デネル(RP)、No.24杉本翔(RW)

フェニックスのスローオフで前半開始。
序盤4分過ぎまでは、互いに点を取り合う展開から抜け出したフェニックス。5連続得点で8-4と主導権を握って試合を優位に進め、若手の河原、可児などの活躍で前半を20-13、7点差で前半を折り返す。

ランニングスコア

アースフレンズのスローオフで後半開始。
後半も堅守速攻で点差を広げたいフェニックスだが、後半16分過ぎ28-24と、4点差まで縮まるが、そこで、キャプテン藤江の2連続得点で、相手の勢いを切る。そこから攻撃のリーズームを取り戻したフェニックスは、デネル、河原、可児など得点を重ね後半20分過ぎ、32-25と再び7点差にする。その後も終始リードを保ったフェニックス。38-29で勝利を収めた。

ランニングスコア

フェニックスの最多得点は可児14得点、河原8得点、ヤーニマー6得点、藤江4得点、田代2得点、杉本1得点、吉田1得点、友兼1得点、谷口1得点。

PICK UP選手

可児選手

14点と爆発した可児選手

河原選手

8得点の活躍を見せた河原選手

谷口選手

内定選手の谷口、日本リーグデビュー戦

■試合結果
アースフレンズBM vs 大同特殊鋼フェニックス – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

■RANKING(REGULAR SEASON)及び、個人得点ランキング
順位・成績 – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)
順位・成績 – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

前の試合

次の試合

順位表
画面で観戦!全試合配信中!HANDBALL+NET
レプリカユニフォーム販売中