第42回 日本ハンドボールリーグVS 豊田合成

~2連戦を1勝1敗で終える~

リーグ11戦を終えて6勝2分3敗のフェニックス。前回の琉球コラソン戦では激闘の末残り10秒で勝ち越して勝利を収めたが、まだまだ負けられない試合が続く。

11月5日(日)

会場:北陸電力福井体育館フレア(福井県)

開始時間:13:00

大同特殊鋼

豊田合成

豊田合成

27 30

14 前半 14

13 後半 16

戦評

日本リーグ第12戦の相手は豊田合成。リーグ1巡目は引き分けている相手だけに、チーム一丸で戦って確実に勝利を収めたいフェニックス。

試合開始早々、朴の先制点で勢いに乗ったフェニックスは藤江、更に朴、そして野村も続き4連続得点で絶好のスタートを切った。相手も粘りを見せるが藤江を中心としたオフェンスで得点を重ね、10分が経過した時点で7-4と3点リードの優位な展開に持ち込んだ。

しかし、15分過ぎに相手の3連続得点で同点に追いつかれると、ここからは一進一退の攻防が続く。東江、朴、藤江等の得点で何とかリードを奪うが、前半終了間際、反則により連続して退場者を出してしまい、この間に14-14の同点に追いつかれて前半を折り返した。

後半に入り平子の得点で一度はリードしたが、その後ミスが続き3連続失点で逆転される。何としても勝利が欲しいフェニックスはここから粘りを見せ、10分に18-18の同点に追いついた。

一気に逆転したいところだが相手のオフェンスを守り切ることができず、逆に点差を広げられ残り10分で21-26と5点ビハインドの苦しい展開。逆転に燃えるフェニックスはゴールキーパー久保(侑)のファインセーブを皮切りに平子、東江、久保(龍)の3連続得点で追い上げを見せたがあと一歩およばず、27-30の3点差で敗北した。

この結果により6勝2分4敗で順位は5位のままとなった。

  • チーム全員で戦ったフェニックスだったが……

前の試合

次の試合

順位表