久保 侑生の記事が23件見つかりました

みなさん、こんにちは。No.12ゴールキーパーの久保(侑)です。
新型コロナウイルスの感染拡大によって、緊急事態宣言が発出される等、これまでのように自由な生活はしづらい環境ですが、自分自身や大切な人を守るため、みんなで協力し合い、乗り越えていきましょう!

先日は、ハンドボールの日本代表が2021世界選手権で大活躍をしていました。私も、普段は早く寝ているのですが、毎試合応援しました!特に、ゴールキーパー陣は、これまでの国際大会と比較してもチームを勝たせるプレーが多く、とても刺激になりました。私も彼らに負けないよう、大会メンバーに選ばれなかった悔しい思いと、ライバルに負けたくない思いをリーグ戦で出していきます!

では、今回の週刊フェニックスに移ります。

Q1.普段、オフではどのような生活を送っていますか。
A1. 私はコーヒーが好きで、新型コロナウイルス流行前は、よく喫茶店にコーヒーを飲みに行ったりしていました。流行後は緊急事態宣言の発出などにより、思うように外出もできなくなっているので、購入してしまいました……全自動コーヒーメーカー!豆から挽いてくれるタイプで、購入後は毎朝コーヒーのいい匂いで目覚めています。まだまだ、コーヒー豆の知識もないので、詳しい方ぜひおすすめのコーヒー豆を教えてください。

全自動コーヒーメーカー

Q2.ハンドボールをしていなかったら何のスポーツをしていましたか?
A2. 私は小学1年生から中学1年生まで空手をしていました。ハンドボールを始めたのは、小学4年生からだったので、もしハンドボールが私の住んでいた地域になかったら、妹がハンドボールを始めていなかったら、きっとそのまま空手を続けていたと思います。空手は、形と組手という種目に分かれますが、私は当時から身長も大きかったこともあり、組手(相手と対峙して、ポイントを取り合う種目)の方を得意としていました。形の種目については、まったくと言っていいほど、向いていませんでしたね。フェニックスのメンバーにも、武道経験者がたくさんいるので、いつか大会を開いてみたいとひそかに思っています。笑

組手(左側)

Q3.自分のチャームポイントは何ですか?
A3. ズバリ、笑顔です!笑
小さい頃から笑うとえくぼができるのですが、私が気に入っている部分です。ファンのみなさんから試合中の写真を撮っていただく機会が最近多くなっているのですが、笑っているシーンを撮ってくれる方が本当に多く、うれしいです!リーグ戦も残り試合が少なくなってきましたが、一つでも多く勝利し、笑顔の多い結果を掴み取れるよう、チーム一丸となって頑張ります!

最後になりますが、残りのリーグ戦も制限付きの開催が多くなることも予想されますが、会場・JHLTVでフェニックスの応援をよろしくお願いします。
選手一同、みなさんに元気と勇気・感動を与えられるような試合ができるよう、これからも日々努力していきます!

応援よろしくお願いします!

みなさん、こんにちは。
No.12の久保侑生です。

新型コロナウイルスが再び流行し始めてきました。
一人ひとり感染予防に努め、感染拡大を防いでいきましょう!

さて、今回は私自身の生い立ちについてご紹介したいと思います。

私は1988年5月24日に生まれ、大分県大分市で育ちました。
小さい頃から外で遊ぶことが大好きで、野球やサッカーなどをして、毎日暗くなるまで遊んでいました。
小学校に入ってからは、硬筆、そろばん、サッカー、空手と多くの習い事をさせてもらっていましたが、4年生の時に2つ下の妹が友人に誘われたことをきっかけに、宮崎大輔さんと同じ大分市立明野北小学校でハンドボールの競技生活をスタートしました。
当時、周りの子より身長が大きかったこともあり、入部後すぐに勧められてゴールキーパーを始めました。
小学校5年生の時には、熊本県で開催されたシドニーオリンピックのアジア予選を観に行き、ハンドボールに日本代表があることを知り、その代表選手の凄さに憧れたことを今でも覚えています。

小学生時代(1番大きい1番です!)

その後、明野中学校に入り、空手とハンドボールの両方を続けていましたが、中学1年生の夏にハンドボール一本に絞ることを決心しました。
中学3年生時は、トヨタ車体の渡部選手、ジークスター東京の新名選手と一緒に明野中学校男子ハンドボール部初の全国大会出場を果たし、全国大会デビューをしました。
中学校3年生の時には、フリースローと7mスローを打つ「2刀流ゴールキーパー」と一瞬話題になったりもしました。

空手の道着姿です(中央でトロフィーを持っています)

高校は全国的にも有名な大分国際情報高校へ進学しました。
高校では、これまでの練習量とは比較にならない一日6時間の練習や年間でも数えるほどしかない休日と、とてもハードな毎日でしたが、全国大会優勝を目標に毎日努力しました。
しかし、高校2年生のインターハイ予選では20数年振りに県予選敗退という屈辱を味わい、その後、1年間必死になって練習し、3年時のインターハイでは、3位入賞することができました。特に、準々決勝の北陸高校戦は最後の最後までどちらが勝つかわからない激闘でした。(平子選手が北陸高校のスーパー1年生として出場しており、シュートを決められた後にパフォーマンスで投げキッスされたことは今でも忘れません……)

高校時代(前列左から3番目)

大学は教員免許取得のため、勉強とハンドボールの両立を考え、筑波大学に進学しました。入学した時には、フェニックスOBの田中さんが2つ上におり、プレー面で毎日勉強することばかりで、とても成長できたと感じています。

大学時代は1年生から3年生までインカレでベスト4に入ることができましたが、4年生時は2回戦で優勝した国士館大学に敗れ、悔しい思いをしました。勉強面では必死に頑張った甲斐もあり、無事に卒業することができました。

小学校から大学まで、嬉しい思いや悔しい思い、たくさんの経験をすることができました。
そして大学卒業後の進路は、小学生の頃からの憧れであり、高校生の時から声を掛けてくれていた大同特殊鋼に決め、現在に至ります。

みなさん、いかがだったでしょうか。
ここまで私のハンドボール人生を初めて振り返りましたが、とても懐かしい気持ちになりました。あと何年現役としてプレーできるかわかりませんが、1プレー1プレーを大切にこれからも頑張っていきます。

最後になりますが、今シーズンも日本リーグの開催が決まりました。
コロナ禍で、これまでの観戦形態と違った状況での開催となることも十分予想されますが、今シーズンも変わらぬご声援をよろしくお願いします。

 
さて、2007年から始まった週刊フェニックスが今回で「600号」に到達しました!
600号を記念して、普段から応援してくださっているみなさんの中から抽選で3名の方に、フェニックスの選手全員のサイン入りTシャツをプレゼントします。
プレゼントご希望の方は、フェニックスホームページの「応援メッセージ」から「600号記念プレゼント応募」と記入いただいたうえで、メッセージを送ってください!

応募期限は7月28日(火)到着分までとさせていただきます。

なお、当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。たくさんのご応募をお待ちしています。

みなさん、こんにちは。No.12の久保(侑)です。
7月も終わりに近づき、いよいよ夏本番を迎えようとしていますが、体調は崩されていないでしょうか。今年も酷暑が予想されますが、熱中症等には十分注意してくださいね!

さて、今回は「最近の出来事」について書いてみたいと思います。

まずは、「結婚式」
先月6月には、No.7久保龍太郎選手とNo.5石橋選手の2名が結婚式を挙げました。
どちらも素晴らしい結婚式で、幸せを少し分けてもらいました。
ですが……、また後輩に先を越されてしまい、少しさみしい気持ちでもあります……(笑)
龍太郎選手・石橋選手は、これから一家の大黒柱としても活躍してくれることでしょう!本当におめでとうございます!

続いて、「国体愛知県予選」
7月4日から6日にかけて行われた国体愛知県予選では、6年振りに県予選を突破しました!
日本一の激戦区といっても過言ではない愛知県予選ですが、持ち前のチーム力を発揮し、優勝することができました。8月に行われる国体東海ブロック大会も勝ち抜き、本戦に出場できる様、頑張ります!

本戦に出場できるように頑張ります!

さらに、「スイーツクラブ」
先日、遠征先の空港での待ち時間に美味しそうなパフェをみつけ、久保龍太郎選手、平子選手、石橋選手を半ば強制的?に連れてお店に入りました。
昼食後すぐでしたが、あまりの美味しさにすぐに平らげてしまいました。
(注文の時、後輩3人の視線は、かなり痛かったです……笑)

昼食後のパフェです!

最後に、「日本リーグ開幕」
みなさんご存知の通り、7月に開幕した日本リーグは、今シーズンからゴールデンウルヴス福岡を新たに加えた10チームで行われています。
フェニックスは開幕から3連勝と順調なスタートを切ることができました。
昨シーズンで引退した千々波さんと朴さんの抜けた穴は小さくないですが、新たな大同特殊鋼をみなさんにお見せできる様、日々頑張っています。
今シーズンこそ、リーグ優勝できる様、チーム一丸となって戦います。今後も全国各地でリーグ戦が開催されますので、ぜひ会場に足を運んでください。共に闘いましょう!

応援お願いします!

7月27日(土)から夏季休暇に入りますので、次回の週刊フェニックスは8月7日(火)に更新予定です。

順位表
レプリカユニフォーム販売中