杉本 翔の記事が10件見つかりました

みなさん、こんにちは!No.24杉本です。
 
全国各地でお花見シーズンが到来していますね。愛知県の各所にも、多くのお客さんで賑わうお花見スポットがありますが、瑞穂運動場(名古屋市)付近にある山崎川沿いの夜桜は、とても趣があります。宴会スタイルよりも、ぶらりと散歩するスタイルを好まれる方はぜひ足を運んでみてください。

さて、今回の週刊フェニックスではフェニックスファミリー納会についてご紹介します。この納会は、今年で9回目を迎え、大同特殊鋼フェニックスをはじめ、大同大学、大同高校、東海ハンドボールスクールとファミリーの全カテゴリーが参加する盛大な納会です。当日はオーナーや東海市長のご挨拶に始まり、フェニックスの現役選手への質問コーナーなども企画され、有意義な時間となりました。納会ではカテゴリーを問わず、一緒に食事や写真撮影をしたり、ハンドボール談義に花を咲かせたりといった場面が会場中でみられました。毎年、フェニックスファミリーから絶大な人気を集める東江選手が、日本代表の合宿参加で不在という追い風を受けて、今年は杉山選手(愛称:パチ)が「パチくーん」と子供たちの心を掴んでいました。

チェックシャツをお揃いで着こなすフェニックスファミリー育ちの杉山選手、原田選手、佐藤選手
フェニックスファミリー集合写真

フェニックスの現役選手も年に1度のこの納会をとても楽しみにしています。
昨シーズンはタイトルを獲得できず、厳しいシ―ズンを過ごしました。輝かしい時期も、辛い時期も変わらず、応援してくれるフェニックスファミリーのみなさまには、とても感謝しています。このように若年層から実業団まで協力し合う体制は、大きな強みだと思います。今シーズンはトップチームであるフェニックスが結果を残し、ファミリーを盛り上げていきたいと思います。個人としても、今年はしっかり結果を求めてプレーしていきますので、応援よろしくお願いします!

応援よろしくお願いします

みなさん、こんにちは。日本リーグ真っ只中ということで、充実した毎日を送っているNo.24杉本です。

やはり週末に大切な試合が控えているリーグ期間中は気持ちが引き締まりますね。今シーズンも2連戦が多いハードスケジュールとなりますが、全ての試合に集中して、勝ち点を積み上げていきたいと思います。

さて、今回の週刊フェニックスでは、私の『お気に入りのお店』をご紹介したいと思います。
過去の週刊フェニックスを見返すと「焼肉部」や「ラーメン部」の活動報告、フェニックスメンバー御用達の「うな辰」など、グルメに関する内容が多く見受けられました。そこで、今回は杉本のプライベートな話はさておき、全国のフェニックスファンのみなさんに少しでも“有益”な情報を提供できるように「名古屋にお越しの際にはぜひこのお店へ!」というお気に入りの2店舗をご紹介します。

1軒目は、辛い鍋と焼肉を楽しむことができる『カラカラ総本店』というお店です。
まず店内へ入ると、所狭しとプロ野球選手や芸能人の写真やサインが飾ってあり、野球好きの私はいつも興奮して、お会計を終えてもサイン観賞をしてしまいます。笑
料理については、鶏カワやセセリなどの焼肉を少し食べた後にメインの辛い鍋を食べますが、どれも絶品ピリ辛でクセになります。また、店内は活気があり、歴史を感じます。さらに、川沿いに面したお店なのでテラス席もあり、“大人数でワイワイと!” “川を眺めながらゆっくりと……”というどちらのシーンにも対応してくれるお店です。

リラックスできます

続いて2軒目は、名古屋では非常に有名なお店になりますが、リーズナブルに台湾料理を食べることができる『味仙』です。
ニンニクの効いた濃い味付けが多く、どのメニューも美味しいので、月に1度くらいのペースで味仙に行きたくなってしまいます。愛知県内には何店舗かありますが、名古屋駅や中部国際空港にも出店されているので、名古屋へお越しの際にはぜひ立ち寄ってみてください。次の日が大切な会議やデートがある方は控えた方が良いと思いますが……。笑
また、店舗によって味も少し違うみたいなので、これからは色々な店舗に足を運んでみたいと思います。

とりあえず注文する子袋

今回は、いかにも名古屋人の嗜好に合いそうな甘辛い鍋や濃い味付けが特徴的な台湾料理をご紹介しましたが、日常的にはスポーツ選手としてパフォーマンスの向上やリカバリーに繋がる食事を心掛けています。ときどき自分へのご褒美として、このような好きな物を食べることが良い気分転換になっています。

最後に、3月のプレーオフまでシーズンが続きますが、誠実にハンドボールと向き合い続け、チームの日本一に貢献したいと思います。

引き続きフェニックスの応援をお願いします!

みなさん、こんにちは!最近、アマゾンプライムビデオを利用して映画やバラエティーを観ることにハマっているNo.24杉本です。

このブームは私が街に出掛けた際についついやってしまう「衝動買い」や「無駄使い」を抑えることにも貢献しているので、今年の梅雨が明けるまでは、このプライムビデオとともにインドアライフを満喫したいと思います。笑
 
さて、今回の週刊フェニックスでは、冒頭でお伝えした通り、インドア派になりつつある私の話はさておき、原田選手や吉田選手の記事を参考にチームメイトの紹介をしたいと思います。

今回、私が紹介する選手は、フェニックスでは久保(侑)選手以来の新人ゴールキーパーで、北陸高校と日本体育大学の後輩にもあたる友兼選手です。

紹介その1:「抜群のコミュニケーション能力」
昨年2月からチームに合流した友兼選手ですが「すでに2、3年大同にいるのかな……?」と思わせるくらいチームに馴染んでいます。また、私が高校の同級生と集まる場にも、なぜか後輩で1人だけ友兼選手が参加しています。この高いコミュニケーション能力は、ディフェンスとの連携をとる場面で活かされており、友兼選手の武器だと思います。

この変顔でチームに溶け込んだ?

紹介その2:「高いゴールキーパースロー技術」
キーピングにも定評がありますが、ゴールキーパースローの技術も非常に高いです。
「今、フリーだったのに……。パス欲しかったな……。」と感じることがほとんどなく、相手ディフェンスの状況を把握して正確なパスを出してくれます。さすが「守ってから速攻」を武器にする日本体育大学出身のゴールキーパーという感じですね。
そんな友兼選手とはよく食事に行きますが、年が3歳離れているので、大学時代の1年間しか同じチームでプレーしたことはありません。しかし、フェニックスでは長い期間プレーすることになると思うので、お互いにフェニックスの中心選手として活躍できるように頑張っていきたいです。

日体大コンビでチームを引っ張るぞ

最後に、5月の社会人選手権、6月の国民体育大会愛知県予選が終了しました。しばらく試合からは遠ざかりますが、この期間に無駄な時間を過ごすことなくハンドボールに没頭して、相手にとって怖い選手になれるように成長していきたいと思います。

今後ともフェニックスの応援をよろしくお願いします。  

応援お願いします
順位表