東江 雄斗の記事が10件見つかりました

みなさん、こんにちは!大同特殊鋼フェニックスNo.20東江です!
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための自粛期間が続き、ストレスの溜まる日々を過ごしていると思います。1日でも早く元通りの暮らしができるよう、みんなでこの状況を乗り越えていきましょう!

さて、今回の週刊フェニックスから各選手が【自分の生い立ち】をテーマに書かせていただきます。
その第1弾を飾らせていただくのが私、東江雄斗でございます。よろしくお願いします。

私は1993年7月6日に東江家の次男として生まれました。
両親がハンドボール選手だったこともあり、生後3ケ月で飛行機に乗り両親の遠征に連れていかれたそうです。(本当かどうかはわかりません笑)
幼い頃は、祖父母の家でご飯を食べて兄と楽しく過ごしたり、両親が練習する体育館に連れて行ってもらい、チームメイトの方に遊んでもらったりしていました。疲れたらコートの横でボールの弾む音やフェイントを切る音を聞きながら気持ちよく寝ていた記憶があります。(笑)

体育館にいる東江兄弟

小学校に入学すると、先に兄がハンドボール部に所属していたので私もすぐに入部したいとお願いしました。当時は4年生以上じゃないと入部できなかったみたいですが、「太輝の弟だから」という理由で特別に1年生から入部することができました!兄に大変感謝しております。(笑)
ここからハンドボール一筋かというと、実はそうではなかったんです。ハンドボール以外にもスイミングや書道、学習塾といった習い事に通っていました!
特にスイミングでは通い始めて3ケ月ほどで選手コースに昇格し、4泳法(クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ)でバリバリ泳いでいましたが、ハンドボールの練習に出られなくなるのが嫌で、それらの習い事は2年生に上がってすぐに辞めてしまいました。(笑)

そこからはハンドボール一筋で突っ走るのですが、足を捻れば骨折、シュートを打てば肋骨を骨折と、計8回も骨折しました……(笑)骨折ばかりの小中学生時代でしたが、小学生の時にはハンドボールの楽しさを、中学では両親にハンドボールの基礎や技術・戦術を学びました。
私が中学3年生の時のJOCジュニアオリンピック大会では両親はチームスタッフ、私はキャプテンとして出場し、親子で優勝の瞬間を味わいました。優勝した瞬間は監督と選手の立場ではなく、「お父さん、お母さん、やったね!!」と家族の立場で喜んだ記憶があります。

JOC優勝

高校は興南高校に進学し、1年生から試合に出させてもらい、夏のインターハイで優勝を経験しました。
高校時代の思い出は特に多いです。沖縄の夏に耐えきれず、熱中症に毎年なっていました(笑)
3年生の時のインターハイ1週間前にも熱中症で体調を崩して入院してしまい、なんとか退院はしましたが、実力を発揮できないままベスト8で敗退し、すごく悔しい思いをしました。
この悔しさを国体で晴らしてやると意気込み、山口国体で優勝し、インターハイの悔しさを晴らすことができたことは忘れられません。

そして、その後は進路のことですごく悩みました。
母や兄、高校の恩師である黒島先生の母校である日体大か、早稲田大のどちらに進学するのか、すごく悩んだ末に「大学リーグの日体大VS.早稲田大で勝利した大学に進学しよう!」と、よくわからない贅沢な決め方で、勝利した早稲田大学への進学を決めました(笑)

大学ではハンドボールはもちろん、社会というのも教わりました。
また、昔からですが私は本当に人に恵まれていたなと思います。
日頃より早稲田大学ハンドボール部を支援してくださるOBの方々や日本一、いや世界一ハンドボールに対して熱い大城章さん(現ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング監督)。魅力ある先輩方はもちろん、ライバル校や一般入試で合格してきた同期、高校では甲子園に出場しバリバリ活躍していたけど、大学からハンドボールを始め、インカレでもしっかり活躍した付属校出身の同期など、個性豊かなメンバーに出会いました。
4年生のインカレ決勝では、入学をお断りした日体大に負けてしまいましたが、ハンドボールに対して思いが強いメンバーに恵まれ、ハンドボールと私生活の両面で充実した生活を送ることができました!

充実した大学時代

そして当時フェニックスの監督だったハンドボール界のスーパースター末松誠さんから熱烈なオファーをいただき、「ここなら自分をめちゃくちゃ成長させてくれる」と思い、伝統ある大同特殊鋼に入団しました。そこで私の憧れである元韓国代表で世界のベストセブンにも選出されたペク・ウォンチョルさんの背番号20番を受け継ぎ、王座奪還に向け、日々努力しています。

以上、長々とまとまりなく自分の生い立ちについて書きましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
早くみなさまと会場でお会いし、フェニックスのハンドボールでhappyにさせたい気持ちでいっぱいです!
また会場で元気にお会いできるよう、今を頑張りましょう!!

みなさん、こんにちは!No.20東江です。

日本リーグは10月14日の試合で一旦ブレイク期間に入り、その間に私は日本代表合宿に参加してきました。今回は北欧遠征ということでフィンランドとノルウェーに行き、フィンランド代表、ノルウェーB代表と、それぞれ2試合ずつを戦いました。結果はフィンランド代表には2連勝しましたが、ノルウェーB代表には1分け1敗と、「4連勝」をチーム目標として挑んだ合宿でしたが、それを達成することができなかったのは非常に悔しかったです。個人としては、1対1やステップシュートなどの個人技が通用する場面が増え、またゲームメイクをするうえでも周りと連携をとりながら上手くできる時間帯が増え、成長しているという実感があり、非常に充実した合宿でした。
しかし、課題もたくさんあるので、ここで満足することなく常に高みを目指して頑張ります!

久保侑選手と日本代表合宿!

さて、今回の週刊フェニックスでは、「私が愛用している“履物”」について紹介したいと思います。

私が愛用している“履物”とは、スピードスケート女子500mで五輪新記録をたたき出し、平昌五輪で金メダルに輝いた小平奈緒選手もトレーニングに愛用している「一本下駄」です!

購入したきっかけは、私が大学時代から個人的にお世話になっている整骨院で、3年くらい前に一本下駄があるのを見かけ、院長から「これを履くだけで体の姿勢改善や膝や腰の痛みも取れるし、体幹も鍛えられるよ。」と聞かされて履いてみたところ、すぐにその効果を実感したので、即購入しました!!

膝が悪い私にとって最適なアイテムで、何より歩くだけで姿勢が改善され、履いたままスクワットなどをするだけで体幹も鍛えられる、こんなに楽して強くなれるなんて最高じゃないか!と、トレーニング嫌いな私にとっては最高のプレゼントでした!(トレーニング嫌いとは言っても、きついトレーニングも頑張って取り組んでいますよ?!)

最近では、いろんなスポーツ選手が愛用されていると思いますが、体は動かしたいけど仕事などで忙しくて時間がとれない方にも最適なアイテムです!
普段、部屋で使っているスリッパを一本下駄に履き替え、料理をするとき、洗濯物を干すときなど、日常生活に一本下駄をプラスするだけで勝手に姿勢が改善され、体幹も鍛えられ、より美しい肉体を作ることができると思います。(階段は転んで大ケガにつながる可能性があるので気を付けてください。経験済みです……)
効果には個人差があるとは思いますが、私は一本下駄のおかげでパフォーマンスが良くなったので、みなさんもぜひ試してみてください!

一本下駄

一本下駄を履くときには、体を脱力した状態でないと歩くことはもちろん、立つこともできないのですが、脱力というのはスポーツをするうえで凄く大事なことだと思います。
ハンドボールでも、投げる時に力んでいると速い球は投げられませんが、力が抜けた状態でボールを投げるとボールにノビが出ます。
私がフェイントで一番大事にしていることは緩急なので、脱力から爆発的な1歩を踏み出し、切り返すことで、より速いフェイントになり、相手を簡単に抜くことができます。

みなさんも“脱力”することを意識してプレーしてみてください!

今回は「私の愛用している“履物”」について紹介しましたが、みなさんも「愛用しているモノ」、「オススメのモノ」がありましたら、会場でお会いした際やSNSなどで教えていただけると嬉しいです!

最後に私たちフェニックスは日本リーグで現在3位につけています。
ケガ人が多いこともあり、勝ち星を連続して積み上げることができず、なかなか厳しい状況にありますが、今シーズンのスローガンである「団結」でチーム一丸となり、まずはプレーオフの出場権を獲得できるように残りの試合を頑張っていきます!
また、11月19日に開幕する日本選手権では、何年も優勝から遠のいているので、今回こそ優勝して王座奪還を果たせるように頑張りますので応援よろしくお願いします!!

応援よろしくお願いします

みなさん、こんにちは。No20東江です。

はじめに、2018-2019シーズンもたくさんのご声援ありがとうございました。
みなさんの熱く心強いご声援がフェニックスの力の源であり、とても支えになりました。
しかし、昨シーズンは無冠に終わってしまい、結果で恩返しすることができずに非常に悔しく、また応援してくださるみなさんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私自身の力不足で、チームを勝たせることができず、私が入ってから、「国体」、「日本選手権」、「日本リーグ」というビッグタイトルを獲得できていません。
今年はこれまで以上に覚悟を持って日々の練習に励み、チームが良い方向にいくように、「優勝」という最高の瞬間を応援してくださる方々と一緒に、何度でも味わいたいと思っていますので、これからも大同特殊鋼フェニックスと東江雄斗の応援をよろしくお願いします。

愛用のシューズとともに頑張ります!

さあ!今回の週刊フェニックスですが、今シーズンの意気込みを書きたいと思います!

まず、トピックスでご紹介したように、新たに地引監督、藤江主将のもとで新チームがスタートしました。今シーズンのスローガンは「団結」です。
目標である「日本一」達成に向け、選手1人ひとりの強みを活かしながらチーム一丸となり、優勝を目指して頑張ります。
 
私は昨年に引き続き、副主将を務めさせていただくことになりました。
昨年は自分のことばかりに集中し、主将のサポートという役割ができていなかったので、今シーズンはチームを引っ張り、藤江主将のサポートにも励みたいと思います。
また今シーズンは藤江主将とともにオフェンスリーダーも任されたので、アナリストの小林と3人でコミュニケーションをとりながら、しっかり攻撃をまとめていきます。

みんなで分析!

日本リーグでは、昨シーズン初めて個人タイトルを獲ることができませんでした。もちろんチームの勝利が最優先ですが、やはり個人としても何か1つはタイトルを獲りたかったです。でも、それは自分自身が成長していない証拠でもあるので、今シーズンは「勝利への欲」をコートで最大限に発揮し、何か1つでも個人タイトルを獲れるようにがむしゃらに頑張ります!

また、シュート率についても毎年5割台なので、今シーズンは6割台にもっていけるよう確率にもこだわってやっていきたいです。

というわけで、まとまりのない文章になってしまいましたが、「日本一」のために自分がやるべきことに責任もって取り組んで、結果を出していきます!

いよいよ5月8日から社会人選手権が開幕します。
今、チームは個人トレーニングや戦術トレーニングの向上に取り組んでいます。その成果をしっかり発揮し、「日本一」目指して、明るく・楽しく・元気よくやっていきますので、応援よろしくお願いします!!

今シーズンも応援お願いします!
順位表
レプリカユニフォーム販売中