杉山 拓也の記事が15件見つかりました

みなさん、こんにちは。No.2の杉山です。
徐々に普段の生活を取り戻しながら、「新しい生活様式」にも少しずつ順応してきているところではないでしょうか。しかし、まだまだ油断できない状態ではありますが「withコロナ」で共に生きていくという前提で自分を守りながら日々の生活を送っていきましょう!

ということで、今回は【自分の生い立ち】シリーズ第4弾「杉山編」を完全ノーカット版でお送りしたいと思います!!

 Here we gooooooo!!!

私は、杉山家の第3子で1991年7月3日にbirthしました。
小さい頃は毎日、祖父の畑に行き裸でカエルやザリガニを捕まえて遊んでいたそうです。
 

進撃の杉山

兄と姉の影響で、私も幼稚園の年長から習字を習い始めましたが、全く上達しませんでした。実はこの習字教室でNo.6加藤選手と出会っていたんです!
しかしこの時は、お互いのことは知らず、仲良くなったのは私が小3、加藤選手が小5の時で、母がやっていた「ママさんビーチボールバレー」がきっかけでした。あの時の加藤選手は……。
おっと、このままでは、加藤嵩士memoriesになってしまうので割愛します。

私が小2の時に、大同特殊鋼フェニックスOBの方が指導してくださる「東海ハンドボールスクール」というクラブチームが地元にでき、母が昔ハンドボールをやっていたこともあってハンドボールを始めました。
初日に緊張して、モジモジしながら目をパチクリさせていたことからコーチに「パチクリ」とニックネームを付けられ、それから28歳になった今もずっとチームメイトから「パチ」と呼ばれています!
濱野監督には、ハンドボールについては勿論のこと、礼儀や人として大切なことを教わりました。
一度だけ、嘘をついて練習を休み、中日ドラゴンズの試合を観に行ったことがありましたが、
しっかりバレました。(なぜバレたのかは今でも謎です……)
その時、「嘘はバレるんだなぁ」と小学生ながらに反省しました。(良い子は私みたいに、嘘ついて練習をさぼらないように!)
濱野監督は、とても厳しい方で、何度も辞めようと思いましたが、その勇気がありませんでした(笑)
しかし、そのおかげで今の私の土台ができたと思っています。

東海ハンドボールスクールの試合(黄色の2番)

中学でも部活とスクールの両方に所属していて、毎日ハンドボール漬けの日々でした。
部活では、県大会のベスト16で敗れてしまいましたが、JOCジュニアオリンピック大会では、愛知県代表として出場し、自分より上手い選手とハンドボールができて、とても楽しかった記憶があります。
愛知県代表の掛け声「イッーハー・イッーハー」が、なかなか上手く言えず、練習したのが懐かしい思い出です。
 
高校は、長崎県の瓊浦(けいほ)高校に進学しました。
学校が山の上にあり、登校するのに何百段という階段を登らないといけないので、とてもきつかったです。
末岡監督(大同特殊鋼フェニックスOB)のもと、選手一人ひとりの個性を生かした指導をしてもらいましたが、私たちの代は谷間世代で特長も弱く、ポンコツでした。
末岡監督には、たくさんご迷惑をかけただけでなく、たくさんの愛情を注いでもらいました。(瓊浦名物?ダッシュトレが懐かしいです)
 
大学は地元に戻って大同大学進学し、佐藤監督(大同特殊鋼フェニックスOB)の指導のもと、4年間練習に励み、社会人に必要なことや大切なことを多く学びました。
大同大学のハンドボール部には各学年に目標やモットーがあり、当時はなぜ必要なの?と思っていましたが、今ではとても大切なことを学べていたと実感しています。

大学生時代(前から2列目右から2番目)

そして現在は、小学生の頃からの夢だったフェニックスでプレーすることができ、切磋琢磨の日々を送っています。

以上が私の生い立ちになります!

6月1日から小グループごとの練習も始まり、徐々に強度を上げた練習をしています!
今後もみなさんに少しでも勇気と感動を与えられるように、努力していきますのでご声援のほどよろしくお願いします!
また会場でみなさんに会える日を楽しみにしています!

みなさん、こんにちは!No.2パチこと杉山です。

杉山選手の週刊フェニックスはまだか?と待ち望んでいたみなさん!
やっと私の番が回ってきましたよ!(え?別に待ってないって?)そんなことは置いておいて、今回も楽しんでください!

まず、みなさんにご報告があります。
私、杉山拓也は7月2日に父親となりました!!私の誕生日が7月3日で、1日違いなんです!

ということで、今回は我が子が誕生した時のことを書きたいと思います。

私は幸いなことに出産に立ち会うことができました。
出産に際し、夫としてできることといえば、妻に声をかけることだけで、自分の無力さに悔しさを感じましたが、精一杯妻に声をかけ続けました!

しかし、私が「力んだらダメだよー!」と声をかけても聞いてもらえず。
「腰のマッサージ、弱い、もっと!」、「水、汗、そこ違う!」
と妻と助産師さんから強めのトーンでアドバイスが……。
その気迫に怖気づきそうになりましたが、私も負けじとできることに尽力しました。

私「水のむ?」
妻「……。腰!」
私「はい!ごめん!」
助産師さん「よし、ちょっと水分とろうか。」
妻「はい。水っ!」
私「はいっ!」

必死になって妻に頑張れ!頑張れ!もう少しで会えるよ!と励まし続け、汗を拭き、うちわで首元を扇ぐと妻からグッジョブのポーズが!心の中で大きくガッツポーズしたのは言うまでもありません!

そして、ついに7月2日15:43に出産!母子ともに頑張ってくれたおかげで大安産でした!
今まで感じたことのない感覚、感情になり、手の震えが止まらないなか、母子を抱きしめずにはいられませんでした!
元気いっぱいの男の子を生んでくれて本当に感謝しかありません。ありがとう!

出産直後

母は強しとよくいいますが、本当にこの一言に尽きると思います。本当にありがとう。お疲れさまでした。

退院の日

そして、先日のリーグ戦に妻と息子が応援に来てくれて、そこで家族に捧げるゴールを決めることができました。日頃から私を支えてくれている家族のために、これからも試合で私の勇姿を見せ、恩返しができるように頑張っていきたいと思います!

次回は、息子の成長日記を書きたいと思いますので、乞うご期待!

そして、現在フェニックスは日本リーグで2位につけています。
プレーオフ優勝に向け、団結してチーム力を高めていきますので、今後も応援のほど、よろしくお願いします!

息子と一緒に!

みなさん、こんにちは!No.2杉山です!
毎週、週刊フェニックスをお読みいただきありがとうございます。

最近、ウエイトトレーニング後の筋肉痛が2日後に絶頂を迎えるようになり、「体の衰えを感じてきたね。」とNo.5石橋選手としみじみ話していますが、まだまだハツラツで頑張っていきますよ!

とうとう梅雨入りしちゃいましたね。雨が続きジメジメの季節が始まりました……
私にとっては嫌な季節ですが、植物等には恵みの季節なので良しとしましょうか笑

さて、みなさん!5月17日(金)に愛知県のケーブルテレビで放送された地域情報番組「ちたまるJOY」はご覧いただけましたか?

みなさんでパシャリ

ハンドボールやプライベートの話など、とても楽しく撮影をさせていただきました。
今回は、本番中の話ではなく、その裏側のお話を少ししたいと思います!
テレビ生出演ということで、私を含めみんな緊張気味に控え室で待機していました。

1人を除いて。笑

どんな話を振られるのだろう、何話せばいいだろうと、みんなで話していました。

1人を除いて。笑

そして、リハーサルが始まり、みんなあまり喋れない中、1人だけマシンガントークをする選手が……

そう、No.6加藤選手です!!

私たちがあまり上手く喋れない中、1人だけ抜群のトーク術で話を回す加藤選手。
MCでもないのに話を振ってくる加藤選手。笑
その結果、20分弱の放送で18分ぐらい時間が押し、しかも、内容は半分ぐらいしか進んでないという状況に……笑
これで本番は大丈夫か?と、心配していましたが、そこはやはり番組スタッフのみなさんはプロで、しっかり時間内に撮影を終えることができました!
加藤選手のおかげで、本番は緊張が解け、良い感じに喋ることができました!しかし、本当に加藤選手のトーク術は、「あっぱれ」でした。笑

話は変わりますが、先日、チームの誕生日会が開催されました!
いつもは毎月開催しているのですが、今回はタイミングが合わず、4・5・6月合同での開催だったので、ほぼ半分以上が主賓という誕生日会でした笑
藤江主将の乾杯挨拶からスタートし、ハンドボールの熱い話やプライベートの楽しい話など盛大に盛り上がり、とても有意義な時間を過ごしました!改めてみんなで集まって、コミュニケーションを取る大切さを感じました!

誕生日会

最後に、7月4日から国体愛知県予選が始まります。
ここ数年、国体に出場できていないので、今年こそは愛知県代表になり、国体で優勝できるように、チーム・個人共にレベルアップしていきます。今年度も変わらぬ応援のほどをよろしくお願いします。

応援お願いします!
順位表
レプリカユニフォーム販売中