瀧澤 尚也の記事が9件見つかりました

みなさん、こんにちは!今1番旬な男、No.17の瀧澤尚也です。

26歳になり、4年目に突入しました。今しかできないことを全力でやってやろうと思いながら最近過ごしているので、仕事もハンドボールもプライベートもノリノリです!笑
※ノリノリ…勢いがあるという意味だと思ってください。

そんなノリノリな26歳瀧澤に、【生い立ちシリーズ】がやってきました!前作で「瀧澤の成長日記」「私の学生時代」を書き、小学生・中学生時代の紹介をしたので、今回は「とても貴重な幼少期」、そこからぬくぬくと成長した「高校生の私」のことについて、次の3つのテーマに沿ってご紹介したいと思います。

1.ハングリーなお祭り男
2.キャプテン瀧澤
3.一人暮らしのタッキー

私は1994年4月14日に群馬県で生まれました。生まれた時の体重は4136g、身長は53cmでした。これを聞いた時は、思っていた以上に大きすぎて、自分でもびっくりしました。立派な身体で産んでくれたお母さんに感謝ですね!

今はこんなに大きい私ですが、小さくてかわいい時代(リトル瀧澤時代)がありました。そんなリトル瀧澤が1番好きだった行事があります。私の地元「富岡市」は、市主催の大きなお祭りから神社で行われる小さなお祭りまでたくさんのお祭りがあり、夏から秋ごろにかけてとても賑わいます。

よく家族でお祭りに行き、屋台の前で両親に「これ食べたい!」と言って屋台を走り回っていたらしいです。帰るころには、手元に「たこ焼き」「綿あめ」「お好み焼き」のゴミを持っていたそうで、お祭りというより完全に屋台が目当てのハングリーのお祭り男でした。

手に持っているものは……?

リトル瀧澤は、この頃から食いしん坊の頭角を現していました。群馬県の大自然の中でぬくぬく育ち、この小さい頃の姿が薄れるほど大きくなっていきました。

次のテーマ「キャプテン瀧澤」に話を進めたいと思います。前回の「私の学生時代」で記載した中学生時代を経て、群馬のハンドボール強豪校である富岡高校へ進学しました。

私の中で高校生活の3年間が今の私を作ってくれたと思うほど、お世話になった顧問の岡田先生と栃谷先生、そして先輩・仲間に支えてもらいました。1年生の頃は、先輩の走りやフィジカルについていけず、自分が情けなく思い、つらかった思い出があります。そんな思いを持ちながら毎日トレーニングに励んでいると、2年生になった頃にはしっかりと身体もできてきました。そして通常の練習においても、ただついていくのではなく、後輩をしっかり見ながら練習を引っ張っていました。そして3年生では、先生からキャプテンを任されました。

キャプテン・瀧澤(今より跳んでいるかも!?)

先輩たちの意思を継ぎ、張り切ってやっていましたが1人では何もできなく、周りに支えてもらってインターハイ、国体を戦い抜きました。現在では共学になっていますが、私が在籍していた頃は男子校で漢(おとこ)ばかりの環境で、暑苦しいくらいに熱い高校生活を過ごせました。

そして最後のテーマ、「一人暮らしのタッキー」(「借りぐらしのアリエッティ」風)。
大学でもハンドボールを続けたいと思ったリトル瀧澤は、一段と成長したいと思い親元を離れ、明治大学へ歩みを進めました。そして、明治大学に入学して初めての一人暮らしというものを始めました。親がいる環境に慣れていたので、炊事・洗濯・掃除をするのがどれほど大変なのかを思い知りました。特に、初めての料理は難しく、自分が好きなものばかり作っていたせいもあり、「究極に美味しそうなオムライス」が作れるようになりました。

タッキー'sキッチン「でら旨デミオム」
※でら…名古屋弁で「ものすごく」という意味。

また、全国のいろいろな強豪校からきた仲間や、大学でできた友人との出会いのおかげで、いろいろなことを経験できました。一段と成長することができた有意義な大学生活を送ることができました。大学ハンドボールをしながら就活をしていると、大同特殊鋼から声をかけていただき、自分が大好きで続けてきたハンドボールがまたできるチャンスをもらったので、大同特殊鋼に入ることを決めました!
これが、リトル瀧澤から旬な瀧澤に至るまでの生い立ちになります!

最後に、コロナ禍でもハンドボールができる環境に感謝し、大同特殊鋼Phenixとしてチーム一丸となり、日本一に向けて一戦必勝で戦っていきたいと思います。
皆様からの温かいご声援よろしくお願いいたします。

みなさん、お久しぶりです。
日々のウエイトトレーニングで今もなお身体が大きくなっている、”永遠の成長期” No.17瀧澤です!

最近は寒さが和らいできて、春到来か?と思うような日が増えてきましたね!
しかし、まだまだ寒い日もありますので、この寒暖差で体調を崩さないように気をつけていきましょう!

さて、以前投稿した、「瀧澤の成長日記」でも私の幼少期の写真を載せましたが、私の2020年最初の週刊フェニックスでは、そこから少し成長した「私の学生時代」について書きます!

まずは私の「小学生時代」です。

私は、「富岡市立高瀬小学校」という山や田んぼ、大自然に囲まれた小学校に入学しました。
小学生の頃の私は、「ひっつき虫」と呼ばれたりする植物の種をもぎ取っては、友達と一緒になって服に引っ付くように投げつけ合っていた記憶が残っています。みなさんのなかにもこのひっつき虫で遊んだ思い出がある方は、少なくないのではないでしょうか。(笑)

そんな田舎小僧が、真剣にやっていることが1つだけありました。それは「空手」です。
その中でもグローブや防具をつけて相手と戦う「組手」というものに力を入れていました。2つ上の姉も一緒に空手をやっていましたが、組手では1度も勝ったことがありません。
負けず嫌いな私は何度も挑みましたが、その度に返り討ちにされました。しかし、その甲斐あってか、市内の大会ではほとんど負けなしでした。
当時の私は小学5年生で身長が174センチもあって相当有利だったのかも……(笑)
お父さん、お母さん、ありがとう!と思いながら、いつも真剣勝負でした!
今なら、偉大な姉にも勝てるかもしれませんね!(笑)

空手姿

そして、小学校を卒業すると、すぐ隣にある「富岡市立南中学校」に入学しました。
小学生の頃から名前は知っていたものの、本格的にハンドボールをスタートさせたのはここからです!私の中学校には県内屈指の強豪ハンドボール部があり、初めて観に行った試合では応援がいっぱいで、ハンドボール部の先輩たちは注目の的でした。
「ハンドボールってかっこいいな」と思ったリトル瀧澤は、すぐに入部を決めました。(笑)

1、2年生の時は、ひたすらに声出しをしながら山の中をダッシュしていた思い出があります。
田舎ならではの山の坂道ダッシュが定番のトレーニングで、私の強靭な足腰を作ってくれました。(笑)
そして3年生になって、いざ新チームで試合をしてみると県内ではほとんどの試合で勝つことができ、全国大会に出て、もっと強い学校と戦いたいと思うようになりました。
そして最終的には関東大会で優勝するチームにまで成長しました。
1、2年生で培ってきた基礎が個人とチームに活きているのだなと実感してからは、何事も基礎が大切ということを忘れずに仕事やハンドボール、日々の生活に打ち込んでいます!

これからも頑張ります!

まだまだ私の学生時代を紹介したいところですが、次回に続く!
ということで、次回をお楽しみに。

最後に、プレーオフがコロナウィルスの影響で中止となり、とても残念な気持ちでいっぱいです。
この思いを胸に、来シーズンこそはプレーオフで優勝し、応援してくださるみなさんに良い報告ができるよう頑張ります。そのためにまずは来シーズンに良いスタートダッシュが切れるよう、チームとしても個人としてもしっかり準備をしていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。

応援ありがとうございました。

みなさん、こんにちは!
3年目になりましたフェニックスの筋肉マンこと、No.17瀧澤尚也です。

10月に入って、やっと暑さも和らぎ、涼しく感じる季節がやってきましたね。食欲、スポーツ、読書に最適なあの季節。
そうです!「秋」です!私はこの季節が一番好きです!なぜかというと天敵の”スギ花粉先輩”も飛んでいないうえに、涼しくて汗もかきにくく、寒すぎることもない!なんて過ごしやすい、最高の季節なんでしょうか!
ですが、季節変わり目でもあるので、みなさんも体調管理にはしっかり気を配ってくださいね。こんな大きな身体をしている私でも練習の疲労や寝不足で免疫が弱っていると、手洗いうがいをしっかりしていても風邪をひいてしまうことがあります。
ということで、今回は、いつも「食」から私たちフェニックスの健康を献身的に支えてくれている三つ星シェフをご紹介いたします。

寮の管理人さんと!

それは私たちが住んでいるフェニックス寮の管理人さんで、私たちのために美味しいご飯を作ってくださる杉本夫妻です。

左の方が、ワイルド系料理人で、ご飯を作らせたら愛知県で右に出るものはいないといわれる寮のおじちゃんです。

右の方が、いつも愛情たっぷりの料理を作ってくださる、私たちのお母さん的存在の寮のおばちゃんです。練習で疲れきって帰ってくる私たちを笑顔で待っていてくれて、いつもその笑顔に元気づけられています!
練習から疲れて帰ってくると満面の笑顔でおばちゃんが「また大きくなった?」と、よく食いしん坊扱いされます。まぁ、その通りなんですけどね!(笑)

めちゃくちゃ選手のことを気にかけてくれているんです。めちゃくちゃ嬉しいです。
二人には感謝いっぱいです!本当にいつもありがとうございます。

以上、いつもお世話なっているフェニックスの三つ星シェフのご紹介でした。

最後になりますが、日本リーグも折り返し地点にさしかかりました。日本一に向けて一戦必勝で闘っていきます。応援してくださるみなさまに、プレーで応えられるように頑張っていきます。

10月22日は祝日のため、お休みします。次回の週刊フェニックスは10月29日(火)に更新予定です。

これからも応援よろしくお願いします。
レプリカユニフォーム販売中