久保 龍太郎の記事が16件見つかりました

あけましておめでとうございます。No.7の久保龍太郎です。
年が明けてから急激に気温が下がりましたが、みなさんは体調を崩されていないでしょうか。今年も明るく、元気よく、ポジティブにいきましょう!

さて、今回は私の休日の楽しみ【食事編】について書きます。

私の休日の楽しみはニンニクもりもり、パワーみなぎる超絶美味の“台湾まぜそば”を食べることです。フェニックス御用達の東海市にある「麺屋いっちょう」というラーメン屋さんで食べることができます。“まぜそば”と聞くと油っぽい印象を受けると思いますが、そんなことはありません。油っぽい料理が苦手な私でも、ペロリと非常に美味しくいただくことができます。

麺屋いっちょうの台湾まぜそば

また、食べ方にも楽しみがあります。簡単に紹介すると……。

①そのままの状態でいただく
②“酢”を適量加えて、味変していただく
③残り汁にご飯をいれていただく
④再度、“酢”を適量加えて、味変していただく

ご飯を入れていただく(=追い飯)のは、炭水化物好きな私にとって……、最高。
最高。最高です。
語彙力がなくてすみません。笑

この追い飯制度は、ラーメンとご飯を1度に欲張って食べるということで、炭水化物×炭水化物になるのでカロリーが気になると思いますが、途中で“酢”を加えることにより、油っぽい感じがなくなり、サッパリした味わいになります。

“酢”でサッパリした味わいになるということは……。

カロリーゼロになります!
あれ?違いましたか?笑

冗談はさておき、店員さんが明るく優しく、味も絶品、食べ方でも楽しめる、3拍子揃った「麺屋いっちょう」東海店。私が評価するに……。

“太郎5つ!!” 

「5太郎」と認定いたします。

ぜひ、みなさんも1度召し上がってみてはいかがでしょうか。すぐに病みつきになりますよ!

店員さんも良い人ばかり

今回は私の休日の楽しみについて紹介しましたが、みなさんの楽しみはなんでしょうか。
これからもONとOFFを切り替えて、刺激ある有意義な1年にしていきましょう。

話は変わりますが、1月29日から2月3日にかけて熊本県で日本選手権が開催されます。2019年最初の大会なので、良いスタートを切れるように一生懸命練習しています。
前回大会の悔しさもぶつけて、粘りに粘って、力強く戦います。コート上でフェニックスが飛躍する姿をぜひ、会場で応援していただけると嬉しいです。

Fightする姿をみてください!

こんにちは。No.7の久保龍太郎です。

本格的な夏が始まり、汗っかきの私にとっては非常に過ごしにくい季節になってきました。みなさんはこの猛暑をいかがお過ごしでしょうか。私は、汗が止まらずTシャツが何枚あっても足りません……。

さて、今回の週刊フェニックスは、7月の誕生日会について書きたいと思います。

毎月開催している誕生日会も、2018年度は今回で4回目を迎えます。7月は久保(侑)選手、杉山選手、東江選手の3名が主役です。楽しい誕生日会は順調に進み、田中イベントリーダーの声かけで恒例のプレゼントタイムが始まりました。
代表的なものを紹介すると、
杉本選手→久保選手にお洒落なシャツ(写真でお見せできないのが残念です。)
友兼選手→杉山選手に打ち上げ花火セット(もっと打ち上がって下さいのメッセージ入り)
千々波選手→東江選手にPHILIPSの電動髭剃り(実用的でリアルに嬉しいやつ)
というように、誕生会では毎回個性あふれるプレゼントが主役に渡されます。

主役の3人

盛大に盛り上がったプレゼントタイムが終わり、時間が経つにつれて誕生日会という名目も忘れ、話題は自然と大好きなハンドボールの話に。
それぞれの思いをメンバー同士でぶつけ合い、熱くなる場面もありましたが、“チームっていいな”とホッコリ再認識できた熱い熱い誕生日会でした。みんなで1つの目標に向かって取り組み、困難があろうと声を掛け合い、乗り越えようとする姿勢や意識はここでしか学べない大切なものと改めて感じました。

熱い誕生日会でした。

話は変わりますが、最近、世間では上司と部下や、同僚の間で上手くコミュニケーションが取れないという話題を良く耳にします。人は、話してみないと何をどうしたいか、どのように思っているか分かりません。会社、部活動、私生活等の全てにおいて、積極的なコミュニケーションを自ら取れる人間になる必要があります。自分の思いを伝え、相手の考えを理解する。言葉では簡単に言えますが、難しいことです。どれだけの人が上手にコミュニケーションが取れているでしょうか。

少し堅い話をしましたが、ハンドボールにおいてもそうだと思います。
僕らは選手である限り、最高の結果を出すために日々取り組まなければなりません。その中で、どのようなチーム戦術があり、個人的な意図を持って、どのようにコートで表現するか。選手間で積極的なコミュニケーションを取らなければなりません。この誕生日会が、そのきっかけになればと強く思いました。

これからも積極的にコミュニケーションを取る場、表現する場として誕生日会を開催して、
より良いチーム作りをしていきたいと思います。

気合入れていきます!!

7月28日(土)から会社が夏休みに入りますので、次回の週刊フェニックスは8月7日(火)に更新予定です。

みなさん、こんにちは。No.7 久保龍太郎です。

最近は少しずつ暖かくなり、過ごしやすい季節となってきましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。寒いのが苦手な私にとっては待ちに待った春の訪れで、テンション高めの今日この頃です!

さてみなさん、春と聞いて1番に思い浮かべるイベントはなんでしょうか?
シンキングターイム。
・・・・・・
・・・
はい、花見ですよね!まだ桜は咲いていませんが、咲き始める時期は目前です。

ということで、今回はタイトルにある春の訪れの象徴である、花見について「龍太郎のちょこっと豆知識」を織り交ぜながら書きたいと思います!

まずはそのルーツについてです。
みなさんは、花見と言えば何の花を思い浮かべますか?おそらくほとんどの人が「桜」を思い浮かべると思います。しかし、花見と言えば「梅」という時代もあったようです。

時代はさかのぼり奈良時代。
奈良時代は花鑑賞と言えば梅の花が一般的だったようです。その証拠として、万葉集には桜関連の歌が40首に対して、梅関連の歌は120首と、その当時は梅が人気だったことが分かります。では、いつから梅から桜へと変化したのでしょうか。

花見に桜を見るようになったのは平安時代とのこと。
平安時代に作られた古今和歌集では、梅関連の歌が30首に対して、桜関連の歌が60首。ここで人気が逆転しています。

また、現代の宴会形式の花見は、あの豊臣秀吉から始まったと言われています!

調べてみて、少し知識が増えました。笑

次に、花見に欠かせないものについてです。
やはり何と言っても色とりどりの豪華な食事ですよね!私がイメージするものとしては、お寿司、お刺身、から揚げ、焼き鳥、卵焼き、フルーツ……。妄想が止まりません……。笑 考えただけでお腹の鳴りとよだれが止まりません。あー、食べたい。笑

去年は、私が勤務する知多工場で開催される「花見会」に参加することができましたが、花見会当日は天候に恵まれず体育館内での花見会となりました。外の景色が見られない場所でやったので、花見会ではなくお食事会ですね……。笑

会社の花見会です

今年こそは、満開の桜の下で色とりどりの豪華な食事をしながら、会社の皆さんと一緒に有意義な時間を過ごしたいと思います。

名古屋では桜の開花日が3月21日で、満開日が28日と発表されています。まさにグッドタイミング!!プレーオフが3月23日から25日に開催されますので、全力を出し切り悔いのない戦いをして、優勝で幕を下ろしたあとに、チームメイトみんなで盛大にハンドボール部花見会を開催したいです!

そのためにも、残りの期間を大切にして、最高の状態でプレーオフに挑みます。プレーオフでは、持ち前のチームワークで声を掛け合って3試合を戦い抜きます。是非、会場に足を運んで熱い応援をよろしくお願いします!

同級生と一緒に頑張ります!
順位表