高松宮記念杯 第7回全日本社会人ハンドボール選手権大会VS 豊田合成

~社会人選手権、4年ぶりに優勝!~

決勝リーグ2戦目の相手は豊田合成。この試合に勝利し、優勝に王手をかけたい。

5月20日(土)

会場:福井県営体育館

開始時間:11:30

大同特殊鋼

豊田合成

豊田合成

26 22

11 前半 8

15 後半 14

戦評

前半開始早々、東江の7mスローで先制すると、藤江、朴も続いて3-0と好スタートを切る。しかし、その後ミスが続いて5連続得点を許し、3-5と逆転される。ここで引き離されたくないフェニックスは藤江のロング、平子、久保(龍)のサイドシュートで得点を重ね、15分に7-5と2点のリードを奪う。その後も互角の戦いが続くが、平子、池辺等の連続得点でリードを広げ、11-8の3点リードで前半を折り返した。

後半に入ると、野村、杉本、東江の3連続得点で波に乗り、その後も藤江、野村、朴が着実に得点を重ね、10分には17-10の7点リードと試合を優位な展開に持ち込んだ。その後、相手も反撃を図るが、千々波、朴の鉄壁ディフェンスで失点を抑え、攻めては杉本のサイドシュート、東江の速攻、池辺のロングシュート等で確実に得点を重ね、22分までに24-17と7点をリード。残り5分に連続得点を許すが、新人原田がゴールするなど終始安定した試合運びを見せ、26-22で勝利。決勝リーグ2連勝でフェニックスは優勝に王手をかけた。

  • 今試合最多得点の藤江

前の試合

次の試合