第48回日本ハンドボールリーグVS 豊田合成

~第48回日本ハンドボールリーグ VS 豊田合成~

7月8日(土)に開幕した第48回日本ハンドボールリーグ。今年度は富山ドリームスが新しく参入し、13チームとなった男子チーム。各チームと2試合ずつ総当たり戦の熱い戦いが来年5月まで続く。
リーグ10戦目の相手は豊田合成ブルーファルコン。現在、5勝4敗となったフェニックス、プレーオフ進出するためには絶対勝利が必要。フェニックスらしいハンドボールで勝利を奪いたい。

11月23日(木)

会場:枇杷島スポーツセンター

開始時間:13:00

大同特殊鋼

豊田合成

豊田合成

25 32

11 前半 16

14 後半 16

戦評

★Phenixのスターティングメンバー
No.1友兼尚也(GK)、No.15吉田雄貴(LW)、No.20可児大輝(LP)、No.20藤江恭輔(CP)、No.2田代翔真(PV)、No.7ヤーニマー・デネル(RP)、No.24杉本翔(RW)

フェニックスのスローオフで前半開始。
両チーム序盤から中盤までは互角な展開で試合を運ぶ。前半抜けたしたのは豊田合成、24分過ぎ河原の得点で10-12と2点差まで縮まったが直後、ディペンスで退場となってしまい数的不利なところ、更に吉田の反則ファウルで退場となってしまい、一気に流れが豊田合成に傾き、11-16と5点ビハインドで前半を折り返す。
ランニングスコア

豊田合成ブルーファルコンで後半開始。
後半巻き返したいフェニックスたが、終始相手のアグレッシブなディフェンスに攻めきれず、点に結ばれない展開が続き、後半21分、点差が20-27と、7点差まで広がってしまう。反撃したいフェニックスは、河原のスッテプシュート、7mスローなどで応戦するも、中々点差が7点差が縮まらない展開が続き、その後互いに得点を重ね、25-32で試合終了。
ランニングスコア

フェニックスの最多得点はヤーニマー7得点、河原7得点、可児5得点、藤江3得点、杉本2得点、吉田1得点。

PICK UP選手

藤江選手

多様な攻撃が光った藤江選手

河原選手

7得点の活躍を見せた河原選手

■試合結果
大同特殊鋼フェニックス vs 豊田合成ブルーファルコン – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

■RANKING(REGULAR SEASON)及び、個人得点ランキング
順位・成績 – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)
順位・成績 – JHL:日本ハンドボールリーグ (japanhandballleague.jp)

前の試合

次の試合

順位表
画面で観戦!全試合配信中!HANDBALL+NET
レプリカユニフォーム販売中